<   2010年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

自分をモチベートする方法をストックしよう!

こんばんは、秋田です。

今回は「自分をモチベートする方法をストックする」というテーマでお送りします。

・・・・・

私も、人生、多少嫌な気持ちで過ごすときがあります。

この間は、保育園の役員に立候補したのですが、我が家ではない方がいいと皆様お気を遣っていただきまして(ホント皮肉ではなくて、私たちの長女が小さいので、役員をやらない方がいいというアドバイスでした)、

役員になれませんでした。

「誰もやりたがらないから、せっかくやろうと思ったのに・・・」
「新しい経験が積めるとワクワクしていたのに・・・」

とちょっとガックリしてしまいました。

・・・・・

また、小学校のころに最終回を見逃して心残りになっていた「超時空世紀オーガス」をネットで探して見たのですが、その衝撃のラストに、

「えっ、何? この終わり方は、何とでも解釈できるじゃない? 幸せになったの? 消えちゃったの??」

と心痛むこと3日間です。こんなことはめったにないので、かなりショックだったのだと思います。

(すみません、今日の例はバカバカしいかもしれません。自分でもそんな気がしてきました)

・・・・・

さて、上記のように人間いろいろテンションが下がるわけですが、そんなときには、

「これをやれば、必ず自分のテンションが上がる。自分をモチベートできる」

という方法をいくつか作ってストックしておくといいと思います。

・・・・・

役員になれなかったその日、私は嫁さんとお寿司屋さんのランチをガッツリ食べました。

私はお寿司がとても好きなので、中トロの鉄火丼をお腹いっぱい食べて(余談ですが、そこのお寿司は本当にうまい)、お昼を食べたら、気持ちもスッキリしてしまいました。

トロが舌に溶けるあの瞬間を思えば、役員になれなかったこともたいしたことではないような気がしてきました。

・・・・・

また、「オーガス」は、後日いろいろな人に、そのエンディングについて話して、解釈を求めました。

(私の説明のせいか、私に気を遣ってくれたのかわかりませんが)おおむね「いい終わり方なんでは?」という意見を聞いて(多数決ですかね・笑)、

あれはいい終わり方だったということで、自分を納得させました。

また、10回ぐらい(10日ぐらい?)最終シーンを見ることで落ち着いてきて、あの感情が冷静さを欠いていたことに気が付いて、いまは無事に克服しました。

・・・・・

ちょっとしょうもない例ですみませんでしたが(何か悪いことを探そうにも探せなかったので)、

要するに、私の場合は、

・おいしいものを食べる
・人に意見を聞く(多数決)
・繰り返し悪いことを考えてみて冷静になる

他にも、

・眠る
・どこかに行く
・映画をみる
・子どもたちを遊ぶ(特に6ヶ月の長女とお風呂に入ると、インパクトが大きい)
・学校に通う
・本屋に行く
・美しい女性とお話する

といいということがわかっています。

けっこうサラリーマンだと、飲みに行く人が多いみたいですよね。それもいいと思いますよ。

・・・・・

まあとにかく、困ったときに「困った困った」するんじゃなくて、平時に、気分がいいこと、自分をモチベートできることを探しておいて、

ショックを受けたときには、それをさっさとやって、早目に気持ちを切り替えるようにするといいと思います。

「備えあれば憂いなし」

というやつでしょうか? 参考にできる方は、いろいろ探してみましょう!
[PR]
by akitabijin1 | 2010-02-25 18:18 | 人生

子どもの楽しみ方

こんばんは、秋田です。

本日は、子どもの楽しみ方をお送りします。

・・・・・

私の長男が最近、おかげさまで3歳になりました。

ここまでいろいろありましたですよ。

他の人のお話を聞くと、ウチの子はそれほど手はかかっていないようですが、でも嫁さんもいろいろな苦労があったと思います。

また、さまざまな方に助けていただきました。本当にありがたく思っております。

それで、みんなに助けてもらっているのですから、長男には楽しませてもらおう、それぐらいはやってもらおうと思っています(笑)。

ということで、私が長男を使って(?)楽しんでいることを書かせていただきます。

・・・・・

小さいうちは、ホント不謹慎な言い方で恐縮ですが、ペットちゃん的な楽しみがありました。

おトイレも、お風呂も、寝返りもできなくて、私のことすら理解できているかどうかわからないとき(生後3ヵ月ぐらい)は、

ホントお世話すること自体がおもしろかったです。何とかして優しく接すると、スヤスヤ眠ってしまったりして・・・。ウンチも無表情でするし(笑)。昔飼った小鳥のヒナを思い出しましたよ。

生後半年ぐらいで笑顔が出るようになると、そうですねえ、昔、親戚で飼っていたワンちゃんみたいな感じで、

ミルク(母乳)をあげると無心で飲んだりしますし、ウンチをすると(おそらく気持ちがいいので)ニコニコしているわけです。こっちは拭いたりするのがたいへんなのですが・・・

私を見ると、親しげな感じで反応するようになります。

・・・・・

そのうち話せるようになると、私のことをよく認識してくれて、私が出かけるとなると「一緒にいく~」と泣いたりして、

そうですねえ、生後1年から2年ぐらいですと、まるで舎弟といった感じですかね(笑)。

「ママにナイショで、ジュース飲もうな、ナイショだぞ」と私が言うと、「ママにはナイショだね」とニコっとして、二人でブドウジュースを飲んだりとか(笑)。

すみません、、、喜ぶので、ホントは我が家では禁止のはずでしたが、嫁さんにナイショでチョコをあげたこともありました。

・・・・・

で、2歳以降から現在までは、私の言うこともかなり理解してくれたりして、一緒にラジコンをやるとか、英語の歌を歌ったりとか、仮面ライダーで戦うとか、歳の若いお友達といった感じです。

ホント楽しませてもらっています。

どうでしょう?

あんまり楽しそうじゃないですかね? 私はすごく楽しいのですけどね!

・・・・・

それで、親の新米である私がアドバイスさせていただくのも何ですが、子どもは成長が早いので、その役割の変化に驚かされます。

上のような私と長男との関係でも、ヒナ鳥→ワンちゃん→舎弟→若いお友達という感じで変化してしまっています。

よく、「子育てはあまり手を抜かない方がいい、その子のステージは一生で1回しか見れないのだから」と言われますが、

いまは言わんとしていることがよくわかります。

私も、ほぼ毎日、一緒にお風呂に入って一緒に眠るぐらい、子育てには力を入れているつもりですが、それでも見落としている部分がいっぱいあるのだと思います。

よく驚かされますよ、「あーた、どこでそんなことを覚えたの?」みたいな・・・

「1言って、10返ってくる」みたいな、子どもは才能に満ちていますよ。私もそうだったはずなんですけどね(笑)。

・・・・・

・・・ということで、子育ては、本当に楽しめることが多いと思いますし、自分のやったことがすべて跳ね返る、とても自分にとって挑戦的な試みでもあります。

これからベイビーを産む方、すでにパパ・ママの方、お互いたいへんなところも多いですが、最初で最後の大事業に、楽しんで取り組みましょう!
[PR]
by akitabijin1 | 2010-02-24 18:11 | 出産・育児

『40女と90日間で結婚する方法』

こんばんは、秋田です。

本日は、短いです。すみません。

このあいだ、恋愛の勉強のため『40女と90日間で結婚する方法』というDVDを見ました。

市原隼人さんという方(すみません、はじめて見た方ですが、いい男ですね!)と飯島直子さんが主演の携帯電話で見れるドラマのDVDであったようです。

1話10分ぐらいですかね。短いので見やすいですよ。

私が見た感想ですが、やたら「40女」「40女」と登場人物が連呼しているのですが、要は今はやりの「アラフォー」ということをテーマにしているからでしょうね。何かみんなの口調が失礼で、見ていてちょっと・・・と思うときもありました。

でも、当たり前ですが、40代の女性で魅力的な方も多いですし、逆に20代でどうしようもない人もいます。ホント年齢ではないように思います。

・・・・・

ただ、ドラマのせいか、実際の恋愛がそうなのかはわかりませんが、あれほどきれいな女性でも、人によっては年齢で気弱になったり、実際にハンディになるような雰囲気も社会にはあるのかもしれません。

ですから、まあ社会に何か言ってもしょうがないとは思いますが、そういった雰囲気を変えていくのと同時に、いざそういった雰囲気に飲まれないためにも、早目の婚活が先手必勝ということで良いのかもしれません。

ストーリーはちょっとありえないので、ここで使われているテクニック(?)をそのまま使うと危険だと思いますが(特に男性。「40女にはこう攻めろ!」みたいなことが少し言われていますが、あんまり現在の恋愛事情に詳しくない人が書いたような感じを受けます。こんなに単純じゃないです。私に監修させていただければ・・・なんて、そんな話はないか・・・)、

元気が出るという意味ではいいドラマだと思いましたので、純粋に楽しみたい方にはお勧めできると思います(ラストはさすがに私も嫁さんもビビった・・・、そこまでするかと・・・)。

追記
『10日間で男を上手にフル方法』をうまく設定を変えてつくった映画という感じでしょうか。タイトルのロゴも似ていますし、最終話でも主人公の彼がそんなことを言っていました。イメージわきます?
[PR]
by akitabijin1 | 2010-02-22 18:17 | 恋愛

弱音はいいが愚痴は言うな!

こんにちは、秋田です。

本日は、弱音(よわね)と愚痴(ぐち)についてちょっと考えてみたいと思います。

・・・・・

私は、ありがたいことに、何と申しますか、相談事を受ける場合が多々あります。

私のキャパシティからすると、ホント多くのご相談をお受けしています(「私のことを書かれた!」なんて思わないで下さいね。はっきり言ってそういう少ない数ではありませんので)。

それで、そういったご相談には、2つのタイプの人がいることに気づきました。

・弱音を吐く人
・愚痴をいう人

です。

・・・・・

私は、弱音については応援したいですが、愚痴は正直あまり好きではないです。

なぜそう思うのか?

ちょっとお話したいと思います。

・・・・・

辞書によると、

よわ‐ね【弱音】
力のない物言い。また、意気地のない言葉。「―を吐く」

ぐ‐ち【愚痴/愚×癡】
言ってもしかたのないことを言って嘆くこと。「くどくど―を並べる」

というのが、正確な意味だそうです。

・・・・・

さて、上記を勘案して、秋田の定義を書きますと、

弱音→単にいろいろな意味で元気がないときに出る言葉。
愚痴→(1)自分でどうしようもないことを嘆くこと。(2)いつも同じ悩みを言っていること。

です。

この違いおわかりでしょうか?

・・・・・

私が少しご遠慮したいのは、明らかに愚痴の(1)で、それはなぜかというと、私が答えようが答えまいが、あまり影響がないことだからです。

どうしようもないことに対して私が意見を言っても何も変わらない・・・

これでは、正直、話す人も私も、生産的な時間じゃないです。

自分で努力しても変えられないことは、しょうがないです。もうあきらめましょう。

・・・・・

また、弱音かな?と思って、私がいろいろアドバイスさせていただいて、まあ私のアドバイスじゃなくてもいいんですけど、とにかくその人が何らかの実行というか、努力をしたのならいいのですが、

何もしないで、おんなじことを繰り返し言っている場合は、その人は愚痴を言っているだけ(愚痴の(2)です)・・・ということになります。

これは私も正直しんどいです。

(正確にいえば、私がそのことによって悩むことはないですけれども。その人が自分で変えられないことを、赤の他人の私が悩む必要はありませんよね。自分で解決するしかないです。しょうがないです)

・・・・・

さて、私はとても幸せなので、そういった愚痴を聞いてもぜんぜん構わないのですが、やはり皆さまにも覚えていただくといいかと思いましたが、

「愚痴は単なる時間のムダで、話された人も時間のムダ」

ということです。

ご自分のためにも、他の人たちのためにも、もう止めるようにしませんか。

・・・・・

逆に、弱音はいいと思います。人間、ときには弱くなることはあるでしょうし、私もたまにこういったことを言うことがあります。

それは感情のお話ですから、波もあるので、たまにはしょうがないと思います。

これは、余裕がある人が聞いてあげて、みんなで盛り上げよう!

・・・と思います。いかがでしょうか?

・・・・・

まとめますと、「弱音はいいが愚痴は言うな!」ということです。

参考にできる方は、参考になさって下さいね。

・・・・・

追記

私は「愚痴を言ってすみません」と言われてご相談を受ける場合がありますが、私の理解ですと、多くは弱音だと思われますので、少しでも盛り上がるようにと、いろいろ助言(?)させていただいております。

が、中にはホント何の努力もしないで5年悩んでいるとか、毎回同じことを言う人もおります。これは、正直、まわりに毒を振りまいているのと同じように思いますので(私のように相談慣れをしている人ならいいのですが、そうでない人は、本当に自分のことのように悩んでしまう人もいます。これはかわいそうです)、やはりその毒は自分だけで飲んで欲しいと思います。

どこかで読んだ格言ですが、「愚痴を言う人は悪魔の死者だ」という言葉があります。せっかく私たちはこの世を天国にしたいのに、どんどん毒を振りまきます。困ったものです。
[PR]
by akitabijin1 | 2010-02-19 18:15 | 人生

婚活おすすめの本

秋田です。本日は短いです。すみません。

山田昌弘さん・白河桃子さんの『「婚活」時代』という本はご存知でしょうか。

何かちょっと手にとって読んでみましたが、いまの婚活事情が詳しく書かれていて、たいへん勉強になりました。

私の恋愛コンサルタント経験から照らし合わせても、おおむね正しい記述だと思いました。

何でいい男がいなくなっているのか、結婚できない人の特徴はどうなのか、などの部分がいいと思います。

本当は詳しく書きたいのですが、詳しく書くと嫌われるので(笑)、彼らに代弁していただけるとありがたいです。

・・・・・

白河さんの部分は、女性が女性に伝えるせいか、あるいは、ジャーナリストとしての文体のせいか、彼女の性格のせいか、よくわかりませんが、

秋田が言いたくても言えないような内容がかなりズバっと書かれています。

私は読んでスッキリしましたが、人によっては厳しいと感じるかもしれませんね。

でも、まずは事実を直視するところから、すべての行動はスタートすると思います。

ぜひお読みいただければと思います。

(amazonでは中古品が1円+送料340円から売っていますよ)

参考にできる方は、参考になさって下さい。
[PR]
by akitabijin1 | 2010-02-18 10:21 | 恋愛

本当の親孝行は孫だった??

こんばんは、秋田です。

本日は、親子間の話といいますか、孫の話といいますか、そんなお話(どんなだ! すみません)です。

ちょっと長いかも・・・

・・・・・

親と子、、、。

私は、親と子はわかりあえると思っていましたが、そんなことはないようです。

前にご紹介した斎藤一人さんの講演会でも、

「親と子だから、わかりあえるじゃないんだよ。親と子だからこそ、わかりあえないんだよ。わかりあえる親を持った人は幸せだよ」

というお話がありました。

・・・・・

それで、私はけっこう親とは仲がいいので、

「あーラッキーだった、いい親で。オレって本当についてる!!」

とは思うのですが、それでも、

「何でわかってくれないのかな?」

と思うことがたまにあります。

・・・・・

それで、そういうこともたまにあるのですが、私が毎日電話すると、(「毎日だからいけないのでは?」という嫁の鋭いツッコミもありますが)けっこうぶっきら棒で、愛想がない日も多いです。

「こちとら親孝行だと思ってやってるんだ!」

と怒りたくなることもたまに・・・

が、そんな不機嫌な親に、私の息子から電話させると、急に上機嫌になるのです。

これが不思議です!

それで息子から電話を私に貸してもらうと、元の不機嫌に戻ったりして(泣)。

要するに、孫はかわいいのですね。

・・・・・

それで、簡単に原理をお話しますと、

親からみて自分の子どもは、自分が若くて忙しいときに生まれるし、ある意味、お金もなかったりしますので、とにかく余裕がないし、責任は重いので、それほど落ち着いてみれないようなのです。

が、孫となると、自分はそれ相応に余裕ができて、金銭もそれなりにしっかりしているので、落ち着いてみれる。しかも、自分には責任はないので、いいところだけを取っていくことができる。

だから、まるでペットを慈しむような感じで、孫をみれるのだそうです。

ですから、自分の子には歳を追うごとに無関心になっていきますが、孫は歳を追うごとに関心が出てくるようですね・・・

・・・・・

それで、私は、昔は「どんどんいい学校に入って、どんどん稼いで、親が誇りに思えるような子になろう」とがんばったものですが、

今は、親も、正直、私が何をしているかはあんまり興味がないようで、それよりは孫が保育園に入っただの、英語で歌が歌えるようになっただの、そういうことに、

「たいしたもんだ!」
「かしこい!」
「かわいい!」

と大絶賛なのです。

・・・・・

よく「親孝行したい」という方がいらっしゃいますが、その心がけは、今の時代、たいへん立派だと思います。

が、よくよく私が考えるに、子のあなたが一生懸命に親孝行しようとするよりも、孫をあずけて、孫に祖父母孝行をさせるほうが、数十倍効果があるようです(いや、数百倍か??)。

・・・・・

今度、ウチの叔母さんに孫が3人一気にできます。

今は一人なのですが、一気にウチが抜かれてしまいます(ウチは私が一人っ子なので、私たち夫婦だけで2人の孫:叔母さん家は子ども3人で4人の孫)。

「うーむ。ウチの親がうらやましそう・・・。ウチも昨年8月に女の子が生まれたばかりなのだが・・・」

ということで、一人っ子である自分を悔やみます(まあ、ある意味、ウチの親のせいだよね)。

3人目かあ・・・これはちょっとハードルが高いな・・・ってな感じですが。

・・・・・

今日はたいへん長くて、ムダ話をしてしまいましたが、まとめますと「本当の親孝行をするなら孫を見せるべし」というお話でございました。

参考にできる方は、参考になさって下さいね。
[PR]
by akitabijin1 | 2010-02-08 18:12 | 人生

夢は叶わない?

こんばんは、秋田です。

今日は、少し前に知った、私にとって衝撃(?)の話をしたいと思います。

「夢は叶わない」んだそうです。「なるほどなあ・・・、深いなあ」と思ったお話です。

・・・・・

斎藤一人さんという方がいて、銀座まるかんという会社の大社長さん(と呼ばれています)で、

日本人の過去の納税者で最も税金を払った人と言われています。

確か個人で、1年に20億円とか、とてつもない金額を払っている方です。

このブログでもご紹介しましたが、ある意味、私の心の師だと勝手に思わせていただいております。

それで、その方が本をたくさん出されており、多くはCDつきの講演内容で、100回聴くと幸せなるといわれています。

・・・・・

私も正直、今のようなメンタリティになったのは、一人さんのおかげともいえます。

以前、斎藤一人塾というところに入って、毎月CDを100回聴いていました(これは、修了できず・泣)。

・・・・・

さて、その方のお話で、「夢は叶わない」という内容があり、前から「何で? 夢は叶うじゃないの?」と思っていましたが、

このあいだ、一人さんの本を読んでみて、何で「夢が叶わない」のかわかりました。

・・・・・

要するに、「夢」は、昼でも夜でもいつでもいいのですが、「見る」ものだということです。

それで、「叶う」のは、「目標」だということです。

・・・・・

私も思えば、「夢」ということで、いろいろあーでもない、こーでもないといつもいっていますが(笑)、確かに叶ったときは、「目標」のレベルまで落とし込んでいたときでした。

つまり、より現実的にそのやりたいことを落とし込んで、日付(期限)を決めたり、やり方を考えたり、達成するまでの道のりを話せるレベルまで具体化したときに、

バイーンと叶っていたのです。

それで「○○ならいいな」ぐらいでは、やっぱり効果が薄いような・・・そんな印象があります。

それでも夢が叶うときもありますが、それは本当に幸運としかいいようがない出来事で、ある意味、自分の実力を超えたところなので、もちろん感謝は致しますが、いつも期待しているわけにはいかないのです。

棚からボタ餅はそうは起こりませんからね。

・・・・・

ということで、まあ、強制はできないのですが、夢はあくまで夢で、本当に叶えるのは目標だということで、

今後、私は行かせていただきたいと思います。

私の知っている人でも、夢多き人は、あんまり成功してませんね(笑)。

やはり目標多き人が成功しているようです。冷静に考えれば、そうでした!

・・・・・

単なるプラス思考だけでは成功しないというお話とも整合的だと思います。

目標は、単たるプラス思考だけじゃなくて、やはり厳しい部分(マイナス面)も考慮するからこそ、妥当性が出てきて、より具体的になっていくものだからです。

まあ、ホント皆さんに認識を変えてもらおうなんて大胆なことは思っておりませんが、私は今後、そういう感じで、がんばりたいと思います。

夢、改め(正確には)目標を叶えましょう!
[PR]
by akitabijin1 | 2010-02-03 18:44 | 人生


つぐみ恋愛相談所の恋愛コンサルタントが日々の中で気づいたことを綴った日記です。


by akitabijin1

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

カテゴリ

全体
恋愛
人生
こころの健康
出産・育児
できごと
Twitterつぶやき集
告知
自己紹介

以前の記事

2012年 12月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 02月
2005年 06月
2005年 05月

フォロー中のブログ

野性の勘で恋せよ乙女!

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧