<   2009年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

いつの時代も問題がなくならないのはなぜか?2

秋田美人です。前回の続きです。

なかなか世の中からなくならない「問題」。

それは、簡単に言えば、理想と現実の差をなくさない限り、なくなることのないものでした。

本日は、その「問題」への対処法を簡単にお話致します。

・・・・・

対処法その1)理想を現実に近づける

これ、妥協と言います(笑)。

でも、この妥協という力(妥協力と呼びます)は、人生において、けっこう大切な力です。

「このぐらいでいっか」

と言える人は、あまり悩みが多くありません。

これは、恋愛でも同じで、お相手の彼のあらゆる部分に細かい人は、ほとんどいい恋愛ができていないです。

別に、妥協して変な奴と付き合いなさいと言っているんじゃないですよ。

たとえば、本当にあなたが重要なのは、お相手の収入とか、浮気しないとか、まあそんなことじゃないかと思っていて、

それを超えた細かい理想は、あんまり考えすぎない方がいいんじゃないか、

ぐらいの意味です。

「いやいや、どんな細かいことでも、絶対に妥協しません!」

とおっしゃる方。もちろんOKです。

ですが、私の見た限り、↑のコメントを出す女性の9割は、彼氏がいないか、いてもいつも彼の不満を口にしています。

宗教とかで「感謝しなさい!」と教えられることがあるかと思いますが、感謝するということは「理想をごちゃごちゃ言わず、今あるもので満足しなさい」と翻訳できるのです。

・・・・・

対処法その2)現実を理想に近づける

お次は、やはり努力ですね。

政治家の一流の方、起業家、スポーツ選手、独創的な芸術家、第一線のミュージシャンなどは、この力が強いです。

「努力力(どりょくりょく)」と名づけましょうか。

恋愛でいえば、自分の理想の男性を得るために、精一杯努力している女性がいます。

このような方は、もちろん100%理想の男性とお付き合いできるとまでは言えませんが、おおむね素晴らしい男性とお付き合いしています。

世の成功哲学やセミナーは、こちらを強調して、問題解決を図らせるように指導しているわけです。

・・・・・

基本的には、妥協力と努力力の2つで問題を解決することになりますね。

で、どっちがいいとは言えませんが、

妥協力を使うとすると、極端な話、考え方を変えるだけでいいので、特殊なセミナー、宗教などで、一瞬にして(1時間とかで)変わる場合があります。

また、努力力は、なかなか時間がかかりますが、やはり人からうらやましがられる結果を出す(なぜなら多くの人は、そこまで努力できないからです)ことが多いです。

今の人は、この努力力がない人が多く、それが不満を大きくしている原因だと思います。ブーブー言っているヒマがあったら、さっさとやることをやってしまえばいいのに・・・といつも思いますけどね。

知っている人で、同じテーマで半年悩んでいるというお話を聞いたことがありますが、半年前からその悩みの改善行動を始めていれば、もうとっくに解決してますって!

・・・・・

秋田美人のおススメは、妥協力と努力力のミックスで、

基本は努力していつつ、ある程度、自分の力がわかったら、「(ここまでやったんだから)まあいっかあ」で終わらせてしまうパターンですね。

たとえば、就職活動をするとして、努力力で一生懸命就職活動します。それで、まあ、やっとこさ決まった会社があったら、もうそこで妥協する。

で、入ってみて一生懸命働いて、それでも嫌だったら、転職する・・・みたいな。

恋愛でいえば、「私は最高の男性としか付き合わないです」と宣言して、いつまでもその男性を探している人より、

「一生懸命活動している中で、告白してくれた人だから、いろいろあるけど、まあいっか」とお付き合いしてみて、その後、一生懸命お付き合いしてみて、ダメだったら、別れて別の人を探す・・・

みたいな方のほうが、結果が出るのは早いようです(肉体関係だけ持たなければ、この方がぜんぜんいい結果を生みます)。

・・・・・

最後にひとつ。

世の中には「問題を抱えていたい人」という人も存在します。

で、けっこう多いです。

おそらくは、自分がその問題を抱えていて、そのために、いろいろなことが達成できないと思い込むことによって、

何の問題もなくて、精一杯がんばって結果が出なかったときのショックから逃げるのかな?と思います。

本当は、戦っちゃうと、けっこう勝てちゃったりするんですけど、やはり負ける恐怖が勝ってしまうんでしょうね。

・・・・・

ともかく、私たちは、いろいろやってみて、「問題」をより少なくして行きましょう。

やれる方は、試して見て下さい。
[PR]
by akitabijin1 | 2009-06-30 14:09 | 人生

いつの時代も問題がなくならないのはなぜか?1

こんにちは、秋田美人です。

本日は「問題」というお話です。今日のお話は少し難しいです。

・・・・・

世の中には、「問題」がたくさんあって、ニュースなんかでも毎日流れています。

評論家の方とか大学の先生も、カタい顔をして、いろいろ語っていますよね?

小説や映画なんかも、大雑把にいえば、「問題」をうまく見せることによって儲けているとも言えましょう(問題の起きない小説や映画は、ほとんどないと言えましょう。じゃないと、おもしろくないから、みんな見ない)。

このような「問題」は、いつの時代もありましたし、おそらくは人間が生きている限りなくなることはないでしょう。

・・・と秋田美人は、言い切ります。

「なぜそのように言えるのか?」

・・・というのが、本日のテーマです。

・・・・・

さて、皆さん、「問題」「問題」って言いますけど、どれぐらい本気で「問題」をお考えになったことがございますか?

もちろん、このブログをお読み下さっている方ですと、「結婚」「彼氏」「人間関係」とかで、いろいろ悩んでいらっしゃる方もいるでしょう。

ですから、「いつも問題を考えているよ!」というお答えも聞こえてきそうです。

・・・・・

ここで私が言うのは、定義のことですね。

何でもそうですが、定義(いわゆる哲学的なもの)にまで立ち返ると、意外に物事はあっさりと理解されることがあります。あるいは、有効な手段が出されることがあります(社会科学系の一流の学者がやっているのは、こういったことなのです)。

・・・・・

「問題とは、理想と現実のギャップであり、そのギャップにマイナスの感情が出るもの」

これが、秋田美人の定義です。

こう捉えると、たとえば、あなたがカッコイイ男性とお付き合いしたいとして、いまは彼氏がいないとします。

すると、これがギャップということになりますね。

それで、そのギャップを、あなたが「いい男を見つけるチャンス」(プラスの感情)、あるいは「気にしない」(感情に持たない)ならば、「問題」にはならないわけです。

しかし「彼氏がいなくてつらい」「彼氏がいなくて恥ずかしい」などのマイナスの感情で捉えれば、それが「問題」になるのです。

・・・・・

これは、一般化可能だと思いまして、いま「日本経済が悪い」と言われているのも、「失業がなく、貧富の差が少ない経済(理想)」と「失業が多く、貧富の差が大きい経済(現実)」のギャップを、

みんなが「嫌だ(問題)」と思っているからなのです。

・・・・・

さて、そのように説明できる「問題」ですが、それをどう対処していけばいいのか?

これは、ちょっと長くなりましたので、次回に致しますね。

(すみません)
[PR]
by akitabijin1 | 2009-06-27 16:56 | 人生

秋田美人ダイエット

こんにちは、秋田美人です。本日は、ダイエットのお話です。

秋田美人には、いま息子がひとりおりまして(実は8月には女の子も生まれるのですが)、7月から保育園に通うことになりました。

それで、その保育園は10月に運動会があるということで、父親として少し運動がやれるところを見せたいと思い、トレーニングすることにしました(笑)。

(「やるからには、絶対1位だ!」って何が??)

・・・・・

以前「夜の朝食ダイエット法」(夜に朝食を食べることにより、痩せる方法)をご紹介しました。秋田美人はそのおかげもあって痩せ型なのですが、それでも運動しないと余分なお肉が付いてきます。

秋田美人は「本当に」痩せ型なのですが、やはり30代の男性の宿命として、お腹がひどくたるんできました。いつの間にか、座るとズボンのベルトの部分にお肉が乗るようになってしまいました。

・・・・・

これではいかんと思い、2週間前からダイエットを始めました。すると、現在はすでに脂肪が落ちて、お腹に筋肉の割れ目ができています。

では、どんなことをして短期に痩せたのでしょうか?

・・・・・

答え。お腹の脂肪を燃焼させた。

秋田美人のダイエットは、簡単なロジックから生まれまして、

脂肪が付く部分は動いていない部分→動かせば痩せるはず

ということです。

・・・・・

お腹の、プルプルした脂肪が付いている部分に手を置いてみて、いろいろと腰を動かしたりします。

そこの脂肪の部分の筋肉が動くような腰の動きを見つけます。

その運動を毎日繰り返します。

結果として、脂肪が燃焼して、痩せます。

・・・というシンプルことをしています。

また、

いつも動かしていない部分は、動かせば筋肉痛になるはずなので、痛くなるまでやり続けないと効果はない、

というロジックから、筋肉痛になるぐらいまで毎日動かしています。

・・・・・

ダイエットにはいろいろなやり方があるので、皆さんに合った方法を見つけて下さればと思いますが、この方法ですと、

・お金がかからない
・(1日10分程度しか)時間がかからない(眠る前に可能)
・単純な動きなので、継続しやすい
・効果が目に見えてわかる

のです。

すごくお得な方法かと思います。

実は、ダイエット前のお腹の写真を取っており(笑)、あと2週間したら、嫁さんのブログで「使用前→使用後」みたいな形で、掲載する予定です(笑)。

・・・・・

まあ、容姿なんてあんまり気にしない方がいいんですけど、友近さんみたいに、明らかに自分に自信が持てる場合もあるかと思いますので、試せる方はいかがでしょうか?

(私の場合は息子の運動会があるので、よりよく走るために仕方なしにやっているようなもんですが・・・)

脂肪が落ちると、肉体が軽くなります。

また、カロリーを筋肉が勝手に消費してくれますから、「夜の朝食ダイエット法」と組み合わせれば、リバウンドは少ないかもしれません。

・・・ということで、参考にできる方はがんばってみて下さいね。一緒にやってみましょう!
[PR]
by akitabijin1 | 2009-06-26 16:54 | できごと

ロール・モデルという考え方

こんにちは、秋田美人です。

本日は「ロール・モデル」という考え方についてお送りします。

「ロール・モデル」っていうのは、何か難しいですが、要するに目標の人のことです。

「○○さんをロール・モデルにして、その人を目指してがんばる」みたいな使い方をすることが多いですね。

たとえば、昔だったら、安室奈美恵さんとか、浜崎あゆみさんでもいいですけど、要するに何かカッコイイ、時代をつくった人みたいに思われて、みんなマネしたいような人を指したりします。

・・・・・

さて、何か定義は難しいですが、具体例を。

ここに「まどかさん」という女性がいるとして、その「まどかさん」の憧れが「戸田恵梨香さん」だったとします。

そうすると、「戸田恵梨香さん」の服装とか、考え方とか、生き方などを、雑誌を読んだり、テレビ(ドラマ)を見たりして学ぶ、マネる。

そうして、まどかさんは、それなりに魅力あふれる女性になっていくというわけです(それなりにしぐさや容姿も戸田恵梨香さんに似てくるかもしれません、というか少しは似るはず)。

・・・・・

人間はオンリーワンこそが素晴らしいと思いますので、もちろん、いまのままのあなたが一番素敵だと思います。

ただ、人間は「オンリーワンだ、何もしなくていいんだ」といっていると、人としての伸びがなくなって、それはそれでつまらないことになる場合もありますから、

それなりにいい人、カッコイイ人、エキサイティングな人を観察して自分に取り入れ、自分を大きくするといいかなと思います。

・・・・・

では、ロール・モデルはどうやって選ぶかといいますと、

とりあえずは、自分が直感的にカッコイイと思う人を選ぶといいかと思います。あるいは、自分がうらやましいと思う生き方をしている人とかですね。

秋田美人ですと、昔は若い俳優とかにも憧れましたが、いまは34歳ということもあって、50歳ぐらいでも若々しくカッコイイ男性に憧れます。

(ヒロミ郷さんとか、西条秀樹さんとか、松平健さんとか、あの方々は確かもう50とか60ですけど、大人の余裕があって私的にはカッコイイです。)

ですので、郷さんに習って私も腹筋してみたり、松平健さんにならって料理をつくってみたりしているわけです。

・・・・・

女性で最近、カッコイイと思うのは、hitomiさんとか、松島菜々子さんなどでしょうか。

彼女たちは、一流の仕事をしていながら、最近、お子さんを産んで復帰しましたよね?

仕事も家庭も上手にやりくりして、普通の女性が味わえないような成功をつかみ取っています。

hitomiさんなんかも、インタビューで「授乳のために夜起きて、それはそれでたいへん」みたいなことを言っていましたが、

でも、新曲を出して、音楽番組の収録なんかをがんばっているわけです。

(私、昔からけっこうhitomiさんの曲は聞かせてもらっているのですが、歳相応に穏やかな曲が増えている感じがします。同年代として、とても共感できます。あんまり主題が恋愛の歌を歌わないところも好きですね)

家庭(夫、子供)と仕事と、両方取りたい欲張りな方(正直な方)なんかに、いいロール・モデルとなるんじゃないかと思います。

・・・・・

というわけで、何か個人的な感情が入ってしまいましたが、何かカッコイイ、できたらマネしたいという人を探して、自分を高める。

そうして高まった自分が幸せになる。

いい循環だと思います。参考にできる方は、探してみて下さいね。
[PR]
by akitabijin1 | 2009-06-18 17:33 | 恋愛

性格の悪い人追跡調査

こんにちは、秋田美人です。

本日は、「性格の悪い人追跡調査」というテーマでお送りします。

この内容は、3年前ぐらいから書かせていただきたかったものです。

・・・・・

秋田美人も人間ですから、それはむっとすることもあります(たいていは忘れてしまいますが)。

あと、昔は人をうらやんだりすることもありました。

とくに名声とか、頭がいいとか、異性に好かれるとか、収入の高い人なんかですね。

で、そういった人たちを見ていると、一部では性格が悪い人がいたりします。

私の当時の悩みは、

「性格が悪いのに、名声がある、または頭がいい、または異性に好かれる、または収入が高い人は、果たしてずーっと幸せに生きられるのか? どれも中途半端な私は負け組みなのか?」

ということでした。

・・・・・

そこで、私が出会った性格の悪い人をピックアップし、ぜったいにお友達にはなりたくないけど、その人の情報が得られるぐらいのポジションにいて、

追跡してみることにしました。

(↑こういったことをする秋田美人の性格も悪いのでは? と思われる方があるかもしれません。おっしゃるとおりです。私も性格は悪いかもしれません。ごめんなさい)

・・・・・

さて、これは科学的な調査ではないので、あくまで私が見た姿です。ですから、かなり主観が入っていることは確実ですが、

・やはり性格が悪いと、長期的にはさまざまな意味で幸せでない

ようですよ。

・・・・・

あんまり詳しくはかけませんが、

ある名声がある人は、どうも家庭には恵まれないようですし、

頭がよくて性格が悪い人は、どうもお友達に難があり、

異性に好かれる人も仕事などでトラブルに見まわれ、

収入が高くても、なかなか結婚ができない(異性に好かれない)、

みたいな、

要するに、本当に幸せそうな人はいないわけです。

で、やはり多くは人間関係に関するトラブルを抱えていることが多いようです(性格が悪いゆえです)。

究極的には、人間関係こそが、やはり人の喜びにつながりますから、そういった意味では、彼らは幸せになることはないのです。

・・・・・

で、つまり、私がいいたいのは、

「性格が本当に悪いのに、いま成功している人は、(一見あなたがうらやましいぐらいに成功している人であっても)おそらく長くその成功は続かないであろう。最終的には、孤独が付きまとうであろう」

ということでしょうか。

・・・・・

何だか嫌らしい内容のブログになってしまいましたが、ここらへんは秋田美人の生き方になってしまいますが、

・やはり性格はよく生きたほうがいい
・本当に幸せをもたらしてくれるのは、やはり人
・嫌な人にあって、嫌なことをされても、決して悩まないほうがいい(その嫌な人は、いずれ自滅してしまう)
・とにかく嫌な人のことを考えて悶々とするぐらいなら、自分の性格をいいものにすべく鍛えた方がいい

みたいなことです。

・・・・・

なんか押し付けたら申し訳ないですが、ホントこんな感じで生きると、他人に対する不満や悩みは消えるはずです。

参考になさる方は、参考になさって下さいね。
[PR]
by akitabijin1 | 2009-06-16 13:04 | 人生

いま流行の専業主婦の仕組み

こんにちは、秋田美人です。

先週から土日ずーっと仕事しておりましたので、ブログが書けませんでした。本日は、私的には、けっこうおもしろい話です。

いまはキャリア・ウーマンより専業主婦が流行っているんだそうです(ネットでの記事による)。

なぜだと思いますか?

なんでも、昔の女性は専業主婦にしかなれなかったので、キャリア・ウーマンに憧れたらしいのですが、

いまは逆に、なかなか結婚できない女性が多いので、専業主婦になれるというのはステータスなのだそうです。

専業主婦でいられるぐらいの収入のある男性と結婚できたという証なんだとか。

なかなかおもしろいですよね?

・・・・・

これは、経済学(シカゴ学派なんかか?)で言われますが、需要と供給の応用という話で、

専業主婦にしても、キャリア・ウーマンにしても、結局、

「数が少ない方に価値(希少価値)が生まれる」

というお話かと思います。

・・・・・

同じようなお話は、美人か、そうでないかということで、

平安時代のころは、貧しくてみんなご飯が食べれなかったので、太った女性が少なく、太ることは、いわば豊かさの象徴でした。ですから、太った人が美人とされました。

が、逆に現代は、誰でもそこそこのカロリーが取れるので、太ることに意味はなく、太らないぐらい自分の体型をコントロールできる女性が少なくなります。ですから、希少価値がでて、美人とされているわけです。

このお話、似てますでしょ?

・・・・・

前に書かせていただきましたが、専業主婦でもキャリア・ウーマンでも、一長一短かと思います。

答えは、やはり人がどう思うかよりは、自分でどう思うかでしょう。

・・・とまあ、いろいろ書きましたが、このブログをお読み下さっている方は、日本全体でみればわずか・・・ということになりますから、

専業主婦ブームが起こるかもしれません。

そのときは、このブログを思い出していただいて、あまり悩まないようにして下さいね。

参考になさる方は、参考になさって下さい。
[PR]
by akitabijin1 | 2009-06-10 17:12 | 恋愛


つぐみ恋愛相談所の恋愛コンサルタントが日々の中で気づいたことを綴った日記です。


by akitabijin1

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

カテゴリ

全体
恋愛
人生
こころの健康
出産・育児
できごと
Twitterつぶやき集
告知
自己紹介

以前の記事

2012年 12月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 02月
2005年 06月
2005年 05月

フォロー中のブログ

野性の勘で恋せよ乙女!

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧