<   2009年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧

ドラマ恋愛に気をつけよう!

こんにちは、秋田です。

今日のテーマは「ドラマ恋愛」です。

・・・・・

年末年始、私は栃木の別荘(注・実家です、笑)で過ごしたのですが、その家のそばには、あんまりお店もないので、

唯一近くにあるブックオフで、マンガを買ってきて、嫁さんと二人で読みました。

柴門ふみさんの『ブック・スタンド』だったかと思いますが、

「正月でも、プロとして恋愛の勉強だ!」などといって、お互いに意見を交換し合いました。

(いやー、かなり努力してますな・笑)

・・・・・

柴門ふみさんのマンガは、とても勉強になります。いろいろなお話が入っていて、時宜にかなっていて、リアリティもあります。

ですから、いろいろと考えるのにたいへん適したマンガだと思いました。

・・・・・

ただ、ちょっとここで注意したいのは、「やはりフィクションだ」ということです。

肉親との性的な行為、ED、不倫、婚外出産、兄弟丼(と呼ばれる、俗にいうお友達と同じ男性とお付き合いして、性的な意味で兄弟になってしまう現象)などが多く、

いわゆるダメ恋愛の見本のような内容です。で、何となく、そうやって恋愛で苦悩することこそカッコイイ、ドラマだという雰囲気があります。

しかし、勉強にはなりますが、このような姿勢は、絶対にマネしてはいけません!

・・・・・

このブログでも再三書かせていただきましたが、こういった情報があなたの脳に入り込んで、

「こんな(いろいろとトラブルのある)ドラマチックな恋愛が素敵!」

などと思うと、いわゆる普通のほのぼのとした恋愛に満足できず、結局は、普通のきわめてまっとうな男性とのお付き合いが続かず、一人のままという現象が起こる場合があります。

(恋愛でトキメキを重視するという姿勢の方に多い現象です、ホント多いですよ)

・・・・・

もう古い人しか知らないと思いますが、バブル期のころは「トレンディ」などといって、お金もないはずの若い大学生が高級マンションを借りて、いかにもそれが普通であるかのように振舞う現象がありました。ドラマの影響だといわれています。

で、本当に、不毛な恋愛(彼女に裏切られたとか、彼女を取り合ったとか)を美化する傾向がありました。

・・・・・

ドラマって、よくよく考えると、あなた自身なんですね。

あなたの生き方、振る舞いが、あなたのドラマをつくる。人は関係ない。カッコイイ悪いもない。

あなたがいまおもしろかろうが、そうでなかろうが、いまのあなた自身が、あなたのドラマの主人公なんですね。

輝かせるのも、曇らせるのもあなたにかかっています。マンガやドラマのように、トレンドがあるわけでもない。

・・・・・

・・・ということで、今時は、マンガがドラマ化されることが多く、まだドラマにもそれなりの影響力があると思いましたので、書かせていただきました。

ドラマ的な恋愛・・・確かにお話としてはおもしろいですが、気をつけましょう!
[PR]
by akitabijin1 | 2009-01-28 09:59 | 恋愛

インスパイア・ペアレントのススメ(補足)

すみません、ちょっと補足です。

前回、ウィリアムさんの言葉を引用させていただきましたが、その出所だけ記載しておきます。

伊丹敬之『よき経営者の姿』日本経済新聞出版社、2007年

です。

この本の中では、教育者を経営者に置き換えて説明されておりました。私はそれを親と置き換えさせていただきましたが、

・インスパイア・フレンド
・インスパイア・チャイルド
・インスパイア・ビジネスマン
・インスパイア・セールスマン

なんでも一緒のような気がしてきました。

要するに、「人の内なる心に火をつける」ような生き方が素晴らしいのだと思います。

今年は、インスパイア・○○で、いっちょやってみましょうかね・・・

・・・・・

余談ですが、上記の伊丹先生の本は、少し難しいですが、たいへんいい本だと思います。

なんか経営者=金儲けみたいに言われることが多い昨今ですが、それはメディアなどで変な経営者を見ていることが多いからで、真の経営者はそれらとは一線を画すものだということがよくわかります。

経営者も、教師も、サラリーマンも、親も、根本はみんな一緒だと気づかされます。本当に大切なのは、やはり生き方なんですね・・・

私も昔、伊丹先生の講義を受けたことがありますが、やはり今でもたいへん格調高い講義だったと懐かしく思い出す次第です。

ご興味のおありの方は、手にとってご覧いただくとよろしいかと思いました。
[PR]
by akitabijin1 | 2009-01-25 12:00 | できごと

インスパイア・ペアレントのススメ

こんにちは、秋田です。本日は、いまお子さんをお持ちの方、これからお子さんをお持ちになる予定の方にお読みいただきたい内容です。

・・・・・

私にはいま一人、息子がおります。もうすぐ2歳。とてもかわいい盛りです。

だんだんと意思の疎通ができるようになってきて、最近では、いろいろと悩みも聞いてもらってます(笑)。

目に入れても痛くないとは、まさにこのことか・・・というぐらいです。

・・・・・

でも、世の中には、いろいろな人がいますから、まあ、それはそれで仕方がないのかもしれませんが、

先日、私がコンビニで買い物をしていると、私にこういう男性がおりました。

「てめえ、買い物おせえんだよ、早くしろ殺すぞ」

私は「やべえ、何か変なことになったな、やるか、逃げるか、何とかせねば・・・」と身構えたのですが、

何とその男性は、私の後ろに立っている女の子の姉妹に向かって、この言葉を言っていたのです。

どうやら、お父さんが娘さん2人をコンビニに買い物に連れて来て、待っているのにいらだっての発言だったようです。

私もほっと力が抜けるのと同時に、その姉妹に同情を覚えました。

・・・・・

もうひとつ。昨年秋に、私たち家族が、多摩動物園に行ったときのことです。

あるお父さんが、息子さん(小学生ぐらいか)と娘さん(幼稚園の年長さんぐらいか)を連れて歩いていたのですが、

その娘さんが、多摩動物園の自然に溢れた道を歩いていて、いろいろな草花とたわむれていたのですが、

「おい、○○(娘さんの名前)、さっきから何やってんだよ、早く歩けよ、ちゃんと歩けないならもう連れて来ない!」

と、なぜかキレているのです。

その娘さんが、草花を観察することによって、ひょっとしたらいずれは立派な植物学者になるかもしれませんし、薬草に興味をもって、立派な薬剤師さんになれるかもしれないではないですか・・・

何とも同情しました。

・・・・・

子どもは何のために生まれるのかというと、神様からの使命を受けて、世の中に何かメッセージを残すために遣わされるのです。

ですから、怒られるために生まれているのではないということです。

もちろん躾も必要でしょうが、大人から見ても理不尽な躾では、子どもも聞くわけがありません。

・・・・・

それでも、ついつい子どもを怒ってしまう方に、次の言葉を捧げたいと思います。

アメリカの思想家である、ウィリアム・ウォードという人の言葉です。

「平凡な教師は言って聞かせる。よい教師は説明する。優秀な教師はやってみせる。しかし最高の教師は子どもの内なる心に火をつける」

これは、教育者のことを言ったものですが、親という言葉に置き換えても、十分通じる言葉です。

「平凡な親は言って聞かせる。よい親は説明する。優秀な親はやってみせる。しかし最高の親は子どもの内なる心に火をつける」

・・・・・

私も、山本五十六の言葉「やってみて、言って聞かせて、させてみて、ほめてやらねば、人は動かじ」を教育の方針として、「自分でやってみせる」「ほめる」をメインに、この2年間、息子と接してきましたが、

この言葉を聞いて、これからは「息子の内なる心に火をつける」父親になりたいという、強い衝撃を受けました。

「心に火をつける」の元の言葉は、インスパイアだそうで、インスパイア・ファーザーになる!

これがカッコイイと思った次第です。

もはや教育、躾を超えて、子どもの力を呼び起こさせる・・・これこそが本当の親なのだと思ってきました!

どうっすか? 皆さんもインスパイア・マザーとか、なって見ませんか?

カッコイイと思った方は、一緒にやっていきましょう(笑)!
[PR]
by akitabijin1 | 2009-01-24 10:30 | 出産・育児

恋愛も数をこなしましょう!

どうも秋田です。こんばんは。

今日は短いです。すみません。

今までのブログでも再三触れてきましたが、恋愛も数をこなすことが大切です。

・・・・・

(1)ある程度の数の恋愛本などを読んで、恋愛や男性についての理屈を知り、

(2)自分なりの理想像をまとめることに成功したら、

(3)あとは数をこなす。

これです!

・・・・・

いろいろな女性にお話を聞いても、結婚生活に不満が残るタイプの女性は、おそろしいぐらい数少ない男性から、結婚相手を選んでいます。

・・・・・

犬型(自分よりも他人に多くの時間を割く人間のタイプ)の女性の場合は、そうやって結婚した男性を自分で受け入れて、それなりに気持ちを変えつつ、そこそこの幸せを手に入れることができるようですが、

猫型(他人よりも自分に多くの時間を割くタイプ)の女性は、なかなかに自分の気持ちに正直ですから、とことん不満を持ち続け、彼と衝突することが多くなります。

(犬型・猫型につきましては、このブログの過去の記事をお読みいただければと思います)

・・・・・

「年間3人とデートしました。疲れました。もう嫌です」

といって、恋愛そのものを止めてしまう方も見受けられますが、やはり恋愛・結婚は自分のことですから、

少したいへんだとは思いますが、なるべく多くの男性を見て、

「これぐらいの男性ならば、きっとうまくいくだろう」

という「感じ」をつかんでいただけたらなあと思います。

(相談所にいらっしゃる方の中には、本当にがんばって多くの男性と会い、かなり理想に近い人を見つけている方もいらっしゃいます)

参考文献として、橘つぐみ著『最終彼氏の見つけ方』大和出版(すみません、宣伝してしまいました・笑)などもありますので、そこらへんから絞って、行動していただけたら幸いです。

他に、ジョン・グレイさんとか、蝶々さんとか、ぐっとうぃる博士さんなんかもよろしいかと思います。みんな結局は似通った内容をまとめており、どれをお読みになっても恋愛のパターンがわかりやすいと思います。お好みで選ぶとよろしいかと思います。

参考にされる方は、やってみて下さいね。
[PR]
by akitabijin1 | 2009-01-20 18:12 | 恋愛

家族に尽くして幸せになる

こんにちは、秋田です。本日は、家族に尽くして幸せになるというお話です。

家族・・・皆さん、いろいろなお考えがあるかと思います。

嫌な人もいるでしょうし、いちばん好きな居場所と考える人もいるでしょう。

そのように意見が分かれるお話ではありますが、ぜひお読み下さい。

・・・・・

その1)親に尽くす

細木数子さんなんかもそうですし、けっこう多くの霊媒師みたいな方もよく言うことが、「先祖を大切にせよ」という言葉です。

その先祖のなかで、いまも生きているのがあなたの両親(場合によっては祖父母)ですよね?

彼らを大切にすると、あなた自身にも幸せが降りかかってくるとよく言われます。

それはなぜなのでしょうか?

いろいろな意見があるでしょうが、もっとも大きいのは「両親を肯定する、両親を大切にすることで、間接的に(その両親から生まれてきた)自分を大切にする」ことにつながるからだと思われます。

両親を大切にするということは、「私を産んで育ててくれた、すべてのご先祖を肯定いたします!」という宣言にもつながるわけですね。

・・・・・

「私は両親が嫌いです」
「両親とはもう断絶しています」

という場合は、とくにご両親には働きかけないで、ただ「まあ、あんな奴だったけど、自分を産んでくれたし、彼らは彼らで自分の人生を全うすれば、まあいいんじゃないか。まあせいぜい元気でがんばってくれ」ぐらいでも思えると、

ずいぶんあなたの心もよくなってくるでしょう。

・・・・・

その2)子に尽くす

自分の子に尽くすというのは、とくに甘やかすということではなくて、やはり意味もなく(教育という名目で)怒ったり、精神的に追い詰めるのではなく、

その子が持っている使命を全うさせてあげることですね。

それで、そのための障害を、時には取り除いてあげて、時にはあえて(成長のために)与えるということです。

で、そういった状態を、常に見ていてあげるということです。

・・・・・

子供が自分の使命を達成することを、とくに否定したりせず応援してあげることは、あなたの未来(を背負うあなたの子供)を肯定することになります。

「私が残したこの子が自分の使命を達成するのを助けることで、私の未来を肯定します!」という宣言になります。

・・・・・

3)配偶者(夫、妻)

これは言うに及ばず。このブログでもいろいろ書かせてもらいましたが、配偶者は、恋人でもあり、配偶者でもあり、兄弟姉妹でもあり、友達でもあるという、特別な存在で、

あなたの価値観を唯一、現在(場合によったら過去も含めて)から未来まで理解してくれる人間です。

自分の分身でもいえる人ですから、それは尽くすのは当たり前です。

・・・・・

このように、家族とうまくやっていくことは、マイホーム・パパとか、主婦などという言葉で語りつくせない大切なことです。

また、この小さな単位で幸せになっている人ほど、会社やお友達、親戚、コミュニティなどでも、幸せを与えられる人になります。

そして(ちょっとこじつけですが・笑)、このように幸せを与える人は、魅力がありますから、多くの異性も惹きつけることは間違いありません。

・・・・・

最近、ちょっと幸せじゃないな?と思っている人は、家族孝行はいかがでしょうか?

きっと状態が回復すると思います。
[PR]
by akitabijin1 | 2009-01-19 13:01 | 人生

恋愛も物々交換で!

こんにちは、秋田です。

本日は、恋愛の物々交換という仕組みについてお話させていただきます。

正確には、モノだけでなく、サービスも含まれます。我が家のシステムです。

・・・・・

恋愛や結婚をすると、男女二人でさまざまなことを行い、とても楽しい思いができる。これはいうまでもないことだと思います。

反面、二人で協力していかねばならないので、男性が自分のことばかり勝手にやっていれば、女性には不満がたまりますし、逆に女性が勝手なことばかりしていれば、男性も不満がつのります。

そういう訳で、お互いに楽しみつつ、お互いに不満が残らないようにするには、お互いが譲歩しながら、生きていかねばなりません。

これは、仕方がないです。ある意味、仕事やスポーツでも同じことであろうと思います。

・・・・・

それで、我が家の場合、どちらかがちょっと単独で行動しすぎて、ちょっと好き勝手してしまった場合は、相手にも同じようなことをさせてあげるような仕組みになっています。

特に無理に決めたのではないですが、お互いがお互いの幸せを考えた結果、こんなかたちに落ち着いたようです。

・・・・・

例えば、私が男友達とお泊まりに行ったとします。

そのとき、私はすごく楽しい思いをしているわけですが、家に残された嫁さんと子供は、退屈しているわけです(もちろんそれなりにはいろいろやっていると思いますが)。

ですから、私がお泊まりから帰ったあとは、お泊まり分だけ、嫁さんに好きなことをしてもらうのです。

・・・・・

逆に、嫁さんが少し高い金額の洋服を買ったとします。その場合は、私も同じぐらいの金額分の本を買わせてもらうとか、

同じ分ぐらいの「自由」ということで、半日、一人で遊ばせてもらうとか・・・

そんなことをしています。

・・・・・

いわゆる「物々交換(=サービスサービス交換、物サービス交換など)」をすることで、お互いやりたいことを、ある意味、平等にできる仕組みになっているのです。

・・・・・

私たちの場合は、上記のことを、意識して決めた訳ではありませんが、仲のよいカップル・夫婦を見ていると、

やはり同じように、お互いの行動を相談しつつ、円満に気分よく過ごせる仕組みができているのをよく見かけます。

ちょっと面倒だな~と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、やはり会社やスポーツと同じで、そこらへんはやはり同じチームの一員として、自分だけでなくチーム全体の勝利(この場合は幸せ)につながる行動が大切になります。

・・・・・

・・・ということをうまく使うと、遊びすぎの彼には、「(彼一人で遊びにいくときに)だったら今度は、私を○○に連れてって~」みたいにいうことによって、そしてそれを繰り返すことで、少しずつ物々交換ができる仕組みをつくることができます。

(相手を変えるときには、わからないように、ひっそりと、ゆっくりと潜在意識に働きかけるのでしたね・笑)

それで、あなたがいろいろ交換を頼むことによって、「うざい」「めんどう」と思われるようであれば、そのお相手は、お付き合いには向いていないのです。

結婚しても、単独行動が多く、あまり充実した人生が送れないかもしれません。

・・・・・

以上、恋愛・結婚における物々交換の仕組みをお話いたしました。使えると思った方は、使って下さいね。
[PR]
by akitabijin1 | 2009-01-15 12:40 | 恋愛

恋愛は英会話より簡単です!

こんにちは、秋田美人です。本日は、少し時間に追われているので、短くてすみません。

・・・・・

私がいま英会話を学んでいることは、何度か書かせていただいておりますが、学んでみると英会話はけっこう難しいです。

先生によって薦められる勉強方法もかなり違いますし、学校に通ったって、なかなか成果が出ない。

本で勉強しようにも、いろいろな本があって、きちんとした方法が定まっていないので、混乱するだけ。

英語は、普通に生きている限り、ほとんど使わない言語なので、これをペラペラにするというのも、なかなかたいへんなわけです。

・・・・・

それに比べると、恋愛は、やり方に一定の法則があります。

恋愛本も数冊読むと、きわめて似通ったことが書かれており、心理学などもベースにしているため、恋愛コンサルタント(恋愛カウンセラー)のアドバイスもけっこう共通して正しいことが確立されています。

また、最終的には、人間の半分とか6割ぐらいは、そこそこに結婚しているわけです。

・・・・・

最近「恋愛は難しい」という特集が雑誌などで組まれていますが、ある程度の方法論が確立されている分野は、単に「やった」か「やらないか」で勝負が決まります。

「恋愛はもう無理」とお思いの方は、ご自分で止めない限り、必ずうまくいくと思いますので、いろいろな本を参考にしつつ、少しずつでも前進するといいと思います。

参考にされる方は、やってみて下さいね。
[PR]
by akitabijin1 | 2009-01-13 16:28 | 恋愛

有名メルマガ【1日1分☆恋愛体質は変えられる】に掲載していただきました!

秋田美人でございます。本日は告知です。すみません。

私たちがたいへん親しくさせていただいている、ハッピーデザイン研究所・堀井オリエさんのメルマガで、私のブログを紹介していただきました(1月11日号)。

内容は、私が以前書かせていただいた「冬ソナって恋愛の勉強になる」という記事で、『冬のソナタ』という韓国のドラマは、恋愛の勉強にいいですよ~ということを書かせていただいたものです。

そのオリエさんのメルマガですが、【1日1分☆恋愛体質は変えられる】というタイトルで、オリエさんの辞書を中心として、古今東西の恋愛に関する格言・名言を、1日1文ずつ紹介(オリエさんの解説付きです)するという内容です。

まぐまぐのメルマガ大賞にもノミネートされていて、なんと毎日配信されています。

自分に毎日、恋愛に関する心地よい刺激を与えたいという方にオススメです。

(オリエさんには、私の悩みを聞いていただくこともあります。いつもありがとうございます)

【1日1分☆恋愛体質は変えられる】メルマガのトップ
http://archive.mag2.com/0000181656/index.html
登録は簡単にできます。私も読ませていただいております。
[PR]
by akitabijin1 | 2009-01-11 23:03 | 告知

夢の「根拠」のお話(追記)

こんにちは、秋田美人です。

前々回に、夢の「根拠」のお話をさせていただきましたが、その追記です。

この理屈の証拠といえる事例を簡単に挙げておきます。

・・・・・

「長嶋茂雄さん」という方をご存知かと思います。

プロ野球の有名な方で、「記録よりも記憶に残るプレーヤー」と言われています。

彼は、間違いなく、日本で一番、人に愛されたプレーヤーでしたが、その「根拠」となるパフォーマンスもすごい人でありました。

で、何がすごいのかというと、

「空振りするときには、ヘルメットが飛ぶようにして、それもカッコよく飛ぶ練習をした」

というのです。

すごい! すごすぎます・・・

彼の場合、記録も残っていますので、それもすごいのですが、みんなに愛されるため、みんなに夢を与えるための「根拠」がすごすぎるのです。

ここまでやって愛されない人はいないと思います。

プロ野球選手で、ここまでやる人って、ほかに知ってますか?

・・・・・

同じプロ野球ですが、イチロー選手は、記録への「根拠」づくりにこだわった人で、

ある日の素振り中に、彼の木製のバットが少し握りづらいことに気がつきました。

「おかしい。これでは試合で打てない」

と思った彼は、そのバットを製作している名人の職人さんに、

「ちょっとバットが握りずらいので、見てくれませんか」

と頼みます。すると・・・

なんとバットの握りの部分が、いつもより1mmほど大きかったというのです!!

バット作りの名人も、平謝りしたということです。

ここまでヒットへの「根拠」にこだわったから、何年もヒットを打ち続けることができるわけです。

すごいです・・・

・・・・・

あと、松下幸之助さん。いまのパナソニック、昔の松下電器という会社の創業者で「経営の神様」と呼ばれる偉大な方でしたが、

彼は極貧の家に生まれ、丁稚奉公に出されました。

要するに、住み込みのお手伝いさんを小学生ぐらいからやらされたわけです。

で、冬の廊下の雑巾がけはつらい。

泣きながら、寒さで切れてしまった手で、雑巾がけをします。

が、どうせつらいならばと思い切って、「どうやったら、もっとよく雑巾がけできるだろうか?」といろいろな案を練って、最高の雑巾がけをするようになります。

そして、やがては奉公先の主人に認められて、いろいろあって、独立するに至ります。

ぶっちゃけ、彼は夢を追ったというよりは、細かい「根拠」を実践しているうちに、何か見えない力によって、偉大なる経営者にさせられた・・・

ぐらいの人生となったわけです。

本人も、不思議に思っていたという記述もあるぐらいですから、本当にそうだったのかもしれません。

・・・・・

夢ばかり大きくて、何の「根拠」も持てないときの自分を本当に反省します。

・・・ということで、今日はちょっと説教くさいお話ですみませんが、

「根拠」「根拠」ということで、今年も夢を実現していきたいものですよね。

一緒にがんばっていきましょう! 私もいろいろやってみます。
[PR]
by akitabijin1 | 2009-01-09 23:00 | 人生

幸せを左右する要因は何か?

おはようございます。恋愛コンサルタントの秋田でございます。

(最近は、この仕事を忘れてブログを書いておりました・笑)

今回は、私が購読している、とあるメールマガジンからの転載ですが、著作権もあるので、少し変えさせていただいて載せています(大前研一さん関係のメールです)。

・・・・・

「幸せを左右する要因は何か?」

というおもしろいお話です。

・・・・・

H20年の『国民生活白書』という、国の発行している統計本によりますと、日本人の統計による幸せは、以下のような要因によって、測られているようです。

以下、(項目)幸せ度が高い>幸せ度が低い、という順で載せています。

(性別)
女>男

(年齢)
若い>高齢

(学歴)
大卒・院卒>その他

(収入)
多い>少ない

(結婚)
既婚>未婚・離婚・死別

(子ども)
いる>いない

(相談できる人)
いる>いない

(労働)
学生>働いている人、主婦(主夫)>失業者

(ストレス)
ない>ある

ということだそうです。

極めて、当たり前というか、正直な結果だと思います。私も実感として、そうだと思います。

このブログのテーマである、結婚、子ども、ストレスなどが、まだ正当に評価されていて、ほっとしています。

(ここらへんが評価されていないならば、このブログがお役に立てていないということですからね・・・)

新年ということで、新しい夢や目標を立てる際の、参考にしていただければ幸いです!
[PR]
by akitabijin1 | 2009-01-08 11:26 | 人生


つぐみ恋愛相談所の恋愛コンサルタントが日々の中で気づいたことを綴った日記です。


by akitabijin1

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
恋愛
人生
こころの健康
出産・育児
できごと
Twitterつぶやき集
告知
自己紹介

以前の記事

2012年 12月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 02月
2005年 06月
2005年 05月

フォロー中のブログ

野性の勘で恋せよ乙女!

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧