<   2010年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

保育園って素晴らしい!!

こんにちは、秋田です。本日は、保育園のお話です。

保育園がどれだけ素晴らしいかについて語らせて下さい。

・・・・・

ウチの子が2人とも、4月から保育園でお世話になることになりました。

長男はすでに通っているのですが、長女もお世話になることになりまして、まずは無事に決まっただけでもありがたいです。

・・・・・

それで、保育園の素晴らしさですが、まず先生が素晴らしいです。

子どもを楽しませるために、一生懸命いろいろなことをやって下さって、子どものおもちゃなんかも自作されたりする方も多いようです。

この間の保護者懇談会(というのですかね?)でも、見せていただいたお医者さんセットですが、本当によくできていました。

園児がお昼寝している時間とか、残業して・・・とか、おうちにいらっしゃる時間におつくりになったのだと思います。本当に頭が下がります。

その懇談会では、先生による出し物もなさって下さいました。いろんな特技をお持ちになる先生がいらして、ある若いイケメンの先生は、女の子たちに大人気です。

いまの3歳の女の子なんか、「けっこんちて~」なんてどなるんですよね(笑)。

結婚の意味がわかっているんでしょうか・・・

・・・・・

保育園の素晴らしいところのもうひとつは、子どもに画一的な教育をしないところで、

ウチの長男は、けっこう個人行動が多くて、たいへんご迷惑をかけているみたいなのですが(すみません、私に似たのかもしれません)、とても暖かく見守って下さっているようです。

先生がお書きになる日誌を読ませていただくとわかります。文が本当に優しいです。

また、何かとなると、ウチの長男はよく泣くようですが(すみません、私も幼稚園時代は泣き虫で通っていました)、よくあやして下さっているようです。

行事の写真を見させていただくとわかります。いつもある先生に抱っこされています。

お料理、リトミック、遠足、礼拝(お祈り)、お昼寝などなど、子どもたちが「生まれてよかった」「保育園って楽しい」というようなことを次々とやって下さって、

本当に保育園は素晴らしいと思います。

このような保育園の先生方が、ご自分の生活も充実されて、素晴らしい人生を歩まれることを、いつも願っています。

・・・・・

1学年の園児13人に対し、先生3人です。この比率も素晴らしいと思います。すごい少人数ですよね。

なんか日本の教育って、歳が上がるごとにだんだんずさんになっていくというか、大学院にまでいくと、またなかなかいい教育になるのですが、結局は、先生と生徒の比率と、画一的な教育かどうか(大学院は画一的な教育はできにくいので)にかかっているような気もします。

入試だけさせて、いい大学に行かせて「ハイ!終わり」というほど、教育は甘くないですからね~ そんなことばかりしてるから、子どもにぶん殴られたりするわけですよ。

ここらへんは保育園のシステムの方がしっかりしているようにも見えますので、優秀な方が、この教育制度を変えていただけませんでしょうかねえ。保育園が増えて、なるべく待機児童が減るといいんですが・・・

・・・・・

今日も何か個人的なお話でしたが、いつもお読みいただき、ありがとうございます。

たまたま私どもの子どもたちが通っている保育園がそうだ、ということではないと思いますので(ウチは2園目ですが、前の園もなかなか素晴らしかったです)、保育園のよさ、とくに先生の素晴らしさをご理解いただければと思いました。
[PR]
by akitabijin1 | 2010-03-26 10:22 | 出産・育児

「運」の話、余談

すみませんが、運のお話、余談です。

ちょっと蛇足といいますか、ホント余談です。

・・・・・

学生時代にすごくモテたりとか、成績がとんでもなく良かったとか、なんか生徒役員やらなんちゃらやっていた人なんかは、大人になると、運が尽きてしまう人が多いように見えます。

また、ある一時期、バイーンと躍進したが、その後は消えてしまう人(芸能人とか、スポーツ選手とかに多いですが)も多いですよね。

・・・・・

「運」は考え方の問題だと思うのですが、イケイケドンという感じで、自分を失うぐらいの(ある部分で成功の理屈・理論を伴っていない)運の良さは長続きしないように思います。

ここに「運」を研究する余地があると思っていて、私も数冊ですが、運とかセレンディピティの本を読みました。

・・・・・

ですから、今は理論的な運を追求してますから(って、こんな考えがあるのかどうかは知りませんが)ものすごい運がいいです。

よくお金を拾うとか、成績がとてつもなく悪いのに入試に受かるとか、子どもが希望通りに男→女の順で授かるとか、引越しすると相場以下の値段で物件が見つかるとか、家電もディスカウントで買えたりとか、

この間は、携帯電話を買ったのですが、キャッシュバックとかで5000円をもらってしまいましたし、オークションで買い物をして2位で負けたのですが、1位の人が連絡をよこさなかったらしく、繰上げ当選で、しかも値段は2位のときのままで買えたりとか、

『ソフトシステムズ方法論』という5000円ぐらいする本が、amazonのユーズドで200円で買えたり(おそらく値段の付け間違いだと思います。私が買ってからは3000円以上します)、

留学先の英語の先生ですが、たまたま選んだ方が人気講師で、彼女に習ったおかげで、話せるようになってきましたし、

保育園の子どもの担任が代わるのですが、担任3人全員と関係を続けさせていただきたかったところ、そのうちの1人が長男とともに進級したクラスの担任になり、1人は今度園に入る長女の担任になって下さいました。

何かをやると、必ず(自分にとってですので、皆さんからすればホント些細なことかもしれませんが)ラッキーなことが起こる感じで、これはまさに私の実力ではありませんから、本当に感謝感謝の毎日です。

長くなってすみません、まだまだあるのですが、ここまでにさせていただきます。

・・・・・

運が長続きする人を見ると、しっとりとした、じわりとした、あんまり精神が上下にぶれていない感じの、落ち着いた運の良さを持っている人がいちばん長続きすると思います(って、ちょっとわからないですよね、すみません、また今度、詳しく書かせていただきます)。
[PR]
by akitabijin1 | 2010-03-25 18:06 | 人生

運のいい人とだけ付き合う!?

こんばんは、秋田です。

本日は、人によってはちょっとひどいお話かもしれませんが、「運のいい人だけ付き合う」というテーマです。

・・・・・

わたくし、35歳になりました。認めたくはありませんが、おじさんという呼ぶ人もいるでしょうね。

わたし自身は、これでも(?)美容室に行ったりとか、肉体を少し鍛錬しているので、胸が一番出ているし、歯もきちんと治療したし、まだまだ永遠の青年(!?)と思っていますが、

とにかく事実として35年生きてきました。

・・・・・

それで、まだまだ早いですが、人生いつ終わるかわかりませんし、そもそもまだ成し遂げたいことも残っています。

要するに、無駄な時間は少ないのです。これ、30歳ぐらいの人なら、みんなおんなじかと推察します。

もうやることをさっさとやらないと、あっという間に、「はい、さよ~な~ら~」なのです。

ということを考えると、自分の時間はすべて自分の思い通りに、幸せに、楽しく暮らしたいものです。

そうなると、当然、時間の使い方も厳しくなってきます。

限られた時間をどう配分して、最高の人生にするか。

もうそれしかないのですね。

・・・・・

そんな中、わたしは自分の時間は本当に好きで、英語もせっせと勉強しているし(そのうち書かせていただきますが、この1年でずいぶん話せるようになりました)、心理学とか恋愛の本も読んでいるし、ホント好きなことをしています。仕事も自分では楽しい仕事をしています。

家族の時間は、無駄な時間も無駄ではないので、これはどんな過ごし方をしても最高です。

となると、あとは家族以外の方々と会う時間を大切にできれば最高です。

・・・・・

それで、わたしは、家族以外のお友達とか、先輩とか、後輩とか、誰でもいいんですが、唯一こだわっているのが、

「運のいい人かどうか」

なんです。運のいい人は本当にいいですね。

たとえば、いまお仕事を探すのはとてもたいへんですが、150人受けて一人しか受からない面接に受かってしまうお友達がいます。

どう考えても実力に見えないので(失礼! まあ本人にも言っているからいいよね・笑)、きっと運なのですが、やっぱりそういうものを持っている人は、本当に心に響きます。

プラス思考の塊のような感じで、つまらない話をして終わったとしても、じーんとしたものが残ります。それで、そういった人に、生き方などを聞いてみると、確かに運がいいというか、運を引き寄せる考えをしているんですね。

けっこうあてずっぽうでやっている人も多いですが(笑)、それは本人すら気づいていないだけで、ほぐれた糸を丁寧にたどっていくと(そういうように質問すると)、きわめて合理的な考えをしているときがあります。

たいへん勉強になります。

思えば、橘つぐみという人もそういう感じで、出会ったときから、かなり運が強い人だなとは思いましたが、ホントに。

・・・・・

運が強い人は、まず明るいです。

あと、けっこうおしゃべりな人が多い感じがしますし、気さくな人が多いです。

で、わりと落ち着いていて、雰囲気があります。

関係は薄い感じで、あんまりしつこくない人が多い気がします(が、しっとりとお付き合いすると、底はパワフルな感じもあります)。

それで、見た感じは普通です。

が、いろいろ聞くと、とてもありえないような経験をいっぱいしています。考え方は、ちょっと普通の人とは違うようにも思えます。

そういった人を探して、お話を聞いてみると、何かしらヒントがあり、自分の人生が潤います。

(もちろん、ただ聞くだけじゃなくて、わたしもわたしなりにいろいろなものを提供させていただいて、フラットな感じでお付き合いできるようにはするのですが)

・・・・・

西田文郎さんという方のご本とかに、運のことが書かれた本が多いのですが、一読をお進めします。自分が成功できるか、幸せになれるか、読めばすぐにわかると思います。

「運のいい人とだけ付き合う」と間違いなく、運がよくなるようです。

(斎藤一人さんの本でも、運について言及されていることが多いですよ)

ただ、ダラダラと昔から知っているというだけで、愚痴を言いながらお酒を飲むお友達ではなくて、一緒に時間を過ごす相手を「運」という切り口で見ると、おもしろいかもしれません。

・・・・・

参考にできる方は参考になさって下さいね!
[PR]
by akitabijin1 | 2010-03-24 18:05 | 人生

Twitterでポジティブ思考に!

こんにちは、秋田です。いつもこのブログをお読みいただきまして、誠にありがとうございます。

本日は「Twitterでポジティブ思考に」という小話です。

・・・・・

ポジティブ思考になるには、ポジティブな方や自分が尊敬できる方とやり取りしたり、その方の本やブログを読んだり、CDやDVDを鑑賞したりすることがいい、というお話を、もう何度もさせていただいているかと思います。

「本当に悩みをなくしたい」「本当に○○さんのようになりたい」と思うのであれば、絶対できるはずです。簡単なことですから。

それと同じようなお話として、本日はTwitterをおススメしたいと思います。

Twitterは、私が今さら解説するまでもないのかもしれませんが、何といいますか、ブログの短い版みたいなもので、ある人がWeb上でひと言ふた言「つぶやく」ものです。

鳩山由紀夫首相とか、オバマ大統領も使っていますよね。

・・・・・

私がおススメするのは、あなたがご自分で尊敬できる方のTwitterを探して登録し、折に触れ眺めることです。

Twitterはよりタイムリーなので(「15分前に更新しました」みたいな表示が出ています。リアルですよ)、よりあなたの尊敬する方に近い時間でその考えを知れると思います。

私も大前研一さん(経営コンサルタントの大家)とか、堀義人さん(グロービス・グループ代表)、三木谷浩史さん(楽天会長兼社長)などのTwitterを探してきて、ときどき読んでいます。

大前さんのTwitterより、

「与えられた仕事は、文句をつけたり拒んだりすべきではない。すべてはチャンスだ。せっかくイヤな仕事をやり遂げるのだから、自分は必ずノウハウを手にしてやる、と心に決めて取りかかっていけばいい」

今から4時間前のつぶやきです。

「もし「そのうちに」やりたいことがあれば、今、そう今の今やりなさい」

20時間前のつぶやきです。たいへん刺激になります。

短いので、空き時間30秒でも読めますので、いいですよ。時間を有効に使えます。

・・・・・

私の場合は、行動力のある思想的にマッチョな男性が好きなので、それで勉強させていただいておりますが、

女性の方であれば、女性のリーダー格の方も、そのうちTwitterを始められるかと思いますので、チェックするのもいいかと思います。

ちょっと気分が乗らないときは、30秒Twitterを見て、また乗せる。

繰り返し繰り返し、自分をポジティブに乗せていって、日々を素晴らしいものにしていきましょう。

追記

英語の勉強にもいいかもしれません。

BarackObama(オバマさんのTwitterです:2/28日のつぶやき)

Congratulations―to all the athletes who competed in the 2010 Winter Olympics―and to the American team for their inspiring performances.

(おめでとう! 2010年の冬のオリンピックで戦ったすべてのアスリートたちへ。そして、彼らの人を奮わせるパフォーマンスを支えたチーム・アメリカへ:秋田訳・間違っていたらごめんなさい)
[PR]
by akitabijin1 | 2010-03-09 13:56 | できごと

DeNAの南場智子さんに学ぶ女性の強い生き方

こんにちは、秋田です。

本日は、私としては興奮冷めやらぬ、南場智子さんのお話です。

・・・・・

南場智子さんをご存知でしょうか?

DeNA(ディー・ネヌ・エー)という会社の社長さんで、DeNAはモバオク、モバゲーなどのサービスを提供している会社です。

私は、南場さんの伝記(?)のような記事を今から約10年前に読んだことがあって、そのとき以来のファンです。

「南場さん、カッコイイ! そうだ! 経営学修士(MBA)に経営コンサルタントだ!!」

と強く感銘を受けて、当時シコシコと大学院の受験勉強をしていたわけですよ。

それで、念願かなって、日本型ではありますが無事に経営学修士をとって、今に至ったりします。

要するに、当時、強い影響を受けた方のお一人です。

・・・・・

その南場さんが、久しぶりに講演をされるというので、出かけてまいりました。「起業のすすめ」というタイトルだったのですが、いろいろと感動した内容がいっぱいありました。

・(経営には、おそらく人生にも)Impactがあることが大切
・自分が世界に通じる企業をつくることによって、それに続く人にその姿を見せる
・事業も、利益も成長することがスキ
・(間接的に)日本人の考えを変えたい

というようなことをお話されていて、新しい女性リーダーだと思いました。

それで、女性の起業家は、わりと小さめの会社で、社長本人がマスコミに登場して、それなりに本人も会社も商品も売れていくというパターンが多いように思いますが(もちろんそれを云々いうつもりではございません)、

彼女の場合は、何と言いますか、そういった限界が果てしない感じがしました。男性でも、ああいう考えで生きている人は少ないと思います。

・・・・・

私がひとつ衝撃的だったのは、「経営コンサルタントというお仕事は、起業にはあまり役に立たない」というお話で、

要するに経営コンサルタントは、自分でリスクを犯さずに、素晴らしい提言をすることがお仕事ですが、

起業家は素晴らしいアイディアだけでなく、そのリソース(お金とか、人員とかですね)とか、社内の人間関係とか、そういったことまで、気を遣わねばならないとか、

どっちかっていうと、アイディアより実行力が大切で、自分の理想にどう現実を近づけていくかという力技が問われるとのことでした。

あと胆力(たんりょく)といいますか、要するに神経の太さ、精神の強さというものですね。これも大事だということです。図太いってことです。

・・・・・

無理やり恋愛に結び付けてしまいますが(笑)、恋愛でも「男性をあーでもない、こーでもない」と評論しているうちに、「なんだ、結局、世の中にいい男はいないんだ~」と諦めてしまう女性も多いように見えますが、

「私の理想の男は○○なので、今の彼は、今のところは少し○○に足りないけれど、いずれは彼をその理想に近づけるように教育して、どんな女性も振り向くような男性にしてみせる」

という女性もいます。これ、起業と恋愛というテーマは別ではありますが、南場さん的恋愛(!?)といえるかもしれませんね。

いまは草食系のM型の男子が多いですから、こういったことはやりやすいと思うのです。

死なない程度に鍛え上げてやって下さい(笑)。

・・・・・

ということで、ちょっと脱線しましたが(いつもごめんなさいね)、自分なりに尊敬できる女性のリーダーを探して、ウォッチしておくのもいいかと思います。

私もこの講演を拝聴したあとで、ここ2日ぐらいたいへん調子がいいです。

「オレにできないことはない!」ぐらいの勢いで、今日も「新しい世界をつくろう」という意気込みで生きています(笑)。

まあ、何日かすると消えちゃんですけど、とりあえずはこれでもいいのではないかと思ったりします。

今日も一日、がんばっていきましょう!
[PR]
by akitabijin1 | 2010-03-08 10:25 | できごと

本日は、ムダ話ですが・・・

こんにちは、秋田です。

本日は、皆さんとは何にも関係のないお話で、ぜんぜんお役に立たない小話です。ごめんなさい。

・・・・・

このあいだ、夕刻の総武線のとある駅におりました。

私がお腹が空いたので、とある生クリームのパンを買って、その売店の前でむしゃむしゃ食べ始めたところ、

私が買ったパンとおんなじものを買った女性がおりました。

(あれ! 見た顔だな・・・)

と思って、よく見たところ、今から8年ほど前に、私が(直接告白はしていないのですが、間接的に?)振られた女性であるとわかりました。

しかし、この広い東京で、この場所でおんなじパンを買うとは!?

その女性も、私とおんなじように、私のとなりでパンを食べ始めたのですが、気づかない?

「何か、知った人かな?」

というような顔で食べているのですが(笑)。

・・・・・

私は、

(1)「やー、お久しぶり」といって、楽しくお話した。
(2)そのまま無視した。
(3)ゆっくりと逃げ出した。

どれでしょう(笑)?

・・・・・

人には「積極的に」とアドバイスをする私ですが、今回は(3)でした・・・

が、私が食べながら電車に乗ったら、彼女も食べながら乗ってきました(別のドアのところに)。

女性って、あんまりそういうことしないでしょう?

そういうところが、なんか好きだったのですが・・・いま思えば。

彼女もすでに結婚されているというお話は聞いておりますし、ちょっと悪い感じで終わった恋なので、今さら話をされても嫌だろうかな?と思ったりして。

お子さんがいる感じに見えなかった(ぜんぜん昔と変わりなかった)ので、子どもの話もできないだろうし、今さらどこに勤めているのかを聞いたところで、どうなるもんでもない。。。

昔だったら、必ず声をかけて話したとは思うのですが(あと悪い記憶をいい記憶で塗り替えるのが、私の主義・・・)。

みなさんは、こういったとき、どうされますでしょうかね???
[PR]
by akitabijin1 | 2010-03-04 10:36 | できごと


つぐみ恋愛相談所の恋愛コンサルタントが日々の中で気づいたことを綴った日記です。


by akitabijin1

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
恋愛
人生
こころの健康
出産・育児
できごと
Twitterつぶやき集
告知
自己紹介

以前の記事

2012年 12月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 02月
2005年 06月
2005年 05月

フォロー中のブログ

野性の勘で恋せよ乙女!

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧