<   2010年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

理想の男性像を決めるだけじゃ足りないんですね!2

こんにちは、秋田です。前回の続きです。

私がある記事で読んだ起業家の人は、(もちろん起業家なので恋愛を第一の目的とはしていないでしょうが、)けっこうな資産を築いたときに、「私も、最愛の女性と結婚したい」と思ったらしく、

アプローチを開始したそうです。

・・・・・

希望のお相手は、自分が昔テレビで見ていたアイドルで、詳しい経緯はよくわからないのですが、何とかツテで知り合って、無事に結婚しました。

それで、テレビ画面で見ていた憧れの人ですから、彼は、それはそれは幸せに違いありません。

その起業家の人は、どうも身長は高くないらしく、パッと見もそれほどカッコイイというわけではないのですが、

やはり財力→コネ→自分の魅力をお相手の方に徐々に浸透させていって、最後はゴールインできたのでしょう。

・・・・・

私が何を申し上げたいかといいますと、彼はおそらく(結果的にではありますが)自分ならば財力もあるし、おそらくはいろいろなところでインタビューとかを受けているので、多少のコネもできたし、それで「何とかあの憧れの元アイドルに近づけそうだ」ということで、実際に会って、交際に至ったのだと思います。

ですから、相手がどんなに理想が高くても、自分もレベルを上げれば、こういったことは可能なのだと思いますよ。

ただ、彼が普通の人のままで、ただ「あのアイドルが好きだ」といいつつ、ブロマイドを買ったりとか、ファンクラブに入っていただけでは、とうぜん彼女と結婚はできなかったわけです。

理想が高ければ高いほど、やはり自分も努力が必要になるということなんですね。

・・・・・

最近は、なんか手軽に上手にやれば、何でもうまくいくような話が多いですが、物理現象といいますか、どうにもならない分野では、やはり以前と同様に、努力が必要になる場合があります。

簡単に、「あんな人じゃダメ」「話がつまらないから切る」「キモイ」となる前に、自分も客観視していくことも大切ということなんですね。

・・・・・

とにかくいま巡り合う人は、間違いなくレベル的には合っている人なので、自分の鏡といえます。

すごいカッコイイ人に寄って来て欲しかったら、自分はすごい素敵な女性になるしかない。

ここがある種の戦いであり、おもしろいところなのです!
[PR]
by akitabijin1 | 2010-10-19 16:17 | 恋愛

理想の男性像を決めるだけじゃ足りないんですね!

こんばんは、秋田です。

今日は、理想の男性像というお話です。

・・・・・

恋愛がうまくいっていない女性に「理想の男性はどんな人ですか?」とたずねると、多くが「よくわからない」「会った感じで決めます」「いい人がいれば・・・」といいます。

これはこれでいいとは思います。要は、運を天に任せて、いい人が見つかるのを待つという作戦だからです。それはそれでいいです。

が、「もう少し恋愛で自分を通したい」「運だけではなくて、自分の力も加えて、運命を切り開きたい」という方は、

「自分がどんな男性とお付き合いしたいのか」を大まかにつかむことが大切です。

これは、恋愛だけじゃなくて、人生にも当てはまりまして、やはり「どんな人生を送りたいのか」がわからない人は、人生もぼやっとしてしまうものです。

・・・・・

さて、でもでも、最近はこのブログのせいか(笑)、橘つぐみががんばっているせいかはわかりませんが、

「秋田さん、理想の男性は確立しましたよ。特徴。1つ、うんぬんかんぬん、2つ、うんぬんかんぬん・・・」

と理想像をスラスラといえる人も増えてきました。

これは、かなりいいです。かなり恋愛・結婚が近くなります。

・・・・・

ただ、もう一歩、突っ込んだ方がいいことが最近わかってきました。ここからが大切なお話です。

「理想の男性像が確立したら、その理想の男性がどのような女性とお付き合い・結婚するかを考えて、その理想の男性が好む女性をイメージする」

という作業です。

この理想の男性が好む女性のイメージこそが、まさにあなたの目標となる女性像なのです。理想の男性像を確立しても、別にあなたがその男性になるわけじゃないので、「理想の男性が好む女性を、あなたの理想とする」のです。

・・・・・

そうなると「嵐の何とか君が理想です」というだけで、よくよく時間がたって「私のまわりにはいい男がいない」と嘆く女性も少なくなることでしょう。

どう考えても、嵐の何とか君は、おそらくは同年代の女性タレントぐらいの人とお付き合いするのであって、普通の人とはお付き合いしません。

どうしてもあなたが付き合いたかったら、あなた自体も何らかのかたちで芸能界に入らねばならない、となります。

・・・・・

まとめますと、まず理想の男性像を決めます。これは、絶対決めたほうがいいです。次に、その理想の男性像に見合った女性をイメージし、その女性になるべく近くなるように自分で努力します。

そうすると、より恋愛・結婚のチャンスが広がります、ということです。

「いまの自分を好きになってくれる男性でいい」「努力はいやだ」という女性は、「本当に」告白してくれた男性と付き合うべきです。

「あーでもない、こーでもない」と断り続けるわりに、自分なりの努力をしないとなると、それこそないものねだりになってしまいます。これも婚期が遅れるパターンでかなり大きなものです。

(というか、理想像がなくて時間がたってしまうか、理想が高すぎて時間がたってしまうか、多くはこの2つのパターンしかない!)

・・・・・

私も学会誌を読んでいないので詳しくはわからないのですが、最新の心理学といわれる本の概説書を読んで、この内容に気がつきました。

試せる人は試して下さいね。ぜひ手帳に書き出してみましょう。
[PR]
by akitabijin1 | 2010-10-14 18:38 | 恋愛


つぐみ恋愛相談所の恋愛コンサルタントが日々の中で気づいたことを綴った日記です。


by akitabijin1

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
恋愛
人生
こころの健康
出産・育児
できごと
Twitterつぶやき集
告知
自己紹介

以前の記事

2012年 12月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 02月
2005年 06月
2005年 05月

フォロー中のブログ

野性の勘で恋せよ乙女!

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧