<   2009年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

あなたの恋愛を採点する!

こんにちは、秋田です。

本日は「あなたの恋愛を採点する」というお話です。

・・・・・

ものごとにいいモノと悪いモノが必ずあるように、恋愛にも「いい恋愛」と「悪い恋愛」があります。

ですから、恋愛をすすめる私がいうのもなんですが、「ただ恋愛していればいい」というわけではありません。

では「いい恋愛」と「悪い恋愛」をどう見分けるか?

そんなお話をこれからしたいと思います。

・・・・・

結論をいえば、1人でいたとき、あるいは前の彼氏・彼女といたときと比べて、あなたが何を得ることができたかをじっくり考える。

すると、得られたものが多ければ多いほど、いい恋愛であり、失ったものが多ければ多いほど、悪い恋愛である。

と考えてみるといいかと思います。

・・・・・

例えば、私の場合、今の嫁さんとお付き合いした約6年前とそれ以前の6年を比べると、

断然、今の嫁さんと過ごした日々で得られたことが多いです。

知識やスキルもそうですし、収入や人脈、家族、それから精神の安定など、本当にいいパフォーマンスが得られました。

ですから、この恋愛は、私を大きく伸ばしてくれたともいえ、今現在では成功である、今まではとてもいい恋愛であったといえます。

・・・・・

逆に、学生時代、今の嫁さんと同じぐらい好きであった(と今も考えられる)女性がおりましたが、その女性と過ごした時期は確かに楽しかったのですが、

私自身、伸びたもの、得られたものが、今数えてもかなり少ないのです。

いわば、楽しいだけの「堕落する恋愛」を過ごしてしまったといえるでしょう。

(これは、別に彼女のせいではなく、さまざまなタイミングや私のせいであることが大きいです。ですが、誰のせいということは別としても、結果としてみると、やはり悪い恋愛だったと考えざるを得ないです)

・・・・・

さて、あなたの恋愛はどうでしょうか?

彼とお付き合いして、

・精神の安定が得られた
・収入その他なんでもいいのですが、何かが明らかに増えた、向上した、よくなった

というのであれば(期間はお相手とお付き合いして2ヶ月ぐらいでも判定は可能です)、お相手への多少の不満は置いておいても、お付き合いを続けるといいと思います。

なんだかんだいっても、幸福の青い鳥は、きっと彼の頭上にいますよ(笑)。

・・・・・

ところが、彼とお付き合いして、

・いろいろヤキモキする(悩みが増えた、精神が不安定になった、悲しくなった)
・なんでもいいが、とにかく減った、悪くなった

というのであれば、それはあまりいい恋愛ではないのだといえます。

あるいは、楽しいだけで進歩や向上がないのも、ある意味では、堕落した恋愛ともいえるかもしれません。

芸能人なんかでいますよね。せっかく結婚したのに、だんなさんの浮気で悩んで、芸能活動に支障をきたした方とか(Y田A希子さんなんか、そうでしょうかね)。

あるいは「今だけ楽しければいい」という感じかどうかはわからないですが、ともかくクスリをやってしまって、芸能人という地位を失いかけた方もいます(S井N子さんとか)。

・・・・・

どうでしょうか?

それで、明らかに悪い恋愛なのに別れられない、悪いお相手でも別れると淋しいと思う人は、ある意味、恋愛以外で何かトラブルがあって(それはコンプレックスかもしれませんし、対人関係かもしれません)、

そこに目をつぶって、恋愛でごまかそうとしているのかもしれません。

これを続けると、今うまくいっているように見える恋愛でも、いずれ悪い影響が出てきます。

ですので、そこらへんのトラブルは早く自覚し、早めに直すといいと思います。

すると、悪い恋愛が馬鹿らしくなって、さらにいいお相手とお付き合いできるようなことも出てくるのです。

これが恋愛と人生のおもしろいところです。

・・・・・

さて、最低限、自分のチェックをしたら、次は相手を調べてみましょう。

私の例ですが、嫁の橘も、私との出会い以前より、はるかに人生がよくなったはずですから、おおむね私たち二人はトントン、おあいこだと思います。

つまり私たちの場合は、自分たちでいってしまいますが(笑)、そこそこいい恋愛だといえるでしょう。

(そこらへんは、人様に指導させていただく立場なので、きちんと実践させていただいているのでございます)

・・・・・

が、例えば、あなたとお相手を比べて、あなたばかり取りすぎている(得られている、向上している、幸せになっている)、あるいは、逆にお相手ばかり取りすぎている場合は、

いわゆる「奪う愛」という、相手の犠牲によって成り立つ恋愛であり、

相手から奪い続けると、最後はおおむね破綻します。

・・・・・

長くなりましたが、

恋愛には「いい恋愛」と「悪い恋愛」があって、できたら「いい恋愛」を目指そうというお話で、

それは、一定期間であなたとお相手が得られた精神の安定さ、収入、スキル、家族などさまざまな向上したもので採点できる、

というお話でした。

参考にできる方は、参考になさって下さい。
[PR]
by akitabijin1 | 2009-11-30 14:14 | 恋愛

音楽でプラス思考のススメ

こんばんは、秋田です。

本日は短いです。ごめんなさい。

・・・・・

悩みやすい人、悪く考えるクセのある人は、何か行動をするとその悩みを忘れてしまうことが多いはずなのですが、

そういう人に限って、なぜか何もしない人が多いです。

(不思議です・・・ 時間があるから悩むのだろうと私は思うのですが・・・)

そういう人は、普段何もしていないときにも、脳を別の注意に向けるといいと思います。

・・・・・

もっとも怠惰な人がいいのは、音楽だと思います。

なるべくポジティブな人の音楽を集めて、ポジティブ音楽CDみたいなものをつくって、ガンガン聴きまくるといいかもしれません。

同じ歌手の曲だと、ポジティブな歌と悲しい歌なんかが混じってしまいますから、同じ歌手ではなくて、歌のポジティブさで(歌手はバラバラで)選ぶのです。

・・・・・

近年、Youtubeというサイトがありまして(みんなもうご存知ですね?)、これをReal PlayerというやはりWindowsに入っている(入っていなければ無料でゲットできます)無料ソフトでダウンロードして、

プロモーション・ビデオなどを観るといいかもしれませんし、

そういう観ることがめんどうな方は、そのダウンロードした映像から音だけをMP4という音楽ソフトに変換して(ネット上にはこれも無料ソフトがいっぱい落ちています)、

ipodで聴くなり、CDに焼くなりするといいと思います。

・・・・・

私もたまに自分専用のスペシャルCDを作って、3曲しか入っていないものを100回ぐらい聴くとか、懐メロみたいなもので青春期に帰ったりします。

(最近は、薬師丸ひろ子さんの角川映画の曲を聴いています。うわー、歳がわかるね・笑)

日本の歌謡曲は、恋愛の曲が多いので(しかも煮え切らない歌詞ばかり)、そういうものではなくて、私が好きだからご紹介させていただきますが、hitomiさんとか、B'Zさんとか、矢沢永吉さんとか、恋愛以外の上昇志向系の音楽なんかがいいと思います。できたら脳に刺さるような歌詞つきがいいと思います)

・・・・・

ともかく脳を動かさないと、悪いことを考える人はすぐに考えますから、

何かでごまかすといいでしょう。

お酒、タバコ、愚痴、クスリ(?)なんかより、音楽の方が絶対にいいです。

健康だし、タダだし、聴くだけならば、本当に簡単ですからね。

4倍速なんかにできるソフトも(タダで)あって、これで聴いていると、怠惰な自分を解消するどころか、逆に能力開発、有能な自分ができてしまいます(笑)。

参考にできる方は、参考になさって下さいね。

(追記:「タダ」を連発してお見苦しくすみません。私がケチということもありますが・笑、要はお金とかを言い訳にしないで、ポジティブになれるということが言いたかったんですよ)
[PR]
by akitabijin1 | 2009-11-25 13:41 | 人生

強い意志で借りを返せ!

こんばんは、秋田です。

今日はマッチョなお話です。

・・・・・

突然ですが、人生において、失敗は付きものですよね?

失敗にもいろいろあります。

経験不足もあるでしょうし、人から邪魔されたり、慢心したり、まあいろいろあります。

それで、そういったもので諦め切れなかったものを「借り」と呼ぶとすれば、

「借り」を返すことほど、気持ちいいものはありません。

(・・・というようなことを、嫁の橘つぐみにいうと、いつも「性格悪いね~」と言われますが、負けず嫌いなところも多少はあるんで・・・つまらないことですが、、、)

・・・・・

恋愛でいえば、昔、自分にとってはとんでもない辛く悲しい別れを経験せねばならず、まあ、私が悪かったんですが、振られてしまったわけです。

婚約するとか、そういったところの数歩手前まで行ったんですよね。

それで、しばらく心の闇になっていたことがあります。20代の中ごろのことです。

そのとき「いつか彼女を超える人と結婚して、幸せな家族をつくる!」という意志を持って、一生懸命コトに当たってきました。

ですから、結婚したときは、本当に晴れ晴れした気持ちになれたものです。

「借り」は返したぞと・・・

・・・・・

つぐみ恋愛相談所をつくったときも、「借り」を返した気持ちになれました。

私はその数年前に、当時は師と仰いだ、たいへん起業の能力の高い人と一緒に小さな会社をつくりましたが、

その師となった男性に取り入った女性と私が反りが合わなかったこともあり、追い出されるようなかたちで、私が辞めねばならない結果となりました。

いつか自分と志を同じくする人と、仕事はしっかりするがストレスの少ない会社をつくりたいと思っていました。

つぐみ恋愛相談所は、税金とか諸々の関係で、今は個人事業のかたちになっていますが、嫁さんと二人なのでたいへん仕事がしやすいです。

ここでも「借り」を返せた気がします。

(「こんな小さな個人事業で借りを返したつもりなの?」と言われると辛いところもありますが・笑、何とも個人的なことは、個人の納得感が大切です。今はそれなりに納得できているということです。私にとっては、これでいいのです)

・・・・・

最後は、英語(英会話)です。

わたくし、こう見えて大学のときは、ESSというサークルに所属していました。

「英語研究会」とか言うのでしたかね。まあ、とにかく英会話をするサークルです。

が、当時の私は、そのサークルになじめなかったように思います。

まあまあ先輩にも後輩にもよく思われていたようには思いますが、なにぶん、

・英語を強く話そうという危機感が自分になかった
・先輩・後輩で留年する人が多く、あまりそういった部分で好きになれなかった
・先輩・後輩で彼氏・彼女がいる人が極端に少なく、ちょっと問題だなと思っていた

こともあって、どうしても参加が滞って、実力が伸びず、3年生・4年生では、本当は英語の会議の議長役をやるぐらいでないといけないのですが、

かろうじて会議にヒラで出て、しかも2年生の人に4年生の私が英語ができないと馬鹿にされる始末。

わざと難しい単語で質問されたりして、当時仲の良かったお友達に守ってもらったこともあります。

お友達が、その2年生の人に「秋田さんにわざと難しい単語を使うのはどうか? それは形を変えたいじめではないか?」と英語で注意してくれたんです・・・

とまあ、ここだけ聞くと、いい友情で終わりのお話ですが、わたし4年生・相手2年生。どう考えても、わたしが悪いです。4年生なのにヒラで会議に出たりして・・・

本当は辞めて責任を取るぐらいのことです。

(が、1、2年生のうちにこのサークルで人間関係ができてしまったため、辞める勇気がない。何とまあ屁タレの私。昔は青かったです)

こういうこともあって、長く英語嫌いの原因になってしまいました。

ところが、昨年おおむね大学院などでの勉強が終わったことを機に、本格的に英語を学び始めたら(日本経済が弱くなって、英語ができないと今後どうなるのか強くわかり、強い危機意識が芽生えています)、今は何とか外国の方とやり取りできることができるようになりました。

私の英語力は、もちろん大学のときよりははるかに高く、当時私にいばっていた後輩よりも今はマシな英語を話せると自負しています(今会って、もう1回英語で会議したいです。絶対勝つと思いますって性格悪いですね)。

おそらく来年は、米国の大学でサーティフィケートを取れると思います。サーティフィケートが取れたら、私のように悩む人のために、とにかく安く学べる英会話学校を作りたいというのが、新しい夢です。

(「借り」どころか、「貸す」ところまで来てしまいました。でも、こういったことも「借り」を返したからこそ「貸す」ことができるわけです)

・・・・・

すみません!

何だか、今日は、私のトラウマ恨み節みたいな話になりましたが(ホントごめんなさい!)、私が本日強く言いたいことは、

失敗・屈辱・恥という辛い思い出などで、その後ずーっと悩んだり、トラウマみたいにしてしまうのではなく、

やはりそこの部分は腹の中に(病気にならないぐらいには)溜めておいて、10年でも20年でもいいので、悩むぐらいだったら「借り」を返すのはいかがかということです。

むしろ10年ぐらいかけて返した方が、返したときの美酒が格別なものですし、また「人生は素晴らしい!!」という当たり前の気持ちをじわじわと味わうことができます。

・・・・・

ちょっと不快になられた方、ごめんなさい。

「借り」を返し、嫌な失敗をぶっ飛ばしましょう!

参考になさる方は、参考になさって下さいね。
[PR]
by akitabijin1 | 2009-11-18 15:49 | 人生

はるな愛さんに学ぶ恋愛の下準備

こんばんは、秋田です。

本日はTVネタで恐縮ですが、「はるな愛さんに学ぶ恋愛の下準備」というテーマでお送りします。

・・・・・

はるな愛さん。

最近、話題になっておりますね。

「ミス・インターナショナル・クイーン2009」という、いわゆる“ニューハーフ”と呼ばれる方の世界大会で、見事に優勝しました。

二度目の出場での栄冠ということです。立派だと思います。

・・・・・

それで、私は3ヶ月になる娘をあやしながら見たので、ところどころ記憶があいまいな部分がありますが、

このあいだ、その模様がTVで流されていました。

TV番組は、本当かウソかわからないところもいっぱいあるのですが、けっこう学べるところも多いので、今回お話してみたいと思います。

恋愛にも役立つことがありましたよ~

・・・・・

学べるところその1)やれることはすべてやる

まず、これです。

はるなさんは、番組を見るといろいろと努力していました。

メイクでは、彼女の上唇がツンととがって見えるようにと、メイクのプロにメイクの仕方を教わっていて、

歩き方も、ファッションモデルの指導者に習っていました。

ミスコンというと、やはり見た目とファッションに注意が行きがちかと思いますが、女性らしいしぐさにも気を払い、

実際、それで審査中数人の美人に勝っています。

また、男性から女性になると、多くはツンとした感じの美人になるというのですが、それだと他人との差別化ができないわけです。

ですから、彼女はあえて「かわいらしさ」をウリにした作戦を立てます。

小物をかわいい系のモノにして、多くのクールな女性たちから、目立つようにしていたのです。

ここらへんは意見が別れるところかと思いますが、見た感じだけでしたら、彼女よりも美しい人もいたように思いますが、

トータルで見て、やはり女性として最も優れているのは、はるなさんだと思える・・・

それぐらいの細かい努力をしていたように思いました。

この姿勢は、皆さんの恋愛でも役立つかと思います。

メイクやしぐさ、小物などを凝ることによって、今まで以上に輝ける場合があります。

そして、それは本人だけでは気がつかないこともあります。

ちょっと恥ずかしいかもしれませんが、そういったことをお友達や、先輩・後輩などに相談して、自分が劣っていると思うところを改善し、やれることはすべてやるという姿勢がいいと思いました。

・・・・・

学べるところその2)傾向と対策を立てる

「私は私のままでいいんです」

というのももちろんありですが、やはり勝つことにこだわる場合、

ある程度、審査の傾向を読み取って、それに対策を取ることが必要になります。

上でも少し述べましたが、はるなさんは、他者と違うポジションに自分を置くことや、審査の基準とか、過去1回出場した際の失敗なども、きちんと分析して事に臨んでいます。

(過去の出場では、お化け屋敷での審査で、はるなさんと同じ組で回った人が、わざとはるなさんのタスキを破って、はるなさんをいらいらさせ、それに乗ってしまってはるなさんは大声で怒ってしまい、これが「女性的ではない」ということで栄冠がつかめなかったらしいのです)

繰り返しますが、

「私は私のままでいいんです」

は、もちろんぜんぜんOKなのですが、恋愛でいえば、やはりお相手になる男性の意向も多少はあります(もちろんすべてを聞く必要はないですが)。

そこらへんで、彼の傾向と対策を考えるのも、悪くはないと思います。

(モテる女性は、私もいいかどうかはわかりませんが、それなりに目ざといことをする・考える人も多いようですよ・笑)

・・・・・

学べるところその3)強い意志を持つ

はるなさんは、もはやタレントですし、仮にミスコンで優勝してもしなくても、それほどお仕事には関係ないようにも思えますが、

昔、お父さんから、

「女性になることは認めるが、だったらいちばんになれ!」

と泣きながら言われたそうです(15歳のときだったそうです)。

それで、そのいちばんというのが、彼女にとっては、ミスコンの世界大会で優勝することだったのですね。

ですから、必ずいつか勝とうと思っていたようです。

「勝つまでやる!」

というのは、絶対勝てる法則のひとつで、私もモットーにしておりますし、このブログでもずいぶん前ご紹介した考え方です。

彼女も考えは同じだったと思います。

1回ダメでも繰り返しやる。改善しつつやる。勝つまでやる。

恋愛でも同じかと思います。

(ただ恋愛の場合は、同じ男性に繰り返しやることは難しいので、同じような条件か、それ以上の男性にいずれは勝ってやる!という意気込みでよろしいかと思います。ここらへんはミスコンや試験とは違うところですが)

・・・・・

学べるところその4)運を見方につける

これは、やはり1~3を本気で実行していると、結果としてついてくるようなおまけですが、

はるなさんの場合は、例のお化け屋敷の審査において、今回もやはり男性チックな叫び声を上げてしまいました。

しかし今回の大会では、審査員はお化け屋敷には入らず、エントリーした人たちの写真の表情のみでの審査になったので、はるなさんの男性的な叫び声が聞かれなかったという幸運があったのです。

恋愛においても、偶然の彼との出会いや、まるでドラマのような出来事(運)が重なって結婚のきっかけになることがあります。

偶然の出来事は、まさにただの偶然に過ぎませんが、それを感じ取れる自分でありたいものですね。

・・・・・

うーむ、このお話。

できすぎな話なので、本当かどうかわかりませんが(笑)、

でも、志村動物園ではるなさんが出ていたシリーズのときを見ても、性格とか悪そうな気がしなかったような・・・

まあ、真偽はさておき(笑)、たとえフィクションでも学べることは学べるということです。

参考にできる方は、参考になさって下さい。
[PR]
by akitabijin1 | 2009-11-13 15:46 | 恋愛

絵本で精神をつくり直す

こんばんは、秋田です。

本日は、絵本で精神をつくり直すというお話です。

・・・・・

私ぐらいの人、おおよそ30代ぐらいの人とお付き合いすると、真っ先に気がつくことがあります。

それは、考え方が固まっているということです。

もちろん、私もさまざまなスタイルで凝り固まっており、他人様を非難できる筋合いはないのですが、

まあ、30代は学校を出て約10年ですから、おおむね新しいことも吸収しつくし、自分ができてくるといえましょう。

・・・・・

それで、いい意味で固まっている人は、それはそれで救いがあります。

幸せな家庭をつくって、すっかり親になっているお友達と会うと、

「お互いに子ども子どもって言って、昔を考えると何か変だよね」

などと、笑うときがありますが、

まあ、これはこれで仕方がないといいますか、進歩がない場合もありますが、まあ、いいほうかもしれません。

・・・・・

が、このぐらいの歳になっても、世間が悪い、親が悪い、先生が悪い、友達が悪い、という感じで、まるで世の中すべてが敵であるような凝り固まり方もあります。

また、ご自分(の所属)がいちばんで他は認めないとか、まあ、他にもいろいろありますが、とにかく一人でいなければならないような(誰にも慕われないような)、悲しい固まり方もあります。

・・・・・

それで、こういった方は本当に凝り固まっているので、今から私が言うことも実践されることはないとは思いますが、もし・・・

「確かに私って凝り固まっているかも」「人に対して信頼がないかも」「世の中を恨んでいるかも」「愛なんて信じないかも」

とお考えの方がいらっしゃったらば、私は、絵本を読んでみることをおススメします。

・・・・・

ホントの昔の童話(桃太郎とか、みにくいアヒルの子のようなお話)などは、けっこう単純な、そして、あまりに露骨な勧善懲悪がメインのお話なのでおもしろくないかもしれませんが、

ディズニーなどですと、お話も現代風なものが多いですし、関連するおもちゃなども買えますし、ある意味、世界的なお話ですから、知っていて損はないかと思います。

ディズニーランド、ディズニーシーなどでも、エピソードのお話できて、デートも盛り上がるという、いい副作用もあります。

・・・・・

私の場合は、2歳の長男が偶然理解できたこともあって、最近はディズニーの1冊420円の絵本を、毎日十何冊も繰り返し読まされていますが(笑)、

人を信頼すること、お友達の大切さ、人とそれ以外の生き物(WALL・Eであればロボットも!)との交流など、子どものころに培って、しかし大人になって失われた人間としての感情が蘇ってくるようです。

精神をちょっとだけつくり直すことができるように思います。

(単に疲れているところで、十何冊も読まされているので、洗脳されているともいえますが・笑、まあたとえ洗脳されたとしても、悪いお話ではないと思います)

・・・・・

「WALL・E万歳!」「スティッチ大好き!!」「マックイーンのラジコンが欲しい!!!」という感じで、かなりお金も遣っていて、ホント「ディズニー恐るべし」という感じではありますが(笑)、

けっこう、いいですよ~

おススメです!

(娘が大きくなったら、シンデレラの衣装で写真を取らないと・・・ またお金がかかるなあ~)

いやいや、別にディズニーじゃなくても、『おさるのジョージ』シリーズでもいいでしょうし(失われた好奇心がまた復活します!)、『100万回生きたねこ』でもいいと思います(このラストが衝撃! 改めて「愛」というものを知りました!!)。

本屋さんによっては、コーヒーを飲みながら読めるところもありますので、1日こもってみてはいかがでしょうか?

あまりゴチャゴチャしていないストーリーの分、私たちの心の底に訴えかけてくるものが大きいと思います。響きますよ・・・

・・・・・

参考にできる方は、参考になさって下さい。

何かが変わると思います。
[PR]
by akitabijin1 | 2009-11-10 17:41 | 人生

お金よりは性格が大切な時代へ

こんにちは、秋田です。

本日は、ちょっと暗くなるかもしれませんが、御一考いただきたい内容です。

最後には、いつものように恋愛のお話に結びつけますから、ご安心を(笑)。

・・・・・

いま日本の経済が悪化しているのは、ご存知でしょうか。

もちろん世間を見渡せば、けっこう旅行なんかにいらしている人も多いですし、家電とかも売れていますね。

ですから「不況どこ吹く風」というのもわかります。

ですが、おおよその経済指標などを見る限り、確かに日本経済は悪いようです。

・・・・・

それで、こんなことをいう人がいます。

「日本は危機的な状況になると、必ずみんな一致団結して立ち上がり、経済は復活する。日本人はすばらしい民族だ」

・・・私もそう信じたいですよ。

ですが、ある種、日本のトップクラスの学者、経営コンサルタント、エコノミストなどの意見をまとめますと、

・人口減少
・中国・インドの台頭
・日本人の能力の欠如
・政治・経済の古い仕組み

などによって、もはや日本経済が過去のように復活するのはほぼ絶望的と見られています。

・・・・・

それで、日本人の多くは、いずれ近いうちにお給料も下がって、それはそれは生活が苦しくなるときが来るといわれています。

私もそうは思いたくはありませんが、現在の数字などを見ると、そう予想できてしまいます。

・・・・・

さて、そういう意味で、お仕事でのお給料が高い安いなどという差は、徐々に消滅していくと考えられて、

実際、今年もボーナスが減ったりして、大企業・公務員と中小企業の収入の格差も、ずいぶん縮まっています。

退職金なども減っている企業が多いようです。

・・・・・

さて、そこで、いよいよ恋愛のお話ですが(笑)、

これから日本がゆるやかに沈んでいき、日本人みんなお金が取れなくなっていく中で、恋愛・結婚するお相手の彼の年収が50万円高い、100万円高いということに何の意味があるのでしょうか。

・・・ということです。

その50万円や100万円だって、いまだけ高いのかもしれません。そのうち消滅してしまうかもしれません。

上記のような予想は当たらないでは欲しいですが、まあ、おおむね識者も言っているので当たるとすると、

やはり、恋愛・結婚においては、いま現在のお金の額よりは、やはりあなたが一緒にいたいか、あなたが安心できる人か、優しい人か、の方が、お相手の男性の条件として、いちばん大切だと思います。

つまり、こんな発想ですね、

「100万円かけて私を楽しませてくれる男性よりも、1万円でも同じぐらい楽しませてくれる男性かどうか」

コレが基準としてはいいと思いますが、いかがでしょうか?

(もちろんお金を取っている男性を否定しているわけではないです。長くなるので書きませんが、企業からの給料の多い少ないが消滅するということは、多くのサラリーマンの男性がある意味、全員お金が稼げない男になっていくということです。言いたいことはそういった意味です。お金の価値が弱くなっていくということです。これは、金利とか資本主義の仕組みを解説した本を読むと、よくわかります)

・・・・・

せっかくあなたにとってふさわしい男性を見つけたのに、収入が低いからと切ってしまう女性もまだまだ多いようですので、今回は収入について考えてみました。

昔なら、それなりにお給料の格差がありましたので、大企業・公務員vs.中小企業、あるいは、高収入vs.低収入では、いずれも前者に安定性がありましたので、

女性が男性のお給料に価値を見出すという作戦も一定の効果がありましたが、

いまはそれが消滅しつつある、というお話でした。

ちょっと難しいお話になってしまいましたが、シンプルに「お金より性格」ということを伝えたいです。

もちろん、強制などはできませんので、参考にできる方は参考になさって下さいね。
[PR]
by akitabijin1 | 2009-11-08 11:11 | 恋愛

「相談所モテ」という危険な現象

こんにちは、秋田です。

今日は「相談所モテ」という現象についてお話します。

・・・・・

おおむね20代後半から30代前半ぐらいにかけて、「結婚したい」と思う女性は、結婚相談所やネット系出会いサイトなどに参加することが多いようです。

これを、近年は「婚活」と呼ぶようになってきました。

まずここまではよろしいかと思います。

・・・・・

それで誤解を恐れずにいえば、あまり恋愛活動をしていなかった女性、あまり恋愛活動が得意でない女性が、一般的にはそういったところに登録しているものと考えることができます。

(得意であれば、すでに自分だけで見つけていると考えられるからです)

つまり、簡単にいえばあまり男性慣れしていない女性が多いと推察されます。

・・・・・

それで、そのこと自体は別に云々される必要はないと思います。

結婚を目的と考えるならば、手段は何でもいいはず。

自由恋愛、お見合い、合コン、結婚相談所、ネット系出会いサイト・・・何でもOKです。とやかくいわれる筋合いはありません。

・・・・・

が、結婚相談所やネット系出会いサイトに登録したばかりの女性の中には、

「私って、実はすごくモテるのでは?」

と勘違いしてしまう人がいます。最近こういった方が増えています。

私はこれを「相談所モテ」と呼んでいます。

危険な現象だと思います。

・・・・・

そういった紹介系の出会いの場では、ニューカマー、つまり新規登録者は、比較的多くの男性からお誘いがきます(例えば日に30件とか)。

それで、このお誘いはやはり男性が「今度こそいい女性と会えるかもしれない・・・」という淡い期待の裏返しなのですが、

これらの多くの男性からお誘いが来ることによって、何と今までぜんぜん恋愛に自信がなかった女性が、

「あ~、ちょっとこの人の会社、小さいわね。どうしよっかな~、切ります」
「うーむ、この人の容姿は、あまり良くないので、会うのよそうっと」

みたいに、急に変わってしまうのです。

・・・・・

私から見ると(たいへん失礼なお話ですが、長い経験でおおよそわかるようになってしまいました)、お相手の男性の条件と女性の条件を考慮した結果、

「おおむね妥当(釣り合っている)、または女性のほうが少し得をしているはずだ!」

と思えるようなお付き合いでも、何とお断りしてしまう女性が増えています。

今までぜんぜんお付き合いしたこともないどころか、男性とお話すらしたことがない女性が、急にこういった発言をするようになるのです!

それで、条件ばかりをうるさくいっているうちにぜんぜん恋愛が進まず、何年か経ってしまい、何とも恋愛自体ができないままで終わってしまう・・・

ということも起こっています。

・・・・・

本日の教訓は、

「結婚相談所やネット系出会いサイトでモテるのは、決してあなたがモテるからではなく、結婚相談所のスタッフの方がお仕事だから男性を何人も紹介してくれているということや、ネット系出会いサイトの性質(ニューカマーに人気が集中する)によるものと理解する(という謙虚な姿勢が大切です)」

「モテるようになったと自信を持つのはいいが、やはり慢心せずに丁寧に男性と会って、きちんと相手を見てお付き合いするかどうか決めるようにする」

ということです。

「相談所モテ」は、女性の自己意識(自分への過大評価)だけが増大して、ある日パタっと寄って来る男性がいなくなってしまうときがきます。

そうなる前に何とか上手にやっていただければと思います。

参考になさって下さい。
[PR]
by akitabijin1 | 2009-11-06 11:11 | 恋愛


つぐみ恋愛相談所の恋愛コンサルタントが日々の中で気づいたことを綴った日記です。


by akitabijin1

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

カテゴリ

全体
恋愛
人生
こころの健康
出産・育児
できごと
Twitterつぶやき集
告知
自己紹介

以前の記事

2012年 12月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 02月
2005年 06月
2005年 05月

フォロー中のブログ

野性の勘で恋せよ乙女!

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧