<   2011年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

何でも練習しないと、本番は戦えない・・・

こんにちは、秋田です。

今日はしごくまっとうな、当たり前のお話です。

けど、けっこう忘れられていることかもしれませんので、敢えて書いてみます。

・・・・・

恋愛において、よく見るパターンの女性がおりまして、

・今まで一度もお付き合いしたことはないが、(30歳過ぎあたりになって)急に焦って恋愛を始めるものの、「(年齢のこともあるので)なるべくなら最初のお付き合いで、とてもgoodな男性と結婚したい」

という方がかなりおります。

さて、この場合はどうしたらよいでしょうか?

・・・・・

実は「秘策」はあります。

ただ、たいがいの女性は「それは嫌だ」といいます。

ですので、あまり成功しないパターンが多いです。私としては、ぜんぜん無理難題なことではないのですが・・・

逆にいうと、それをやれば、ある程度ご自分の理想は叶うかもしれません。

その方法は、そのうちお話させていただくかもしれません。

・・・・・

さて、それで先ほどの問いのような場合、ご自分で努力なさる場合は、

・まずは、世の中の法則としてかなり難しいことに挑戦している

ということは、覚悟しておいたほうがいいとは思います。

当たり前のことですが、恋愛だって、勉強だって、格闘技だって、

・練習しなければ、試合(試験)では(ほぼ)勝てない

ということですね。

なでしこジャパンが世界一になりましたが、彼女たちの練習はおそらく世界一だということです(それどころか体格のハンディを考えると、アメリカの2倍は努力しているかもしれません)。

・・・・・

やっぱり、それなりにいい男性とお付き合いするには、恋愛でも練習(お付き合いの経験)が必要です。

経験がなく最初から自分の最も理想の男性を射止めるのは、なかなかにたいへんですよね。

・・・・・

それで、もし経験がない方が、ご自分お一人でこの難事業を成功させたいならば、

・恋愛の本、心理の本をたくさん読んで、使えるようにし、知識で経験を補う
・(上手な恋愛をしている)経験者に詳しく話を聴く
・(宣伝ですが・笑)恋愛アドバイザーに従って活動する

ということだけ、ここではオススメしておきます。

・・・・・

それで、もしこのブログをお読みくださっている方が20代後半の方ならば、

・とにかく、一度は(嫌ならば体の関係は持たないようにしつつ)男性とお付き合いしてみて、男性に慣れておく

という練習をなるべく早くはじめていただきたいと思います。

やっぱりそういうことに慣れるのには、1年や2年はかかりますからね。

私だって、(今でも完全に理解はできないと思っていますが、ある種のタイプの女性はほぼ理解できますというレベルになるまで)けっこうな時間がかかっています。

・・・・・

・練習なくして本番なし

は、ある意味、さまざまなことに当てはまると思います。

参考にできる方は、参考になさって下さい。
[PR]
by akitabijin1 | 2011-07-22 10:52 | 恋愛

前回の続き

前回の続きです。

・・・・・

前回、近年女性が告白するケースが増えている、と書かせていただきましたが、

同時に、

・告白する側が、相手を幸せにしてあげるという強い意志があって、告白を受ける側が、それを理解して受け入れる

ケースが理想とも書かせていただきました。

ここに、少し難しいお話があると思いませんでした?

・・・・・

女性の方から告白する、ということは、男性のほうが女性に幸せにしてもらう・・・、女性が男性を幸せにしてあげる、ということを意味してしまいますよね?

ところが、女性は男性に幸せにしてもらいたい人が多いので、

「好きです、付き合って下さい。しかし、男性のあなたが女性の私を幸せにして下さい」

というような告白に、結果としてなるということになります。

しかし、男性からすると、「女性のあなたの方が、男性の僕を好きだと言って告白してきたのに、自分を幸せにしてというのはどういうことなの?」

となってしまい、結果としてその女性が男性から断わられたり、うやむやにされるような相談を多く受けます。

そういう受身の男性は、草食系であることがほとんどですが・・・

・・・・・

ちょっと話がヘタで申し訳ございませんが、

要するに、

・女性は男性から求められる(告白される)ように持っていくことが今の時代でも良い(という傾向がまだ広く見られる)→これが一番の理想

・次善の策として、女性から男性に告白する(男性を求める)場合は、「告白はしましたが、女性の私を男性のあなたが幸せにして下さい」というニュアンスは通じない。女性のほうが男性を幸せにしてあげる覚悟が必要

ということです。

・・・・・

それで、いずれにしても、ここまで男女同権みたいな時代が進むと(これは私の見立てではやはり女性が主張して、自分たちで得た権利だと思いますので、女性にその責任があります)、

女性も男性と同じように、「男性の面倒を見てあげる」ぐらいの対等の根性が必要だと思うということです。

加えて、まわりを観察しても、女性主導の恋愛を見る場合は、女性にそういった根性がある場合が多い、ということです。

・・・・・

男性にせよ、女性にせよ、自分が好きな相手の人生の面倒を見てあげるのだ、ぐらいの根性は必要になってきているような時代であろう、と思います。
[PR]
by akitabijin1 | 2011-07-15 10:51 | 恋愛

自信をつけると恋愛も10倍速い・・・

こんにちは、秋田です。

本日は、自信のお話です。

このブログでも何度も書かせていただいている内容です。すみません。

・・・・・

恋愛において「告白する」という行為は、もっとも勝負の場面だと思うのですが、

近年、男子でそれができなくなり、女子が一生懸命やっている状態です。

それで、女子は、いい男を見る目がある程度はありますので、数少ないいい男をめぐって、競争していたりします。

いまは結婚相談所でも、女子の登録の方が多いそうですよ。

・・・・・

私のような仕事で、長年いろいろ観察しておりますと、その「告白する」ことには法則みたいなものがあるようで、

・告白する側が、相手を幸せにしてあげるという強い意志があって、告白を受ける側が、それを理解して受け入れる

と、もっともうまくいくということが、言えるようです。

ですから、昔から告白するのは男子が望ましいわけです。男子が女子に告白して、(実際はどうであれ?)すべてを面倒見てあげる・・・というスタイルが、現在でも望ましいのですね。

それは、恋愛にゴール(結婚)して、その後、夫婦で子供をつくるという行為に進まれた方は、おおむねそういった傾向があることを見てもわかります。

まわりでそのお子さんが保育園か幼稚園に行っていらっしゃる夫婦をご覧下さいまし。

帰納的な証明なのでもちろん100%とは言えませんが、おおむねそのように見えることだと思います。

・・・・・

さて、それでなぜ「告白」ができないのか?

という話に移らせていただこうと思います。

それは、いろいろな理由があるとは思いますが、結局は告白する方に自信がないからだというのが、大きな理由だと思います。

・・・・・

もうずいぶん昔の話になりますけど、私もけっこうな数の女性に告白しましたが、

ひとつは、「ダメ元で、ちょっと恥ずかしいだけだから、振られても気にしない」という「恥知らずなメンタリティ」だった理由があります。これは認めます。ごめんなさい・・・

ただ、「私とお付き合いしていただければ、私も幸せになれるでしょうが、それ以上にあなたが幸せになるはずです」という想い(自信)があったことも確かです。

・・・・・

それは、なかなか相手に通じないことも多いのですが(笑)、やっぱり努力はしていたと思うんですよ。

もともとの顔は変えられないからしょうがないにしても、

・茶髪にしてみるとか、カラーのシャツを来てみるとか、筋トレしてみるとか(容姿)
・少なくとも勘のよい受け答えをするようにするとか、なるべく女性には常日頃親切にするとか(コミュニケーション)
・デートで楽しい場所を探すとか(勉強)
・仕事をちゃんとやるとか(将来の安定?)

いろいろやれることはありました。

それで、その当時の自分がやれることをすべてやった上で告白すれば、失敗してもしょうがない・・・で済むわけです。

まあ済まないことも多いのですが(笑)、そのルサンチマンを糧に、また足りない部分を磨くとか、できますしね。

・・・・・

まとめますと、ちょっと厳しいかもしれませんが、相手を幸せにする自信がないと、自分から告白はできないです。

告白できる男子が減ったというのは、自信のない男子が増えたということだと思います。

それで、上の私がやったような努力は誰でもできますが、それでもやらずに自信がないというのは、やはり教育も大きいのかもしれません。

それで、確かに親とか学校の教育は悪かったと思いますが、仮に30歳でも自信が持てないというのであれば、やはり学校を出て7年か8年かは経っているわけですから、

もはや自分のせいだと思います。ここは認めるしかありません。

一生懸命生きてこられたとは思いますが、たまたま気づかなかったということもあります。

・・・・・

で、で、続きがあって、「だから自分がやっぱり悪いのね、トホホ」と自分を責めてももはやしょうがないので、いま気づいたのですから始めるしかないと思います。

他の人に自分の弱いところを聞くとかして、悔しくても、面倒でも、今よりもいい自分になって、せめてたった一人の異性を幸せにするために、自分に自信が持てるまで自分を磨くしかない・・・ということです。

「自信」の本は、腐るほど出ています。

またインターネットでも、そういうサイトを簡単に探せると思います。

あとはやる気があるだけです。強い気持ちを持ってがんばりましょう。

もうパパやママや学校の先生たちはいないのです。自分で覚悟を決めてやるしかないです。

速く覚悟を決めた人が速く幸せになります(その差は10倍!)。

参考にされる方は、参考になさって下さい。
[PR]
by akitabijin1 | 2011-07-14 23:51 | 恋愛

前回の内容の補足

すみません、前回の内容を別の角度から言い直しさせていただきますと、

・あなたが人生でつらく思うことに関しては、「プラス思考でないからつらく思う」場合と、「物理的にどうにもならない環境でつらく思う」場合がある。

・その「物理的にどうにもならない環境でつらく思う」ことは、絶対に改善しないといけない。その物理的につらい環境までプラス思考で解決しようとすると、当然、(物理的な環境が改善しないために)解決できないので、つらいままになる。

・その物理的につらい環境にいるにもかかわらず、そこで楽しい気分になれない自分を、「プラス思考が足りないからだ」と言って責めると、自分がとてもかわいそうになる。

・よって、「プラス思考で解決できる」部分と、「プラス思考で解決できない(環境など)」部分を分けてみて、自分の不満や不幸を考えてみるとよい。

・「プラス思考で解決できない(環境など)」部分は、「精神面(頭脳・情報処理能力など)」「金銭面(お仕事など)」「肉体面(格闘技など)」で思いっきり努力してしまった方が、結局は解決が早い。

ということでございました。すみません、わかりにくくて・・・

(余談)

それで、「プラス思考」と「精神面」「金銭面」「肉体面」を、(まだまだ未完成ながら、人並み以上に鍛えるように努力して、それなりの水準に達したと自分で思っている)私は、

毎日、楽しく生きている。

それで、私は自分を本当の意味でのプラス思考の人だと思っているし、実際に、毎日楽しいという結果が出ている。

ということでございます!
[PR]
by akitabijin1 | 2011-07-12 11:42 | 人生

結果の出ないプラス思考はニセモノ?

こんにちは、秋田です。

今日は、私がお得意のプラス思考のお話です。

・・・・・

プラス思考の本は、世の中にさまざま売っていますよね?

それでお読みになられた方も多いと思います。

しかしながら、どうでしょうか?

身の回りを見渡すと、それでもマイナス思考の方って多いですよね?

なぜプラス思考の本を読んでいても、なかなか幸せにならない人が多いのでしょうか?

・・・・・

少し話が飛びますが、私がプラス思考を志して、もう12年か15年ぐらいになるかと思います。

それで、その経験から申し上げますと、

・プラス思考になれば、確かにいつでも人生楽しく生きられる

ということが言えます。

もちろん、一時的に嫌な気分になることはありますよ。

ときどき、電車のなかで変な目で睨まれたりとか性格の悪い人と会ったりもしますし、いろいろと揉め事に巻き込まれたりもしますからね。

でも、ちょっと不快な気分になるのは、まあ長くて2日、短ければ数分。これが年に数回あるぐらい。

自分では真のプラス思考になっていると思われる基準はこれぐらいです。

・・・・・

ですから、プラス思考を実践していても、話すと愚痴が多かったり、意外にいつも表情が暗かったり、何かとうまくいかないような不満がある人は、ホンモノのプラス思考ではない・・・と言えます。

・・・・・

それで、プラス思考は前から書いておりますが、誰でもなれます。

今から「幸せだなあ」と思い込めば、もうプラス思考です。

簡単ですよね?

・・・・・

ただ、長い目で見て、こう思い込むだけでは乗り切れない部分もあります。これが今回のお話のミソです。

たとえプラス思考になったとしても、失業したら笑っていられない部分もありますし、試験に落ちれば辛い気持ちになってしまうようなところもあります。国が戦争をしていたり、放射線をまき散らしたりしていては、いくらプラス思考でも、どうにもならない場合があります。

ですから、そこらへんで我々は弱いので、すぐにプラス思考から離れてしまうのです。

・・・・・

私の経験からすると、やはり頭脳を鍛えること、お仕事をきちんとし、できたら雇用されないで、自分で自分のお給料を決められるところの基盤をつくった上での「プラス思考」こそが、最も強いプラス思考だと言えると思います。

世の中、情報によって、小さいところでは隣のスーパーの割引セールから、有名大学の試験の穴場情報とか、有利なお仕事探しとか、上司の説得など、

要するに「頭脳」によって自分の問題の多くが解決されます(これは「意思決定」と言われます)。

また、お金があると、世の中のかなりの問題が解決すると思います。稼ぐ力はとても大切だと思います。

・・・・・

これに足して、肉体的に強いともっと問題は少なくなるでしょうか。極端な話ですが、駅で因縁を吹っかけられたら、習った空手でその相手をぶっ飛ばせば済むのです。

・・・・・

要するに、プラス思考は、もちろんいつでもプラスに考える思考を指しますが、

やせ我慢の思考ではないのです。気持ちだけではどうにもならない部分もあるということです(主に自分の肉体などの物質に関する部分)。

ですから、その自分のモノ的な面などに関わる部分ではある程度の努力をして自分を高めていけば、逆にプラス思考で考えないと生きていけないような辛いことが少なくなってきます。

ということです。

・・・・・

ちょっと過激な発言をしてしまいましたが、

・結果の出ないプラス思考はニセモノである

ということで、その原因には、

思考だけじゃあどうにもならない部分を、精神面(頭脳・情報処理など)、金銭面(お仕事など)、肉体面(格闘技など)でフォローしていく必要がある・・・

というお話でございました。

参考になさる方は、参考になさって下さい。


追記 

なんでもプラスに考えればいいということで、いろいろ極端なことをプラス思考で解決させようという宗教もありますが、私は納得できません。

たとえば、学校でぶっ飛ばされている子どもを持つ親が、プラス思考と称してそのぶっ飛ばされている子に、「生きているだけで幸せなんだから、たとえ殴られても楽しい気持ちで学校に行きなさい」と言うとします。

これはきついです。

気持ちは「生きているだけで幸せ」と言っても、その子が実際に学校でぶっ飛ばされれば痛いですし、みんなの前でされれば恥もかきます。

このような状況で悩んでいるその子を前に「おい、お前、プラス思考だよ。ちゃんとプラス思考になるんだよ」と指導する親がいたら、ホント恐ろしいです。

プラス思考は、確かにすごいインパクトがありますが、前述したようにやせ我慢の理論ではありません。

物理的に解決できる部分(いじめっ子と話し合うとか、逆にその子に技を教えていじめっ子をぶっ飛ばすようにさせるとか、先生にいじめを止めるようにお願いするとか)やれるところがたくさんあります。

逆説的ですが、「プラス思考だけで何とかなるもんじゃない」と考えてみると、逆に「プラス思考が活きる」のです。
[PR]
by akitabijin1 | 2011-07-11 11:35 | 人生

ご本のご紹介(『ツキを超える成功力』)

こんにちは、秋田です。

本日は、ご本のご紹介です。

・・・・・

私は読書フリークでして、1年間におよそ200冊~250冊ぐらいは単行本を読みます。

すべてを書かせていただいているわけではございませんが、Twitterにはよく簡単な感想をつぶやいておりますが・・・

http://twitter.com/shunsukeakita

・・・・・

それで、多くは1回読めば十分な本なのですが、

この本だけは、毎日カバンのなかに入れて、折に触れて読んでいます。

西田文郎『ツキを超える成功力 あなたが今よりもっと稼げて、もっと大きくなれる理由』現代書林

この方の本は、すべて読みました。

最初のころは、「幸せなことをしていると」「プラス思考だと」成功できる。というような本でしたが(『No.1理論』)、

やはり長い指導者経験で、多くの成功者を見てきた結果、指導内容がよりシャープになられたのだと思います。

この本は、お金の成功に絞って書かれています。文庫版はこちらです。

No.1理論【お金儲け篇】 (知的生きかた文庫)

・・・・・

私にとっては、衝撃的な本です。

「お金が稼げない人は、間違いなく自分の仕事をなめている人」から始まり、「大きく稼ぐには強欲が必要」みたいなところまで行って、「もう稼ぐのは十分で、分かち合いたい人」になるまでの流れが書かれています。

・・・・・

私は、いろいろな成功本を読んだり、数々の成功本ブームを見てきましたし、自分で数々の試験をしたり、厳しい授業をするような学校に行ったり、英語をマスターしたりした経験、私のまわりの人たちで成功している人と失敗している人を見てみた感じでは、

この本の内容は、おおむね合っているように思いました。

・・・・・

うーむ。非常に厳しい本です。

自分を振り返ってみれば、いまのままで成功できるかどうか、わかってしまう。

つらい本です。

いまのままではおそらく大きく成功できないだろうと、自分に突きつけられた瞬間、

「やる? or やめる?」

の二者択一を迫られました。

で、「やる」ことに決めたわけです。

・・・・・

多くの人は目標や理想像を描けないで生きていることも確かなので、羅針盤として参考になさりたい人はよろしいかと思います。

参考になさりたい方は、参考になさって下さい。
[PR]
by akitabijin1 | 2011-07-08 09:58 | 人生

とにかく実力をつけましょう!

こんにちは、秋田です。

今日は、読む人が読むとしんどい内容かもしれませんが、私がいつも考え、「だからこそ燃える!」と思っている内容です。

・・・・・

福島の原発問題が、ここ数ヶ月でございましたね?

現在も引き続いている訳ですが、はっきり言って「とんでもない」ことをしてくれた・・・

というのが、世界の論調です(英語のニュースを読むとわかります)。

・・・・・

で、自然災害なのだから仕方がない・・・という部分ももちろんありますが、

その自然災害以前に、

・T電力は、きちんとした対策をしてこなかった(福島県知事も対策を何度も要請していた)
・爆発時に、T電力も政府も、いろいろと嘘をついてごまかした
・G・A保安院もきちんと検査をしていなかった
・T大やTIT大などの原子力学科の先生たちも多額のお金をもらっていて、いまも嘘をついている
・マスコミは、電力会社から広告料をいっぱいもらっているので、悪い報道をしない

というようなことがあって、要するに、

・昔のように信頼できる日本人ばかりではなくなった

ということが露呈したのだといえます。悲しいことですが、これは本当のことだと思います。

・・・・・

私は、これをどうこう言っても仕方がない部分もあると思うし、私自身はあんまり社会正義の人でもないので、

やはり自衛することが一番だと思っています。

いろいろな情報はインターネットに転がっていますし、インターネットを使えば、従来よりは起業もできやすいので、

やはり仕事を自分でやり、お金もきちんと貯めておいて、いざというときに備えることが必要だと考えています。

疑いたくはないでしょうが、自分の会社も自分の知らないところで悪いことをしていて、ある日突然それがバレて、ハイ倒産!ということにもなりかねないのですね。

恐ろしいです。

・・・・・

さて、上では悪いことばかり述べてしまいましたが、現状を分析するとおおよそこうなるので、さてここからがプラス思考です。

「このような状況の中でも、自分が輝ける方法はないか?」

と自分に問うてみて下さい。いろいろなことが浮かぶと思いますが、

「とにかく実力をつけることが大切だ」

と気づかれるでしょう。

「実力」とは、頭脳もそうでしょうし、お金、心の強さ、肉体的な強さ、など、

・自分以外のものに自分の人生を左右されない力

と考えてみるといいと思います。

・・・・・

結局、誰かに頼ろうとすると、それが頼りにならなかったときに割を食うのは自分だということだと思います。

政府・大学・会社・隣人の倫理観が落ちて、いまは頼るべき人があまりいない時代となりました。

ということで、いざというときに辛い目に遭わないように、いまこそ自分を磨きたいものですね。私も、急ピッチで対策を練っています。

ある種のサバイバル時代、強い精神で生き抜きたいものです。

参考にできる方は、参考になさって下さいね。
[PR]
by akitabijin1 | 2011-07-06 22:20 | 人生

恋愛が少し復活したここ4ヶ月

こんにちは、秋田です。

久々のブログになります。ご無沙汰しております。

前回の更新が3月10日でしたので、ほぼ4ヶ月お休みさせていただきました(翌日、大地震が起こった訳です)。

・・・・・

皆さま、東日本大震災に関しては、いかがでございましたか?

被害に遭われた方も、そうでなかった方も、天災ですので、ある意味仕方がないところがあります。

誰を恨むわけにもいかないので、やはり自分を頼りに乗り切っていくしかないと思います。

お互いに、頑張りましょう。

・・・・・

いろいろ厳しいことが起こったこの4ヶ月でして、私も原発問題などに関しましては、相当腹が立って、Twitterなどにはかなり厳しいことを書かせていただいたりしましたが(いま思うと少し恥ずかしいところがあります)、

それはそれで悔しい出来事としても、ここ最近は、その出来事のおかげで、恋愛や結婚をなさりたい方が増えているようです。

私的には、この点は良いと思います。

やはり生死に関わる問題が起こると、本能というのでしょうかね、やっぱり愛する人が欲しくなりますし、子供も欲しいという人が増えるのはわかります。

結婚して2児の父親である私ですから申し上げさせていただきますが、要するに「見えない絆」が欲しいということだと思います。

「見えない絆」を得られることが、恋愛や結婚では非常に大きいですし、ちょっと陳腐な表現ですが、

「愛こそが危機を乗り越える!」

ということだと思います。

・・・・・

それで、いやらしい文章で申し訳ないですが、恋愛したい男女が増えているということは、3.11前の草食系(恋愛などに興味をもたないで漫然と生きている人たち)も少しは減っているのだと考えられます。

本気で活動する男女が増えれば、それだけ恋愛や結婚の確率も高まることでしょう。

ちょっとアレですが、この機会を逆にチャンスと捉えて頑張ってみるとよろしいかと思います。

参考にできる方は、参考になさって下さい。
[PR]
by akitabijin1 | 2011-07-01 16:15 | 恋愛


つぐみ恋愛相談所の恋愛コンサルタントが日々の中で気づいたことを綴った日記です。


by akitabijin1

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
恋愛
人生
こころの健康
出産・育児
できごと
Twitterつぶやき集
告知
自己紹介

以前の記事

2012年 12月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 02月
2005年 06月
2005年 05月

フォロー中のブログ

野性の勘で恋せよ乙女!

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧