<   2008年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

モチベーションをあげる、鳥の目・虫の目アプローチ

こんにちわ。秋田美人です。

本日は自分で何か行動する際に、モチベーションを上げ続ける方法をご紹介いたします。

「鳥の目・虫の目アプローチ」と呼ばれるものです(注:某U高校の先生が16年前に言っていたネーミングを拝借しましたが、中味は別のものです)。

自分で何かを行なうときに、どうやってモチベーションを高めて、最終的に目的を達するのかというのが、本日のお話です。

人生にとって、けっこう大切なお話だと思いますので・・・

・・・・・

(その1)「いつ止めてもいい」と思って、軽く始める

まず、その1ですが、無理してやらないことです。

要するに、気分が乗らなかったらいつでも止めていいと思って、軽い気持ちで始めることです。

仮に止めてしまっても、あまり気にしないようにして、何度でもやりたいときにやり始めればいいわけです。

とくに人様に迷惑をかけるのでなければ、何度やっても、いくらお金がかかっても気にする必要はありません。もちろん、誰かに何かいわれる筋合いもありませんし、自分をダメだなどと思う必要もありません。

何でもOK。自分の人生なんですから♪

こう思って、重くならないようにしていけばいいわけです。

さあ、一歩を踏み出してみましょう!

・・・・・

(その2)鳥の目アプローチ

さて、でも「いつ止めてもいいんですよ~」では話が終わってしまいますので、まあ、それでも何かやらねばならないと思っている場合に、どうすればいいか見ていきましょう。

お次は「鳥の目アプローチ」と呼ばれるものです。

英語を例に取ってご説明しますと、英語を学びたい人がいるとして、「単に英語を学ぶ」というだけではかなり漠然としていますよね。

ですから、「大きな意味」を見つけるのです。

秋田美人が英語を学ぶ場合ですと・・・

・尊敬する人は、ほぼ全員、英語が自由に使える人であった(→そういう人に近づきたい)
・世界中の人とコミュニケーションしたい(とくに外国の女性)
・留学したい
・英語で商売をしたい(自分のマーケットが世界になる)
・両親とか親戚、お友達を外国に連れて行って通訳をやりたい

・・・など、単なる英語の勉強を超えたところで、「かっこよさ」「商売」「コミュニケーション(下心?)」「親孝行」という大きな視点(鳥が空から見たようなイメージ)で、ワクワク感を持つわけです。

しかも、お題目だけでは自分を騙せませんので、例えば留学するのであれば、具体的にどこの学校で、いつぐらいまでに行くのかなど、かなり具体的なイメージを持つようにしています。

こういった具体的に大きく憧れる強い「何か」を持つと、単語5000個覚えることなどが、まるで苦になくなるのです!

・・・・・

(その3)虫の目アプローチ

さてさて、「鳥の目アプローチ」もだいたいつかんできたら、その3は「虫の目アプローチ」です。

またまた英語のお話で恐縮ですが、「鳥の目アプローチ」で留学するためのモチベーションができたとして、今度は、それを細かく実行する番です。

この「詰め」が甘いと成功はおぼつかないですから、このアプローチはとても大切になります。

どういうことかといいますと、目標を虫の目で見るぐらい細かく分析して、細かい目標を作って、少しずつ実行していきます。

例えば、留学を挙げますと・・・

留学レベルの英語力が必要→英会話・英作文が必要→最低限の聞き取り・文法が必要

と分析し、

例えば、まずTOEICで800点~900点程度の英語力をつけ、それから英会話・英語学校に行く、と目標を細かくします。

・・・となると、当面は、TOEICで高得点をあげることが目標になるわけです。

ずいぶん目標が小さくなりました。

次に、TOEICはリスニング力、単語・熟語力、文法力に分解できますので、

リスニングはCDを3枚聞こうとか、単語・熟語は5000語覚えようとか、文法は問題集を3冊やろうという具合になってきます。

そして、リスニングは1日1時間とか、単語は1日100個とか、文法は問題を10題解く、というようにさらに細かい目標を立て、

その1時間だけ、100個だけ、10題だけを毎日一生懸命がんばってやる・・・

これで、かなり気持ちが楽になってくるはずです。1日に無理なくやることが決められたわけですからね。

その繰り返しが、2ヶ月もすると、TOEIC800点とかにつながっていくというわけです。

(どうしても上のようなことが厳しいと思う場合は、1日の課題をさらに減らして、受験までの期間を延ばすとか、虫の目になって、自分のできる最低限のことまで目標を落としていきます)

・・・・・

鳥の目・虫の目アプローチ、いかがでしょうか?
[PR]
by akitabijin1 | 2008-06-25 11:47 | 人生

能力開発に最適なPCソフト

こんにちわ。秋田美人です。

本日は、恋愛にあまり関係のない話ですが、もしあなたが能力開発の一環として、CDを使った勉強などをする場合に、おススメのソフトをご紹介します。

・・・・・

1)資格の講義CDなどを聞く場合

実はソフトを紹介するといっておきながら、著作権の問題とかいろいろ変わるかもしれませんので、はっきりしたことは書きませんが(すみません)、

googleで、「速聴(この言葉はSSIという会社の登録商標だそうです。本当は勝手に使ってはいけないのですが・・・)」「無料」「ソフト」などと入れて引くと、

無料のソフトがダウンロードできるサイトに行けます。

そのソフトはPC上において、CDの音声を4倍で流すことができますので、何かの講義CDを復習したり、単語・英文CDを聴くと、リスニングにかなり役立ちます。

これで節約した時間は、恋愛に当てましょう(と、無理やりつなげてみた・笑)。

以前は、こういったソフトは売っておらず、また速い音を録音した自己啓発CD講座は、100万円~200万円したものです。

が、いまはPCで聴くことができる・・・

ありがたいことでございます。

・・・・・

2)英語のCDを聴く場合

Windowsに入っているWindows Madia Playerを使うといいです。

これをどう使うかというと、音域を外国人に合わせて聴くのです。

・・・

Windows Madia Playerの「表示」を押し、そこから出てきたタグの中から、「拡張設定」→「グラフィック イコライザ」を押します。

グラフィック イコライザが出たら、2、4、8、16KHzのボタンを上にチューニングし、他のボタンを下にします。

これで、外国人の音域を強化した音が出るようになります(平均的な日本人の会話の音域は1KHz以下といわれています。つまり普通に聴いていたのでは、外国人の音に慣れるのにずいぶん時間がかかってしまいます)。

最終的には、さらに耳への負荷をかけるために、8か16で聴き続けるといいでしょう(マラソンでいう高山トレーニングのようなもんです)。

すると、驚くほど短時間で、英語の音が取れるようになります(音だけね。意味はまた別の方法が必要になります)。

これで余った時間は、恋愛に当てましょう(笑)。

・・・・・

本日は、こんなお話ですみませんが、使える人は使って下さいね。
[PR]
by akitabijin1 | 2008-06-24 10:57 | できごと

婚活の時代?

こんにちわ。秋田美人です。

『婚活の時代』という本があるそうです。「パラサイト・シングル」とか「希望格差社会」などのご本をお書きになった先生のご著書です。

お読みになられた方はいらっしゃいませんか。私は読んでおりませんが・・・。

婚活(こんかつ)というのは結婚活動のことで、就職活動を略した「就活」をもじったネーミングだそうです。

就活もなかなか難しい時代でありますが(でも、新卒採用はゆるくなっているのかな?)、それと同じように、結婚も受難の時代が来たというわけです。

・・・・・

ちょっと、結婚の現実を語ってみましょう。

結婚は、独身とは違ったマイナスがけっこうあります。

独身の方とは違い、結婚した人には、生活において必ずパートナーがいて、そのパートナーとほぼあらゆることを決めながら生活しなければなりません。

子供ができれば、その世話もそれなりにたいへんですし、親兄弟姉妹・祖父母・親戚とのお付き合いも増えてきます。

自由時間は明らかに減ります。

お金も、不自由する方がほとんどだと思います(独身が使えるよりはお小遣いも少なくなります)。

けっこうキテるでしょ(笑)?

・・・・・

しかし、私が一個人として、結婚して良かったなと思えるメリットを挙げてみますと、最も大きかったのは、最愛の女性と一生をともに過ごすことができるということでしょうか。

まずは、これです。

で、これに関しては、私にとって、金銭とか、自分の自由な時間とか、そういったものに換えられるものではないわけです。

次は子供です。

自分の血をひいた子供、顔も似ている子供が、まだ寝返りも打てない状態から、わずか1年で話すようになり、私に笑顔をくれる・・・。

理由はよくわかりませんが、これに勝る幸せはありません。

また、両親も孫が見れて喜んでくれます。孫はたいへんな親孝行でもあるのです。

・・・つまり、何と申しますか、お金とか時間とか、一流企業勤務とか、学歴でもブランドでもなんでもいいんですが、そういった社会的に他人に認められる「何か」に置き換わるものではなく、

自分だけの世界というか、きわめて個人的な、そういったものを手に入れる行為が結婚のメリットなのだと思います(もちろんパートナーと相談しながらですが)。

そういった意味で、めんどうだし、なかなかに難しいことではありますが、やりがいのあることでもあります。

・・・・・

・・・というわけで、そういったメリットを感じられない人は、結婚は独身時代よりも消極的なことばかりが多くなってきますので、

結婚したい人が近年減っているのでしょうし、そうなるとますます結婚相手を探すことが難しくなっているのでしょう。

だから「婚活」というわけです。

・・・・・

でも、「みんながやっているから婚活!」では、危険です。

上記のような点を考えて、結婚が本当に自分にメリットがあるのかどうかをチェックしてみて、自分の意志で、結婚なり独身なりを選ぶといいと思います。

自分がきちんとした理由を持って選んでいるならば、どちらでもいいと思います(どっちが優れた、劣ったということではありませんからね)。

追記
私も独身時代は、「結婚したら終わり」と思っており、実際そう発言していました。人は考えも変わるもんです(笑)。
[PR]
by akitabijin1 | 2008-06-18 13:24 | 恋愛

感謝で安全を得る?

こんにちわ。秋田美人です。前回より少し時間が経ってしまいました。

本日は「感謝で安全を得る」というお話です。

・・・

こんなお話を・・・。

秋田美人には一人息子がおり、現在、1歳3ヶ月になりました。なるべく生のままに育てるようにしておりますので、あえて何かを仕込んではありませんから、かなり自然に近い育ち方をしていると思います。

その彼とのやり取りで、ある日彼が人のモノを何でも取ってしまうときがありました(余談ですが、赤ちゃんはけっこうみんなこういう傾向があります・笑)。

まあ、それはそれで構わないとは思ったのですが、あんまり人様の家でそういうことをやると、本人も親としても見っともないと思いましたので、

「いっぱいあったら、パパにちょうだい~」

と笑顔で手のひらを差し出すことにしました。

・・・

最初のころは、それでもぜんぜんくれませんでしたが、息子が初めてモノを渡してくれたとき、

「それ、くれるの? 気前いいね。ありがと~ いい子だね。 お~よしよし」

と喜びつつなでてあげたところ、それ以降は、何でも私に持ってくるようになりました。

食べかけの漬物、オムツ、(私の)携帯電話、マジックなどなど、もらっても嬉しくないモノも多いのですが(笑)、

どうやら「ありがとう~」という言葉に強く反応するようです。たった1歳の言葉も話せない子供でもそうなのです!

・・・

最近、すごい通り魔事件が起きて、何十人という人が切りつけられ、確か10人近くの方が亡くなりました。

その通り魔は、どんなことがあっても許されるものではないと、強く思います(たとえ背景がどうであれ、多くの人は似た境遇にあっても、そんなことはしないからです)。

が、それはそれとして、今後の対策を考えねばなりません。

私も殺されるようなことにはなりたくないし、殺すような人も増えないようにしたいと思うからです。

ああいった事件を未然に防ぐ方法として、やはり身の回りの人に感謝するということが大切なのではないかと思っています。1歳の赤ちゃんですらそうなのですから、大人ならもっと理解されることでしょう。

・・・

私は、ある意味、現実主義者でもあるので、ここからは嫌らしいお話かもしれませんが、こういった人たちから身を守るのには、あえて(最初は偽善でも)感謝する態度から始めねばならないように思います。

とにかくお互いが感謝されて、自己充足感を味わえる関係が必要なのかなと。

いまは、社会学者によるとああいった通り魔予備軍が多いと聞きます(原因は、アノミーと呼ばれる、社会との連帯感の喪失ではないかと言われています)。

・・・

繰り返しますが、最初は偽善でも、まずはまわりに感謝する態度から始めて、いずれは皆が社会とつながっていると思えるような、そういった関係を作っていく・・・

これが、最終的には自分の安全にもつながるかもしれません。

・・・

まあ、カタい話はいずれにしても、とにかく皆さんお気をつけ下さいね。

最後になりましたが、亡くなった方々のご冥福をお祈りいたします。
[PR]
by akitabijin1 | 2008-06-17 09:33 | 人生

「恋愛の神様」に仕える(雑談)

こんにちわ。秋田美人です。

前回の続き、「恋愛の神様に仕える」の雑談です。

・・・・・

恋愛に限らず、何らかの「神様」に仕えることは、その道で成功するにはとても大切なことです。

たとえば、一流どころである、プロ野球のイチロー選手ですと、3歳ぐらいから「野球の神様」に仕えています。

多くのプロフェッショナルは、自分の時間がないぐらいに、その分野の神様に仕えています。

(大学の先生を見て下さい。服装とか髪型のセンスが悪いでしょう? あれは「勉強の神様」に仕えているので、ファッションにまで気が行き届かないのです。でも、それぐらい勉強に熱中しないと、なかなか新しい論文は書けないのです・・・)

また、身近なところでは、つぐみ恋愛相談所代表の橘つぐみだって、ほぼ毎日、どこそこの誰かによって書かれた恋愛本を手にとっています。彼女も別の意味で(つまり恋愛の専門家として)、「恋愛の神様」に仕えているわけです。

そうでもなければ、人様にいいアドバイスなどできるはずがありません。

・・・・・

ただ、その神様にも難易度のようなものがあります。

上の例でいえば、プロ野球の選手や大学教授になるという意味での「神様」に仕えるのは、かなりしんどいでしょう。

努力だけでなく、才能も、(訓練するのに)お金も必要な神様だからです。

しかし、恋愛においては、自分が気に入った人を見つけるだけですので、

つまり自分で基準を決めているわけですから、そこまで難しいことではありません。

がんばればすぐ叶います。

(実際、日本でも30代で7割ぐらいの女性は、無事に結婚しています)

ですから、恋愛の神様は、仕えてもかなり報われる神様だと言えるでしょう。

・・・・・

具体的には・・・

まずは、真摯に自分の人生の計画を立てることです。そして、多くの出会いが得られるようにし、出会った人の中から、あきらめずに自分に合った人を見つける・・・

基本はそれの繰り返しです。

やっているうちに自分の理想に合わない人が続く場合、理想が高すぎないかどうかチェックしましょう。理想を下げたくないのであれば、自分が理想の人に見合うように努力をします。

あとは、なるべく多くの時間をデートに割くことです。

インターネット、お友達、結婚相談所、親戚、大学、職場、カルチャースクールなど、何でもいいので、とにかく多くの男性と会う。恋愛は確率的な要素が大きいですからね。

これをまじめに「恋愛の神様に仕える」ぐらいの気持ちで、見つかるまで繰り返し取り組む。

これがいちばんです。

社会人なら仕事、学生さんなら勉強をそれなりにやらねばなりませんが、趣味が・・・とか、TVが・・・とか、旅行が・・・などと言っていれば、その分、達成するまでの時間は伸びます。

(もちろん、戦略的に趣味や旅行を出会いの場にするつもりならOK。あくまで「恋愛をメインに」すえた行動を取ることがいちばんです)

・・・・・

上の方法は、なんか当たり前のことで、誠に恐縮ですが、近頃、口当たりのいいお話が多いので、あえて書いてみました。

前回の続きとさせていただきます。よろしくです~

(追記)

英語に関しても、さまざまな学習法が出ていますが、「1日15分間聴くだけで~」とか、「2週間で効果が出る~」という教材があり、実際わたしも買ったことがあります。

でも、(わたしにとっては)ぜんぜん効果がありませんでした。

むしろ今回通っている英語学校のように、

「毎日、最低2時間以上の時間を取って、この3冊のリスニングテキストを聴いて下さい。聴く前に単語を調べて、丸暗記しておくこと。たった800語ですから!」

・・・みたいないわゆる正統派の(当たり前の!?)方法のほうが、はるかに信頼がもてますね。

たいへんでもなんでも、着実に結果を出したほうがいいですよね~
[PR]
by akitabijin1 | 2008-06-05 10:05 | 恋愛

恋愛の神様に仕える(?)

こんにちわ。秋田美人です。

本日は「恋愛の神様に仕える」というお話です。

・・・・・

私は、最近、英語学校に通っておりまして、7月に(最低)TOEIC750点を目指すべく、毎日奮闘しています。

英単語を暗記するのは、公文(式)に通った31歳以来、約2年ぶりです。

・controversial→論争上の
・work out→(なんとか)解決する

などと、毎日100語くらい覚えていると脳がかなり絞られてきて、かなり快感です(笑)。

生活の多くの時間を英語に捧げています。奥さんや子供と遊ぶのもスケジュール帳とにらめっこしながら時間を捻出しているのです。

つまり、私はいま「英語の神様」に仕えているということです。

ここで、本日のお話とつながりますが、これと同様に恋愛にも「恋愛の神様」がおります。

あなたの恋愛を応援し、きっと成功させて下さる方です。

・・・・・

「恋愛」にしても、「英語」にしても、神様の特徴としては、

・本気でやらないと助けてくれない
・明るくない人には助けてくれない
・適度なプレッシャーをもたないといけない
・集中しないと助けてくれない
・自分の時間の多くを割かねばならない

などということがあって、それに応えると結果を出させて下さる。

・・・・・

私もいままで「恋愛の神様」に仕えたことがあり、そのときは恋愛以外での実績は積めませんでしたが、恋愛ではたいへん幸せな思いができたことを覚えています。

・・・・・

恋愛がうまくいっていない人の多くは、

・忙しい
・何となく動きたくない
・めんどう

などと言って、時間や気持ち(真剣さ)を恋愛に割いていない人が多いです。

もちろんそれも人生ですし、それでもわずかながらに向上しているのが、人間のいいところなのですが、

「生きているうちに結婚したい」
「短期間で結婚したい」
「恋愛の悩みはこれで終わりにしたい」

などとお思いの方は、お時間を取って集中して、「恋愛の神様」にお仕えすることをオススメします。

とにかく「恋愛」を第一において、「恋愛」にじゅうぶんな時間を割いて戴きたいです。

本を読んで勉強したり、なるべく多くの男性と会ったり、自分を磨いたり、と「たかが恋愛」とお思いかもしれませんが、「恋愛の神様」にお仕えするには、することはいっぱいあります。

(私もジムに通ったりしたこともありますよ。Tシャツ姿で横から見て、胸がいちばん出ているようにするためです。線が細いので、少しスタイルを整えようという意図でした・・・)

やれる方は参考になさって下さいね。きっといいことがあります。

追記

このお話は、あのマックス・ウェーバーも『職業としての学問』で近いことを言っています。秋田美人がひとりで騒いでいることではないので、安心してがんばって下さい!
[PR]
by akitabijin1 | 2008-06-04 11:43 | 恋愛


つぐみ恋愛相談所の恋愛コンサルタントが日々の中で気づいたことを綴った日記です。


by akitabijin1

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

カテゴリ

全体
恋愛
人生
こころの健康
出産・育児
できごと
Twitterつぶやき集
告知
自己紹介

以前の記事

2012年 12月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 02月
2005年 06月
2005年 05月

フォロー中のブログ

野性の勘で恋せよ乙女!

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧