<   2010年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

体を許す日を聞いてくる男

こんにちは、秋田です。

今回は「体を許す日を聞いてくる男」のお話。

ここ数年、気にはなっていたのですが、「もう出会って●ヶ月経ったので、えっちしていい?」とか、「あと●回会ったら、お泊りしよう!」みたいな、私からすると同性でもぞーっとすることを、デート相手の女性に聞く男性が多いらしいのです。

・・・・・

結論から言えば、女性も困ると思いますよね。

なんかメールだの、電話だので、女性が、

「あと3ヵ月したら(いいよ)」
「2人の関係が固まったら(許すよ)」

というような感じで言い、お相手の男性が、

「やはりえっちして2人の関係が固まるんだと思うよ」
「そういうことをしないということは、信用されていないんだね」

みたいに言って、押し問答しているのは、正直みっともないと思います。

せりじゃないんだから、「500円!」「450円!」「475円!」「買った!」みたいな話じゃないんですよ!

・・・・・

なんで男性がそういうことを言うのかというと、結局は自分に自信がなくしょぼいので、ある程度、女性とそういった日にちの確約を取らないと、不安でデートを続けられない・・・

ということだと思います。

別のタイプとしては、強引にこういったことを言って繰り返しているうちに、たまたま根負けする女性が出てきて何回かいいことができたので、それを繰り返すという男性もいます。

おおむね2つのパターンです。

・・・・・

まず、男性に言いたいことは、本当にみっともないから止めなさい、ということです。本当に一生懸命、目の前の女性を楽しませてあげられれば、普通は女性からも「泊まってもいいよ」という光線が出ます。

それが1ヶ月か3年かはわからないですが、まあ普通は3ヵ月とか半年ぐらいでも出るんじゃないでしょうか?

そこまでお相手の女性の心をつかんでから、あーでもない、こーでもないと、がんばればよろしいのです。

昔「いやいや秋田さん、効率ということですよ。(お相手の女性が体を許すことが)ダメなら早く次に行かないと・・・」という男性もおりましたが、私から言わせると「たわけ!」ということです。

しょーもないことで効率だの何だの言わないで欲しいです。

効率は仕事だけで十分。対人関係は、ムダのようなことも楽しみつつ、信頼関係を築いていって欲しいし、それぐらいの時間をかけてもお付き合いしたい女性を探す努力をすべきなのです。

(ごめんなさい、無理やり価値観を押し付けていますが・・・、でも、結局はこういう考えの方が、日の目を見ますよ。女性も馬鹿じゃないです)

・・・・・

次に女性ですが、とにかく押し問答は悲しくなりますから、よほど相手の男性が世間知らずでもない限りは、あまり深入りせずに冷静にキープし、本当に価値のある男かどうかを見極めたほうがいいと思います。

意外に多いのですが、根負けする女性がいます。でも、相手の男性は、たいてい1~2回何かあって、それで消えてしまいますね。

あと、最近は、女性がそういったことを好きな人もけっこういます。本人にそのことを指摘すると、「そんなに好きじゃないですよ~」とか言いますが、わりと「1回で終わっても、気持ちいいからいいや」という人もいるようです。

それはそれでいいのです。男も女もそこのところは一緒なのでしょうから。

しかし、ことに結婚ということで活動している女性は、性というのは、最後の武器なのです。

それを最初からガンガン使っていれば、男性の究極の目標はすでに叶っていますから、そうおいそれと結婚という重い腰を上げるわけがない・・・

ということです。この武器を簡単に使っちゃいけないんですよ。

私が見てきた中で、婚前交渉が激しかったカップルほど、結婚まで行きついていません。

逆にいえば、昔はそういったところが厳しかったため、早くに結婚したいという男性も多かったのではないかと推察します(もちろん、理由はそれだけじゃないでしょうが・・・)。

「体を許すまでの時間と、結婚まで行き着く時間は反比例する」ということは、経験則として覚えておくといいと思います。

だから、ある女性が、私に「彼と同棲しました~♪ 愛し合ってます!」とか言っても、私はいい顔をしないです。結果がどうなるかわかるからです。

・・・・・

なんか本日は、説教調で失礼しました。読んでいる本のせいかもしれませんね。ごめんなさい。

でも、重要なお話ですよ。

参考にできる方は、参考になさって下さい。
[PR]
by akitabijin1 | 2010-08-27 15:08 | 恋愛

体を許す日を聞いてくる男(導入編)

こんにちは、秋田です。

今日は時間がなくて、前置きだけ書かせていただきます。

・・・・・

近年ずーっと気になっていたのですが、「もう出会って●ヶ月経ったので、えっちしていい?」とか、「あと●回会ったら、お泊りしよう!」みたいな、私からすると同性でもぞーっとすることを、デート相手の女性に聞く男性が多いらしいのです。

さてさて、こういった男性は、どういった心境でこういっているのでしょうね?

いろいろ調査しましたので、次回はぜひ!
[PR]
by akitabijin1 | 2010-08-23 15:07 | 恋愛

対人関係のちょっとした考え方

こんにちは、秋田です。

今日は、対人関係のちょっとした考え方について書かせていただきます。

・・・・・

さっき道端を歩いていたら、ある駐車場の入り口に道具を置いて、工事関係者がその前の側溝を工事していました。

それで、私が見ていると、その駐車場の持ち主のおじさんがやってきて、その工事関係者に、

「アンタ、うちの駐車場に勝手に荷物を置くんじゃないよ! 何考えているんだよ! 人の土地に!」

と怒鳴っていました。

・・・・・

で、皆様もいろいろと考えがあると思いますし、私もそれは尊重させていただきたいと思います。

が、ひとこと言わせていただくと、「実にくだらない」ことで騒いでいると思いました。

・・・・・

その土地は取られたわけじゃないのですから、簡単にいうと、貸してあげればいいのです。

工事の人だってそのほうが助かるでしょうし。

工事の人は、ぜんぜんその駐車場を汚しているわけじゃないし。

まあ事前に駐車場の持ち主に断りに行くのは筋だとは思いますが、あの駐車場は、誰が持ち主かわからない駐車場でしたし、そもそも車が1台しか停まらない駐車場なのだし、

いまは使っていないのですから、いいじゃないですか。

・・・・・

さて、上のような例を拡張すると、近年ああいう権利意識を剥き出しにする人が増えています。

で、実に小さなことで、「あーだこーだ」ともめごとを起こしているのです。

・・・・・

秋田の幸せの理論で考えると、ああいった些細なことで怒る人は、まず幸せにはなれません。

もちろんああいった性格の人はがめついので、金銭的なものや社会的な地位を得る場合もありますが、やはり人の面では安らぎを得られることはないでしょう。

(ディケンズの『クリスマス・キャロル』のスクルージおじさんを思い出しましょう)

で、よほど神経が太い人でない限り、人の面の安らぎを得られないことによる悲しさ・寂しさは、お金持ちになる・有名になることよりも、かなりつらいことです。

・・・・・

ほんとうに、ここ数年こういった人が増えましたが、こういった被害を受けた人は、間違っても「言い返して私が矯正してやろう」などとは思わず、「つくづくかわいそうな人だ」と思い、早く忘れましょう。

人は、見ず知らずの人に何かをいわれて変わるというのはまれですから、そういう人はとりあえず放っておいて、

自分とか、自分の家族とか、親戚、お友達などで、そういう人が出ないよう、お互いを正しあいましょう。

とにかく一緒のレベルになって、心を痛めないことを祈ります。

・・・・・

自分が怒る内容が、自分のレベルを決めるということです。それほど怒るのが好きならば、たかだか狭い駐車場のことではなくて、

・国の借金の問題
・拉致事件
・最近の子どもに対する虐待
・世界的な貧困問題

とか、世の中にはいろいろ大きな問題があります。ここらへんで怒ってくれるとありがたいのですが、小さな人にはできないことです。しょうがないことです。

・・・・・

会社でも多いですからね。気をつけて。

珈琲の入れ方がどうとかこうとか、「だったら自分で入れろ!」みたいな話も多いですよね。

自分だけはしっかりして、いやな気分で生きないようにしましょうね。
[PR]
by akitabijin1 | 2010-08-18 16:01 | 人生

結婚相手は、日本人じゃなくたっていいじゃない

こんにちは、秋田です。

本日は、前にも述べたのですが、結婚相手は日本人男性じゃなくたっていいじゃないですか、というお話です。

・・・・・

私が国際結婚していないのにこういうことをいうのは何なんですが、いまは「草食系男子」とか呼ばれますが、私が見る限り、40代ぐらいの男性でも草食系の男性がけっこういます。

恋愛に引退はないですけど、10代から40代ぐらいまでの男性は、もっとも結婚する可能性が高い年代だと思います。

ですが、彼らが草食系であるということは、日本人男性のかなりが草食系になってしまっていると考えてもいいのかもしれません。

ですから、正直かなりおとなしい男性が多いので、いまの活発な日本人女性ですと、満足のいく男性が少ないのではないかと思います。

いま出会いの場に出かけると女性の登録者が多く、やっとこさ恋愛をしようとはしている数少ない男性をめぐって、それなりの女性が競い合っている状態です。

私からすると、そんなにいい男ではないといいますか、明らかに女性のレベルの方が高いのです。

・・・・・

それで、まあ私も結婚まではできませんでしたが、外国の女性の方とお付き合いした経験からすると(そしてそのお友達の男性ともけっこう深く交流した経験からすると)、

同じ言語を話している場合(この場合は日本語でしたが)、外国人も日本人も十分以上にわかりあえるし、付き合うのには何の支障もありませんでした。

お友達の女性の彼(アメリカ人など)ともお話させていただいたことがありますが(ここでは同じ言語として英語で話した)、欧米人だからといって、それほど日本人と違いはなく、お付き合いしてみるときわめて普通に付き合えるような気がしました。

やはり中国、韓国、台湾、香港などのアジアの方だと、日本人とかなり上手にやってくれると思いますが、まあ同じ人間ということで、欧米人でもアフリカ系の方でも、やっていけないことはないと思います。

・・・・・

で、彼らは、なんか想像よりは慎ましい感じですが(わりと普通のサラリーマンで、課長ぐらいまでいければいいという人もいます)、草食系というほど弱くなく、私も正確なところはいえませんが、バブル前の日本人男性ぐらいの勢いはまだありそうです(ちなみに、女性に対するケアは、日本人男性よりはるかに上です)。

日本人男性ということにこだわらないと、道が開けるのではないかと思います。

いろいろな障害もあるかとは思いますが、日本人どうしのカップルでも親・兄弟姉妹・親戚等とうまくいかない場合もあるし、ここらへんの障害も(質は違うにしても)おんなじです。

結婚は、日本人どうしでも異文化(家の違いはけっこう大きい)の融合ですから、よほど同じような家庭環境の人とでも結婚しない限り、ほぼ必ずトラブルはあります。

ですから、ほんとうに、外国人も日本人もおんなじなのです。

・・・・・

いかがでしょうか? 

最近は、国際結婚を斡旋する紹介所もあるようですので、門を叩いてみるとよろしいのかもしれません。

アクティブな方は、参考になさって下さい。
[PR]
by akitabijin1 | 2010-08-17 16:00 | 恋愛

つぶやき集(つなぎ)

こんにちは、秋田です。

ここ3日ほど、栃木に行っており、いろいろ考えがまとまりました。

それで、近いうちにぜひ書かせていただこうと思いますので、それまでのつなぎでまたつぶやかせていただきます。

・・・・・

Christian The Lion(日本語版クリスチャン・ザ・ライオン)、とてもすばらしいお話です。観られる方はご覧になって下さい。http://www.youtube.com/watch?v=I4S3lk6mS2c
5:13 PM Jul 30th webから

・・・・・

長年の夢の1つであった「足長おじさん」にとうとうなることができました。「自己満足」と言われれば少しは痛いが、「汚い心で、清い行動を行なうもよし」という言葉もあります。皆さんもぜひ!!http://www.minsai.org/
1:01 PM Aug 2nd webから

・・・・・

どんな芸能人もそれなりにすごいと思うのは、顔を変えても売れようとする根性ですね。やっぱりそこまでやろうと思うぐらいの根性はすごいです。売れるための貪欲さといいますか・・・ 皆さんが好きなどんな芸能人も、生まれたままの顔ではないんです。ここまでの決心、それなりにすごいことです。
11:24 PM Aug 3rd webから

・・・・・

続き)私は整形を進めているんじゃなくて、それぐらい何かに打ち込めるものというか、強い欲というか、そういうものを持つことが成功につながるのだと思います。やはり、ちょっとやって終わることは、ちょっとやった結果しか生まない。どんな犠牲を払ってもやりたいことを見つけることが大切ですよね。
11:29 PM Aug 3rd webから

・・・・・

世の中の正しい・悪いは、話の強さ(話術)と、お金や地位(パワー)で決まってしまうことが多いです。ですから、仮に自分が悪いような立場に立たされても、「本当に正しい」と思えるなら、もうそれでいいのです。他の人は仮に理解してくれなくても、自分を信じてあげましょう。わかる人はわかります。
1:50 PM Aug 4th webから

・・・・・

ネットで拾った格言ですが、「恋愛とは売春の趣味にほかならない(ボードレール)」。これはひどい。真実がどうかは別として、こういう考えで生きていたとすると、人生辛かったのでは??? 秋田の修正→「恋愛とは売春の趣味とも考えられるが、無理にそう考えないで楽しめばよい」。
5:32 PM Aug 5th webから

・・・・・

「恋とは、ふたりで一緒にバカになることである(ポール・ヴァレリー)」。←ネットで拾ってきましたが、おもしろいじゃないですか(笑)。やっぱりバカになれないと、恋愛はうまくできないところがありますよね。
3:08 PM Aug 6th webから

・・・・・

恋愛のお話。今はさまざまな出会いの場があって、それを活用することはgoodです。が、もう少し恋愛の成就する確率を上げたい場合は、なるべく自分の趣味など、恋愛抜きでも行きたいような場所で、結果として「出会う」ような感じで、つまり「急がば回れ」がけっこう効果的です!
10:35 PM Aug 9th webから
[PR]
by akitabijin1 | 2010-08-16 19:24 | Twitterつぶやき集

おススメ(?)の恋愛映画(『幸せになる彼氏の選び方』)

こんばんは、秋田です。

本日は、恋愛映画のご紹介です。

・・・・・

『幸せになる彼氏の選び方―負け犬な私の恋愛日記』という映画です。

この映画は、ちょっと微妙な映画ですので、無理にご覧下さいとはおススメはできませんが、

まず、主人公が彼に振られるところからスタートします。

それで、彼女はかなり落ち込むのですが、お友達とかがデート相手を紹介してくれて、5人とほぼ同時並行でお付き合いします。

その5人のタイプは、おっさんみたいな人もいるし、お金持ちとか、作家とか、起業家みたいな人が混じっているのですが、

さて、最後には誰と結婚するのか?というお話です。

・・・・・

先ほど申しましたように、ちょっと途中ダレるところがあり、ストーリーもまあまあ普通なのですが、

主人公が5人同時並行にお付き合いをして、その5人とのやり取りの場面が数分ごとに変わるという、おもしろい作り方をしているので、

恋愛の勉強という意味では、役に立つのではないかと思います。

結論といいますか、最後に結婚する相手も、ある意味、現実的であり、身近な人でこういう女性がいても不思議ではないですね。

ほんとうにリアルな感覚があるので、『ルールズ』あたりをお読みになられて、実際に活動されていらっしゃる30代の方には、励みになるかもしれません。

「等身大の恋愛映画」というのが、褒め言葉になると思います。

・・・・・

・・・というような注釈つきのおススメ(?)ということで、今回はよろしくお願いします!

追記

主人公のモニカ・ポッターは、ジュリア・ロバーツに似ていますので、ジュリア・ロバーツのファンの人なら、そう思ってみれば、もう少し楽しく観れるかも(?)。

追記2

現実的じゃなくても、恋愛っていいなと思いたい方は、

『キューティー・ブロンド』とか『クリスティーナの好きなコト』とかの方がいいと思います(以前、このブログでも紹介したと思います)。
[PR]
by akitabijin1 | 2010-08-02 01:01 | 恋愛


つぐみ恋愛相談所の恋愛コンサルタントが日々の中で気づいたことを綴った日記です。


by akitabijin1

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
恋愛
人生
こころの健康
出産・育児
できごと
Twitterつぶやき集
告知
自己紹介

以前の記事

2012年 12月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 02月
2005年 06月
2005年 05月

フォロー中のブログ

野性の勘で恋せよ乙女!

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧