<   2010年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

批判をせずに、改善せよ!

こんばんは、秋田です。ちょっと深夜ですね(笑)。

本日は「批判をせずに、改善せよ!」というお話です。

・・・・・

私は現在、国内留学ということで、某外国の大学の日本校に通っているのですが、やはり外国の大学ということで、いろいろ学ぶことがあります。

今日は授業日でして、そこで衝撃を受けたので、深夜ですが書かせていただくことにしました。

・・・・・

この授業は、まあアメリカ人の先生が行うのですが、ある題材(文章)が与えられて生徒どうしで議論といいますか、意見をいい合います。

その際、とてもおもしろいと思ったのは、その先生がこういったことです。

「お互いに批判をせずに、改善し合って下さい」

ということです。これ、とてもいい言葉ですよ。

・・・・・

私は、昔、日本の大学院も出たのですが、そこではこういう指導ではなかったですね。

チームどうしでビジネスモデルを発表し合ったりしたのですが、いつも相手にダメだしするばかりで、とても険悪な感じだった記憶があります。

実は、入学時はけっこう人がよい感じの人が多かったのですが、とある教授がそういうことをけしかけるようにしたのですね。

そのコースで一番尊敬されている先生がそういう方針だったので、いつの間にかそういう考えに染まってしまう人が多かったわけです。

ですから、全体的には仲が悪かったのです。

優秀な人たちなのかどうかはかなり疑問ですが、とにかく批判ばかり上手でした。まあ、これが日本の大学(院)教育の限界なのかな?とか思ったりしていました。

・・・・・

が、このアメリカ人の先生の授業では、これが外国の先生の教え方のスタンダードなのか、この先生が立派な方だからかどうかはわかりませんが(私的には、とても立派な方だと思います)、

「批判はしないで、なるべく相手がよくなるような意見をいいなさい。その方がただ批判するよりももっとたいへんなのですよ。そしてたいへんですが、とても親切なことなのです」

という教えなのです。

ですので、議論も、意見をいう人が「あなたの意見はストレートすぎるが、ここで「たいへん申し訳ないですが」とか、「こんなことを言って失礼かと思いますが」みたいな言葉を加えるとgoodですね」みたいな感じで、実質的には批判されているはずの人も、批判したはずの相手に感謝するのですね。

「私が見えない点を指摘してくれただけでなく、よくなる方法も教えてくれてありがとう!」というわけです。

・・・・・

私も本日改めて反省しましたが、相手をただ批判するのではなく、建設的な改善策まで考えて発言することで、お互いが不快な気分にならず、逆に盛り上がるんですね。

ちょっと夜なのでもうお休みさせていただきますが、書かせていただきました。

「批判をせずに、改善せよ!」

お互いに肝に銘じましょう。
[PR]
by akitabijin1 | 2010-11-20 01:50 | 人生

モチベーションを上げる大きな夢

こんにちは、秋田です。本日は、モチベーションのお話です。

・・・・・

「やる気が出ない」「モチベーションが上がらない」という声をよく聞きます。

それで、モチベーションについて少し誤解があるような気がしましたので、ここらへんで、私のまとめをさせていただければと思い、書かせていただきました。

・・・・・

まず、モチベーションを気にする人は、基本的にはがんばっている人だと思います。

ですから、私はそういう人はとても偉いと思います。

30歳過ぎぐらいで、もう組織に慣れっこになってしまって、本当に部品のように生きている人も多く見かけます。そういう人は、もはや「モチベーション」という言葉すら思いつかないんですね。

そういう人に比べると、自分のやる気を気にする姿勢は立派だと思うんです。

・・・・・

それで、モチベーションを上げるためにどうしたらいいかということですが、ちまたでいわれていることは、自分にご褒美をあげるということですね。

「○○をやったら、お菓子が食べられる」「○○したら、バッグが買える」とか、を勧めている人がいます。

が、上のようなことをして、長く続いた人はいらっしゃいますでしょうか?

私が思うに、上のようなことは、たまにやるといいと思います。私も「○○が無事にできたら、栄寿司に行って、上トロ鉄火丼を食べよう」とかをやりますが、やはり年に2回ぐらいがせいぜいですね。

自分で自分にご褒美を出すという行為がなかなか難しいところです。大人になると、欲しければ自分のお金で無理しても買えちゃうようなところもありますしね。

・・・・・

次にちょっといいのが、似たような仲間を探すということです。

たとえば、結婚ということを考えてみると、合コンでも何でもいいのですが、集まりなどに一緒に行って、自分たちでお互いに盛り上げ合う仲間がいると、成功する確率も高いでしょう。私も経験があります。

ちょっと先へ行ったお友達が、遅れたお友達を引っ張って、お互いに引き上げ合う。いいと思いますよ。起業にしろ、勉強にしろ、そういったグループをつくることはとてもいいと思います。

注意としては、馴れ合いのガス抜きの場(グチの言い合いの場)にならないようにするといいかとは思います。

「たとえ成功(進歩)しなくても、友情だよね?」という暗黙の姿勢で、ダラダラしてしまう場合もあります(よく見かけます)。そこは気をつけましょう。

・・・・・

また、モチベーションの段階をはっきりさせるということも大切です。これを3番目に挙げます。

たとえば、英語ができるようになりたいという場合に、ちょっと勉強してみるとわかりますが、それは簡単には進めません。

「英語ができる」という文章の意味を考えるに、「外国人と同じように話す」と定義してしまうと、10年ぐらいはかかってしまうと思います。

ですが、まずは中学英文法でいいや。それをクリアしたら高校英文法、最後がTOFELレベルの英文法をやろうとか、

単語も、最初は中学基本語650をやって、次は1500語、そして3000語、最後に4500語をやるとか。

なるべく目標を細かくして、達成しやすいように分けてみると、モチベーションが上がってきます。1週間、2週間ぐらいで達成できる小さな目標を用意して、がんばってみるのです。

で、その目標を達成するたびに自分を褒めてあげる。回りの人とお祝いする。目標をハッキリさせるメリットです。

・・・・・

そして、これが最後の方法です。

私が自分で気づいたと思ってはいますが、啓発書を調べるとすでにどこかで書かれているかもしれません。

巨大な夢、しかも自分で達成したらよだれが出ちゃうとか(笑)、ワクワクして眠れないような夢を用意して、それをいつも考える、

というものです。

英語でいえば、たとえばTOEIC400点の人がただ500点を目指しても、単なるペーパーなのでつらくなってしまいます(私もかつてはこれで、なんと6年間も英語を止めてしまっていました!)。

が、何でもいいのですが、たとえば名門ハーバード大学のエグゼクティブコースを出る英語力をつけよう、となると、しかもそれが自分でワクワクしてしまって夜も眠れないような夢だとすると、英語をやることにモチベーションを上げるどころか、まるで空気のように英語を学ぶことができます。

いまの私がそうなのですが、そういうメンタルになると、英語もこんなレベルになります(まだまだ正確ではありませんが、2年前の自分を考えると格段に進歩しました)。

http://twitter.com/shunsukeakita

・・・・・

婚活の場合でいいますと、やはりお付き合いできるかどうかを目標にしている人の成功率は低いように見えます。夢・目標としては小さ過ぎるような気がします。ちょっとしたことでイヤになってしまう場合が多いようにも見えます。

が、結婚したいとなると少し成功率が上がってきて、もっと大きな夢、たとえば子どもが2人欲しいとか、結婚することで両親を安心させたいとか、自分のお仕事のためにきちんとした家庭をつくっておきたいとか、

そうおっしゃる方は、さらに成功の確率が高まるようです(相談所でも人生の設計がきちんとできている方は、すんなりとゴールを決めていきます)。

夢とは不思議なもので、大きくなればなるほど、その大きな夢の中に入っている小さな夢は簡単に叶いやすくなるようなんですね。

ただ前にも申し上げましたように、その大きな夢を「本当に達成したい」と思っているかどうかが、本当に大切なんですが。止められてもやってしまう、という夢なら本物です。

大きな夢を語るものの一向に進歩がない人は、厳しいようですが、単に大きな夢を語ってその語っている自分に満足したいというだけで、夢が達成したあとの自分に満足したい人ではないんですよね。

ここ、ちゃんと見たほうがいいと思いますよ。とくに結婚相手の人の場合は、叶わないホラに付き合わされてはたいへんですからね。

・・・・・

というわけで、本日は「モチベーション」について考えてみました。参考にできる方は、参考になさって下さい。
[PR]
by akitabijin1 | 2010-11-17 14:56 | 恋愛

幼児の英語について

こんにちは、秋田です。

今日は、子育てのお話です。

ここ最近、楽天とユニクロが社内公用語として英語を打ち出していて、英語がブームになっているようです。

実際、NOVAが破綻していったんは下火になったようですが、それでもけっこうな人が英会話学校等で英語を習っているのを見かけます。

かく言う私も英語を習っていますが(笑)。

・・・・・

なぜここんとこ英語が流行っているのかというと、やはり日本の市場が縮んでいることが大きいと思います。

要は、人口が減っているので、日本国内でトータルで使われるお金が減っていて、いままでと同じやり方を普通にしている企業は、厳しい時代で「普通」というだけでも立派だとは思いますが、

やはり売り上げが下がっていきます。とうぜん従業員も減らされていきます。

・・・・・

そこで企業が目をつけたのが、外国人にモノを買ってもらおう、そうすればいまのままの従業員数でも、日本の市場が小さくなっても大丈夫だから、ということで、

それには「ビジネスとしての英語が必要」となったのだと言われています。

実際、外国と取引している企業の方が、日本国内を相手にしている企業よりも売り上げが高い傾向にあるとか、

シンガポールとかフィンランドなどの、わりと小さい国々で一人当たりGDPが高いのは、英語を使って外国の会社を誘致したり、外国の企業と取引をしているからだと言われてもいます。

要は、いま英語が大切になっているということですね。

・・・・・

さて、この傾向がいつまで続くかはわかりませんので、それは各人の判断しかないでしょうが、

日本の市場規模が縮んでいくのはほぼ確実なので(現在の少子化を見ればわかる)、いずれにせよ外国との取引は必要だと思います。

ですから、英語か中国語あたりをマスターすることは、これからの人には必要なのかもしれません。

・・・・・

で、幼児の英語のお話です。

ウチの場合、私が親として上のような価値観といいますか、考え方をしているので、英語教育はとても大切だと思っており、早くから取り入れることにしました。

で、巷で言われているように、長男は1歳半ぐらいからあまり長くないDVDを繰り返し見せているのですが、彼に関しては明らかに効果が出ています。

DVDに合わせて彼が発音する声がとてもきれいなのです。長男(3歳)はなんと、

「(私の発音を聞いて)パパ、いまの言葉(の発音)はそうじゃないよ。こうだよ(と自分で発音する)」

ということもあるし、犬が歩いているのを見て、

「It's a dog!」

と言ったこともありました。驚きです。幼児の能力はすごいです。

・・・・・

それで、英語のコツとしては、要するに子どもの脳に英語の回路をつくればいいのですから、同じ教材を口ずさむまで繰り返し見せる、

ということが1つですね。

次に、日本語の回路ができなくならないように、英語の回路をつくる時間(英語を聴く時間)は、1日20分とか40分ぐらいに抑えるということです(これはそういうことを書いた本があります)。

また、親もTVを見ながら一緒に発音すると、お子さんは1人で見るのではないので、楽しめるようです。

・・・・・

あとは、CDよりはDVDの方がいいと、私は思います。これは、自己洗脳といいますか、潜在意識に成功法則などを刷り込むのと同じ理屈ですが、それには映像があった方がいいからですね。よりリアルに感じることができるからです。

それから外国の映画で子どもが見れるものを一緒に見る、とか。これも同じ映画をしつこく見るといいようです。ウチは、何度もおんなじ映画を見ています。それで、冒険モノとかはスケールが大きいので、「私たち日本人は小さい考えの人が多いが、外国にはとても優れた人が多い。いつかあの映画で出ているような目の青い人と、いろんなことで勝負したり、仲良くしたりして生きていくんだよ」と教えます。

それから、必ず言葉を2つずつ教えることですね。「猫は、英語ではcatというんだよ」という感じで、「世の中には2つの言葉がある」という意識を持ってもらうわけです。

・・・・・

子どもの英語は賛否両論ありますが、いいと思った人だけやればいいと思います。

あとは、育った子がどうなるかで結果は出るでしょう。そこらへんがたいへん楽しみでもあります。

参考にできる方は、参考になさって下さい。
[PR]
by akitabijin1 | 2010-11-10 17:11 | 出産・育児

わりと意識しない人生のゴール

こんにちは、秋田です。

本日は、「わりと意識しない人生のゴール」というお話です。

・・・・・

突然ですが、私たちは、わりと漠然と生きているように思います。

その証拠に「あなたがいましている○○なんだけど、最終的にはどうしたいの?」という質問をすると、答えられない人がほとんどです。

それで、それはそれでいいのだと思います。

そのこころを読み解くと「いましたいことをしている」ということだと思うからです。

それは大切ですよね。

・・・・・

ただ、私が過去1ヶ月そうでしたが、「毎日すごく幸せでストレスなく生きているのに、何となくぼんやりした感覚がある」ような場合、

あるいは、「何となく毎日が単調で、ふつう(変化がない)。またはつまらない」という場合は、

おそらくは目標といいますか、自分のゴールが不明確になっているのだと思います。

・・・・・

たとえば、私の英語ですが、毎日大好きだった読書も止めてしまい、英語の本を読んだり、単語を覚えたり、聞き取りをしたり、Twitterに英語でつぶやいたり、某外国の大学に通ったりしていますが、

何となく「・・・で、これから(英語をやって)どうするんだろう?」

という感じがありました。

生活も幸せですが「このままこの生活を続けた結果、私はどうなるのだろうか?」

と考えてみると、意外に、よくわからない感じがしました。

・・・・・

そこで、もう一度、得意の手帳を開いてみて、さまざまに今後したいことを書いてみると、ぼんやりとした人生が、再びはっきりとしてきて、ここ1ヶ月ぐらいはまた絶好調の状態に戻りました。

・・・・・

それで、そのコツですが、まずは自分がもっともなりたい人物とか、なりたい属性(医者とかベンチャー企業の社長とかなんでもいいです)を決める。できたら実在する人物がいいのですが、いない場合は映画・TVドラマの主人公とかでもいいと思います。なるべく映像が取れる人がいいです(大目標)。

自分の人生と交換したいぐらいの人がいいです。考えるだけで、ワクワクするような人です。

 ↓

その大きな目標に足りない自分の能力、環境などを考えて、中ぐらいの目標として項目にする(中目標)。

年収が足りないとか、英語力がないとか、探すといろいろ出てくると思います。年収を上げるために、営業先を増やすとか、もう1つ仕事を始めるとか。英語力をつけるために、英会話学校に通うとか。

 ↓

その中目標の達成順を決めて、日々の行動の予定を立てる(小目標)。

営業先を1ヶ月で5件増やすようにするとか、もう1つのお仕事に応募するとか。英語で言えば、必ずその英会話学校の授業の予習復習をするとか、1日1回はTwitterで英作文してみるとか。

 ↓

毎日、その行動をチェックする。ただし、無理な努力を伴う場合(自分でやってみてつらい場合)は、おそらく大目標の立て方が正確ではないと思いますので、本当にどんなたいへんなことでも、ワクワクしてできることを目標にするといいでしょう。

・・・・・

とにかく大目標から逆算して、いまの自分の行動がある、というようにすると、すごくいいらしいです(最近の心理学といいますか、達成の科学を読むと、そうなっています)。

それで、その目標は「自分が達成してワクワクしてしまうこと。考えただけで、汗が出るような、興奮してしまうようなこと」がいいらしく、

「いますぐには見つからない」という人は、とりあえず仮でもいいので、「今回はこの人にしよう」という感じでやってみて、やってみると「これは違う」となるかどうかわかるので、それによって、また目標を設定しなおす。

という感じがいいようです。

・・・・・

それで、これは私のオリジナルなのですが、完璧な理想像が見つからない場合は、属性を分解して、各属性で理想の人物を立てるというようなこともいいようです。

たとえば、私の英語で言えば、大前研一さんのような海外のビジネスマン・経営者にも講演できるぐらいの英語力ということで、「YouTube 大前研一 カナダ講演」で大前さんの映像が取れますので、その講演をときどき見て、理想像を強化します。

ビジネススタイルとしては、ちょっと恥ずかしいですが、島耕作と矢島金太郎(両方とも浮気の部分を除いて)ですね。そうそう、マンガもイメージが取れるのでいいです。

トータルでの自由さ、精神の大きさは、大江錦太郎(『Golden Boy』)。

という感じです。それで、最終的な生活は、それらを掛け合わせたような感じで、手帳に書いてありますが、ここではちょっと書けませんが。おそらくは理解されないだろうことがいっぱい書かれていますが、まあ、自分的には最高の人生ッス!

・・・・・

私は9月にちょっと体調面で調子が出なかったこともあり、なんか停滞した感じがしたので、もう一度、自己啓発書などを探ってみました。

過去8年ぐらい幸せだったので読みませんでしたが、啓発書もけっこう進歩するんですね(笑)。驚きましたよ。

・・・・・

やりたい方は、やってみて下さい。ではまた!

追記 

恋愛ということでいえば、結婚に腰が重い人は、結婚後の生活があいまいになっている感じです。よくよく考えて、ワクワクできなければ、無理に結婚する必要もないのだと思います。婚活もお金と労力がかかりますので、したくなければしなくてもいいんですよね。

書いてみると、よくわかりますので、手帳のページを真っ黒にしてみて下さい!
[PR]
by akitabijin1 | 2010-11-04 10:30 | 人生


つぐみ恋愛相談所の恋愛コンサルタントが日々の中で気づいたことを綴った日記です。


by akitabijin1

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

カテゴリ

全体
恋愛
人生
こころの健康
出産・育児
できごと
Twitterつぶやき集
告知
自己紹介

以前の記事

2012年 12月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 02月
2005年 06月
2005年 05月

フォロー中のブログ

野性の勘で恋せよ乙女!

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧