<   2011年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

「人生は「自分のしたいこと」を探す旅」のあとがき

秋田です。おはようございます。

すみません、前回、前々回に続いて、あとがきです。

・・・・・

昨日でしょうか、私の田舎のゴルフ場が民事再生法を適用しまして、まあ、悪い言葉でいえば、倒産するような感じなのですが、

このように現在の日本は、お仕事に対しても不確実性が高くなっています。

要するに、たとえ一流企業でもいつ潰れるかわからないということです。

・・・・・

私が新卒で入社したのは1998年なのですが、そのときに就職活動をした会社で、しかも一番いいと田舎でいわれていた会社も、

倒産しましたし、同様にやはり田舎でもっともお給料が高いといわれていた会社も、ここ数年でかなり賃下げをしたそうです。

また、私が以前勤めていた病院も、当時はボーナスが6.5カ月分も出ていて、新卒なのに後期の額面では70万円ぐらいもらって私も人生をなめたことがありますが(笑)、

いまは年3.5カ月分ぐらいになってしまったようですよ。業績も赤字らしいです。

私が勤めていたベンチャー企業(ここの代表取締役をやったんですが)も実質的に潰れてしまいました。

まあ、私の見る目がなかったというのも正直なことですが、大手航空会社とか、ベンチャーの雄といわれる会社もバンバン潰れていますから、

やはり「時代」ということもいえると思います。

・・・・・

それで、こういう時代には、他を分析したりする意味がないともいえます。

(正確には分析することにも意味はありますが、絶対的なよりどころになりません)

ですから、むしろ自分の内面に着目して好きなことをやり、本当に好きなことなら必ず向上してそのうちに一番になりますから、

そこで絶対的な地位を得て、稼ぐ。

というやり方で、生きていくのが一番なのだと思います。

ですから、ここで「自分のしたいこと」が出てくるのです。

・・・・・

安定していると思われることが不安定であり、不安定と思われることが安定しているということが、この時代には起こっています。

よって、潰れそうにないとか、みんながいいと言っているとか、入るのに難易度が高いとか、お給料が高いとか、そういったことではなくて、

「自分がしたいこと」でかつ「食べれるぐらいの仕事」をすることが一番なのだと思います。

・・・・・

まあ、上の話は仕事ということで話してしまいましたが、恋愛でも同じです。

簡単に離婚できる時代なので、結婚するだけでは意味がないです。

むしろ「籍を入れなくても彼と暮らしたい」ぐらいの人を探すのが一番だと思いますけどね。

「みんながしているから」「適齢期(?)だから」「見得で」みたいなことは止めた方がいいと思います。

・・・・・

なんかしつこくなってしまったので、もうこの話は止めさせていただきますが、

要するに、不確実性が高い世の中では、論理的・統計的分析や他人の意見があまり当てにならないので、自分の内面に従ってしたいことを見つけ、それを実行し、

自然にそのしたいことで一番になって、そのスキルで食っていく。

これが一番だということです。

で、これは仕事のみならず恋愛でも同じで、人生、突然何が起こるかわからないので、

いましたいことを一生懸命やることが、もっとも後悔が少ない。

ということを伝えたかったのです。

少なくとも私はそういう気持ちで生きているので、後悔は少ないです。

私の後悔は「やらなかった後悔」ではなくて、「もう少し上手にやればきちんとできたのに後悔」というもので、同じ後悔でも少し進んだものです。

・・・・・

長くなりましたが、ここまでお読みいただき、ありがとうございました。次回は、ネタが見つかりましたので、恋愛のお話をさせていただきます!

お役に立てたら幸いです。
[PR]
by akitabijin1 | 2011-01-26 10:08 | 人生

前回の追記

こんにちは、秋田です。前回の追記です。

「英雄色を好む」という言葉がありますよね。

これについては、「複数の女性を関係するのはどうなの?」という意見と、「いっぱい女性を抱えてうらやましいっす」という意見があるかと思いますが、

私の前回の理屈でいえば、

その男性は、たんに「自分のしたいこと」をしただけなのだと言えます。

良きにつけ、悪しきにつけ、「自分のしたいこと」をするパワーが、その男性を仕事で成功させたり、彼の人生を思い通りにする原動力となります。

本人も、良い悪いは、あんまり気にしない人が多いんじゃないでしょうか。

ですから、これはこれでいいのです。

・・・・・

ただ、余談ですが、この場合は、女性のほうが考えることがあるんじゃないかと思います。

女性の中には、

・しょぼい男性とお付き合いするぐらいなら、事実上の愛人になってもいい

という方もおります。

逆に、

・複数の妻の一人になるぐらいなら、独身でいるか多少しょぼくても誠実な男性ならいい

という方もいます。

ですので、こういうことに関しては、女性次第ということだと思います。

・・・・・

それで、ホント余談ですが、ある男性が複数の女性を確保したとして、すごいとか悪いとかいうこともないのだと思います。

私的には、2号さんの地位を甘んじる女性というのは、あんまりいい気分がしませんが(ウチの相談所のガイドラインに沿わない)、当人同士のことなので、どうでもいいことです。

とりかくまあ、「自分の好きなこと」をすればいいのだと思います。自分を高めるような原動力になれば、それはいいことなのだと思います。

このようになかなか「自分のしたいこと」を評価するのは難しいので、自分の判断を信じて進んでいけばいいのだと思います。それで輝けるなら、それもいいことだと思います。

毎日、輝いて生きたいですね! 追記でした。
[PR]
by akitabijin1 | 2011-01-22 16:56 | 人生

人生は「自分のしたいこと」を探す旅

こんにちは、秋田です。

本日は、「自分のしたいこと」についてのお話です。

・・・・・

私は、いままで多くの人生を見てきましたが、そのなかで私がいつも不思議に思っていたのは、

「輝いている(ように見える)人と、そうでない人の違いは何か?」

ということでした。

・・・・・

それで、いろいろ観察した結果、どうやらその違いは「自分のしたいこと」を持っているか否かが大きいようです。

統計を取ったわけではないので、そこらへんの説得力は多少弱いかもしれませんが、

まわりを見渡してみると、「自分のしたいこと」を持っている人のほうが、生き生きしていることに気づかれるでしょう。

・・・・・

さて、「自分のしたいこと」について少し掘り下げて考えてみます。

「自分のしたいこと」は、よくよく考えると、良い「自分のしたいこと」と、悪い「自分のしたいこと」があるとわかるでしょう。

良い「自分のしたいこと」は、夢、目標、大志、志、理想、善、意志etc.と呼ばれますよね。

逆に悪い「自分のしたいこと」は、悪意、欲、強欲、たくらみ、くわだてetc.と呼ばれたりします。

いずれにしても、良い「自分のしたいこと」にせよ、悪い「自分のしたいこと」にせよ、とにかく「自分のしたいこと」に熱意を持って取り組んだ人こそ、

良かれ悪しかれ、歴史に名を残していることがわかると思います。

まあそこまで行かなくても、割合に生き生きして暮らしている人が多いのです。

・・・・・

ここで、織田信長という、戦国時代の武将のお話を持ち出してみますが、

彼は、鉄砲を導入して日本の戦争を近代化したり、楽市楽座といって経済を活性化したり、キリスト教を取り入れるなど、非常に柔軟性が高い指導者であるという評価があります。

一方で、亡くなったお父さんのお葬式で位牌に灰を投げつけるとか、比叡山のお坊さんをたくさん殺したりとか、徳川家康さんの長男を難癖つけて殺させたりとか、そういうこともしてきました。

要するに彼は、「自分のしたいこと」をしただけなのだと思いますが、

1番目にに書いたようなことは、良い「自分のしたいこと」であり、2番目に書いたようなことは、悪い「自分のしたいこと」だと、

なんと第三者(我々)が勝手に評価しているのですね。

・・・・・

要するに、良い「自分のしたいこと」と悪い「自分のしたいこと」は、ある意味、紙一重ということです。

同じような例は、ベンチャーの旗手であるH氏の評価もそうですね。球団を買収したり、自社の株を極端に分割したり、テレビ局を買おうとしたりしましたが、

おそらくは「自分のしたいこと」をしただけで、それが有罪であるかとか、嫌いとかいうのは、第三者が勝手に評価しただけです。

・・・・・

もちろん明らかに悪いことはしてはいけないと思いますが、要するに私が申し上げたいことは、

とにかく「自分がしたいこと」をすることが、人生にとってとても大切だ。

ということですね。

我々は、この「自分がしたいこと」を探す旅人だといっても過言ではないと思います。

そして、それが良いものであるならば、「使命がある」とかいわれて、素晴らしいものだと賞賛されるわけですね。

どうせなら、そういうことをしたほうがいいような気もしますが、まあいいんですね。自分がよければ・・・

・・・・・

ということで、今年もまだ1月なので、そういった「自分のしたいこと」を考えるといいと思います。

本当にそれがないと、毎日がつまらないような感じが出ますから、何でもいいので考え出すといいと思います。

草食系だの、ニートだの何だのと、現在いろいろ話題になっていますが、要するに「自分のしたいこと」を持たない人が、さまざまな批判を受けているだけなのだと思います。

「自分のしたいこと」を最優先に考えてみるといいと思います。

私も最近はけっこう満たされていますが、いろいろ探したいと思います。お互いにがんばりましょ!
[PR]
by akitabijin1 | 2011-01-21 12:11 | 人生

あけましておめでとうございます&目標を持とう!

こんにちは、秋田です。

ご無沙汰いたしております。ここ最近は、手軽にできるツイッターをメインにしてしまって、かつ、恋愛や能力開発の内容も書きつくした感があり、少しお休みしてしまいました。

http://twitter.com/shunsukeakita

遅れましたが、本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

・・・・・

今年も新年ということで、目標を持つことをおススメしたいと思います。

やはり人間、毎日少しでも進歩ですから、目標を持ち、日々それに向かって生きたいものです。

毎年このブログにも書かせていただいているのですが、まずは手帳を買ってきて、したいことを挙げてみます。

それで、なるべく早くやりたいことを優先して順番をつけて、それに向かって毎日どうしたら達成できるかを考え、行動に移す。

そうすると5年後ぐらいには、真に自分の理想とする姿に近づいてきます。

・・・・・

それで、恋愛が一番の人は、やはりわき目も振らずに恋愛の活動(恋活でも婚活でもいいと思います)に注力することです。

また、恋愛にどうしても興味が湧かない人は、ムリにしなくてもいいと思いますので、好きなことをしましょう。恋愛では、もちろん成果は上がらないと思いますが、それはそれでいいのです。

とにかく好きなこと、やりたいことを探して、ひたすらやることが大切です。

・・・・・

私の場合は、昨年は新しい仕事を1つ加えまして、それが本来やりたかったことでしたので、また理想の自分に近づいたといえます。

英語も書くことに関しては、一部の表現の間違いなどはたまにあるものの、ほぼ書けるようになりました(これはこのブログでも数年前に私の目標として挙げていたものです。やればできることを私がここで証明いたしました)。

昨年はきちんとした外国の大学のレポートの授業を取りましたが、内容に関しての注意はもらったものの、文法的な間違いはまったく指摘されなかったレポートもいくつかありました。

小さなことですと、『カラマーゾフの兄弟』を読破したこともありますし、いまは『坂の上の雲』を読んでいて、これも目標の1つでした。

ぜんぶ達成です。手帳に書いて、日々達成しようと努めたからです。

当然の結果です。何の奇跡もありません。書いたことをやって、そのまま終わっただけなのです。

・・・・・

今年は少し趣向を変えて、やはり仕事で成果を出したいですね。仕事になると細かいお話なので、ここでは触れられないと思いますが、

昨年よりもいいパフォーマンスが出せるよう、日々励みたいと思います。

手帳にも書いてあります。

・・・・・

いま日本経済は厳しく、今後30年ぐらいは、スペインとかポルトガルみたいな感じで沈んでいくと思います。

ただ、国は沈んでも、個人は沈まないということもあると思いますので、自分にできることを淡々とこなしていくだけです。

そしてその一見つまらないような日々の繰り返しをきちんと歩んでいくことによって、とても大きな足跡が残せるはずです。秋山好古(『坂の上の雲』)も、そのようなことを述べています。

先ほどの私の英語でいえば、2年前に私がきちんとした文章を書くことは、夢にも思わなかったです。

が、できるのです!

・・・・・

元気があれば、何でもできる!

"If we have spirit, we can do anything!" This is my motto.

では、今年も元気にがんばりましょう!

(何でもいいので、本当にやりたいことを書いて下さいね。ちなみに橘つぐみも手帳にたくさん書き込みしていて、それに向かってがんばっているようです。けっこうな成果も出ているんじゃないかな?)
[PR]
by akitabijin1 | 2011-01-07 12:01 | 人生


つぐみ恋愛相談所の恋愛コンサルタントが日々の中で気づいたことを綴った日記です。


by akitabijin1

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
恋愛
人生
こころの健康
出産・育児
できごと
Twitterつぶやき集
告知
自己紹介

以前の記事

2012年 12月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 02月
2005年 06月
2005年 05月

フォロー中のブログ

野性の勘で恋せよ乙女!

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧