<   2008年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

「アー・ユー・ハッピー?」に掲載されました!

こんにちわ。秋田美人です。

幸福の科学出版から出されております女性情報誌、

「アー・ユー・ハッピー?」2008年6月号(5月15日発売)に、つぐみ恋愛相談所代表の橘つぐみが掲載されました。

特集『ソウルメイトはどこ?』
・アメリカの独身イケメン2人が「永遠の愛」を探す旅に出た日本とアメリカのソウルメイト事情、

というところで、ソウルメイト=最終彼氏と解釈しての解説です。

まるまる1ページをいただいての掲載です(本人写真と『最終彼氏の見つけ方』写真つき)。

・・・・・

本屋さんに立ち寄られる方は、ぜひ手にとっていただければと思います。

「追いかけ恋愛」「ソウルメイト=最終彼氏」の解説をしております。

・・・・・

この取材に関しては、お名前はかけませんが、ご尽力下さった方がいらっしゃいます。

この場で、感謝いたします。ありがとうございました。

そして、今後も恋愛にお役に立てる有力なコンセプトを編み出していくことを、ここにお約束いたします。
[PR]
by akitabijin1 | 2008-05-20 14:16 | 告知

坂本龍馬の奥さんの写真

本日は、日本史のお話ですが、坂本龍馬(さかもと・りょうま)という、幕末の志士の奥さんの写真が、見つかったようです。

坂本龍馬の奥さんはお龍(りょう)さんという方らしいのですが(1841年生まれ、1906年死去)、そのお龍さんの写真(32歳の写真のようです)をみると、現代でも通用するようなツンとした感じのすごい(!?)美人です。

(・・・といっても私の個人的な意見かもしれませんが、1回ご覧下さいまし)

坂本龍馬自体は、顔を見る限り、美男子とはいえないと思うのですが(これも私の個人的意見ですみません)、

31歳という短い生涯の中で、剣の腕も相当なものだったようですし、拳銃を取り入れたり、日本で初めての「新婚旅行」を行なったり、貿易会社(商社)を作ったり、薩長同盟の立役者であったとのことです。

結論としては、単純なお話ですが、やはり「いい男(顔というよりも行動力のある男)には、いい女がつく!」

我々男は、肝に銘じて、日々がんばっていきましょう。

(男性は恋愛のテクニックよりも自分を高めることが一番です!)
[PR]
by akitabijin1 | 2008-05-17 11:42 | 恋愛

「選択肢思考」のススメ

こんにちわ。秋田美人でございます。

本日は、「選択肢思考」(せんたくし・しこう)についてお送りします。

この考え方は、恋愛のみならず、あらゆることに使える便利な考え方です。

・・・・・

どういうことかといいますと、あなたが何か大切な行動を起こす場合、あるいは相手とのコミュニケーションといいますか、インタラクティブなことを行なう場合は、

いろいろな選択肢とその対応策を考えて行動すると、いい結果が出やすいということです。

(1)仕事編

まずは、わかりやすい例として仕事から考えてみましょう。

あなた(女性)が会社員だとして、上司に「今晩、二人で飲みに行かないか」と誘われたとします。

たぶん内心は「えーっ」と思い、どうしようかと悩んだり、迷ったりすることもあるかと思います。

そういうときは、いろいろな選択肢とその対応策を考えておくと、のちの行動がかなりラクになるのです。

上司はあなたとあえて二人で飲もうというのですから、例えば・・・

1)上司があなたに重大な説教を行なう
2)上司があなたを狙っている
3)ただ単に誰かと飲みたいだけ
4)あなたを(仕事ができるので)ベタ褒めする

ぐらいが考えられますね(他にもいろいろあると思いますが・・・)。

であれば、

1)の場合は、やはり内心はどうであれ、上司がそこまでして説教したいのであるから、ここは仕事と割り切って覚悟を決める、最悪の場合は「泣く」ぐらいの覚悟をする・・・

2)の場合は、上司が好みならそのまま楽しむのも手だし、断りたいなら暗に彼氏の存在をほのめかす。それでもしつこい場合は、婚約予定であるぐらいのウソを言おうかな・・・とか考える。

3)この場合は、とくに問題なし。まあ、「誰か」という候補に選んでもらったのですから、(嫌かもしれませんが)上司を楽しませてあげるぐらいでもいいかな・・・とか。

4)とくに問題なし。「○○さん(上司)のおかげで仕事ができるようになったんですよ~」ぐらい言おうかなとか・・・

・・・・・

いかがでしょうか?

(2)恋愛編

たとえば、初めてデートするお相手の場合にも、事前にいろいろ考えておくといいかもしれません。

・何時に帰るか(これを決めておけば、安心。理由も考えておくとよい)
・何を話すか(相手が話ベタだったときのネタを考えておく)
・行った行楽地がおもしろくなかった場合どうするか(代替できる場所を考えておくとか)
・食事代のお支払いはどうするかとか

まあ、いろいろ考えておくと便利でしょう。急にあたふたせずにすみます。

・・・・・

お気づきかもしれませんが、これらは「悪いこと」に対しての策が多いわけです。

まあ、要するに、人間いい出来事には対応するのは簡単ですが、悪い場合に翻弄されてしまうわけです。そこを事前にシミュレーションしておくのです。

(ここが単なるプラス思考とは違う点です。プラス思考は、起こったことは何でもプラスにとるということですが、世の中にはこのプラス思考の影響を受けたために、司法試験に10年落ちても楽天的な人もいます・・・)

(もちろん、それはそれでその人の人生なのでOKなのですが、やはり社会的にみるとちょっと厳しい面も否めないと思いますので、来年こそ落ちないような精密なプランを選択肢思考で厳しく立ててみることをオススメします)

(もっとも優秀な刑事は、「刑事の考え」と「犯罪者の考え」という多くの選択肢を持っているというアレですね)

・・・・・

この選択肢思考を厳密にしたものが、コンサルタント業界でいわれる「MECE(ミッシー)」や「戦略的自由度」、数学でいえば確率の「場合の数」というやつです。

ですから、それなりに信憑性のある考え方でもあります。

私も仕事やプライベートで使っており、たいへん重宝しております。

お役に立てていただければ幸いです。
[PR]
by akitabijin1 | 2008-05-16 10:42 | 恋愛

職場で好かれる男になるとっても簡単な方法

こんにちわ。秋田美人です。

本日は、口ベタで、内気な男性必読!

あんまり話が上手でない男性も、職場で好かれる男になる方法をお教えしましょう。

・・・・・

ステップ1)

チョコレートを買う(細かくて一口ぐらいのものでよい、パッケージされているもの。場合によってはビスコとか、ミニ・チョコパイでもOK)。

ステップ2)

職場の女性(あんまり人数が多過ぎる場合は自分の直接関係のある少数の女性)に適時配る。

結 果)

これでアナタもモテモテ(・・・というのは言い過ぎですが)。

・・・なのです!

(ちょっと、そこのアナタ、以下もちゃんと読んで~ 飛ばさないで~)

・・・・・

なんか分からないけど、女性はけっこう甘いものが好きらしく、しかも「ちょこっと」食べるのが、気分いいらしいのです。

しかも、これはどうやら、極端にダイエットをしている女性でもない限り、年齢を問わずに通用するようなのですよ。

・・・・・

私の場合、机の引き出しには、いつもチョコなどの甘いものが入っており、いつでも配れるようになっています。

同僚の女性が、お客さんにいじめられたとかいって怒っているときに、

秋田美人「まあ、これでも食いなよ」

(サッと、ビスコを差し出す)

同僚の女性「ああ~、ありがとう~ なんか少し気が楽になった~ しかも、このリンゴ味は、あんまり売ってなくない?」

・・・ってなことは、けっこうあります。

(私の場合は、既婚なので、もはやこれをもってどうこうすることはありませんが、職場の治安維持に役立てております・笑)

・・・・・

こうして、いつも甘いものを持ち歩いていると、「秋田美人=甘いもの=私たち女性の味方」というイメージがすり込まれるらしく、

女性たちの仲間に入れてもらえるのです!

(男として見られなくなる場合もあるが・・・)

・・・・・

で、独身の男性の場合は、お気に入りの女性に気軽に近づける方法として最適です。

不思議なことに、これを繰り返すと、警戒を解いてくれるようなのです。

かなりお話しやすくなるでしょう。

マッチョなタイプの男性ですと、ちょっと役に立たないかもしれませんが、私のようにかなりなよっちい男性には有効な方法かと思います。

使える方は、使ってみて下さい。
[PR]
by akitabijin1 | 2008-05-13 10:50 | 恋愛

他人の結婚式の効用2

こんにちは。今回は、前回の続きです。

・・・・・

橘つぐみが、前回の私のブログを読んで「秋田は、次の点を忘れているのではないか」ということでございました。

その5)既婚者の方は、初心に戻れる

橘つぐみは、結婚式に出るたびに、

「最近、夫を虐げているから、結婚した当時の気持ちに戻って、優しくしようかな?」

と思うようです(注:夫とは私、秋田美人のこと・笑)。

大いに反省して下さい!!

・・・というのは、半分冗談ですが、初心に帰るっていいじゃないっすか。

その6)お友達を改めて理解する

親しい仲のお友達でも、意外に知らないことは多いものです。

私の知っている男性でも、「バスケットボールで日本2位になった」ということを、結婚式で初めて知ったということもあります。

あなたのお友達に意外なエピソードがあるかもしれませんが、こういったことは、よく結婚式で発表(?)されますよね。

・・・・・

・・・ということで、結婚式の効用を追加いたしました。参考にできる方は、参考になさって下さいね。
[PR]
by akitabijin1 | 2008-05-12 14:32 | 恋愛

他人の結婚式の効用

こんにちわ。秋田美人です。どうも。

皆さま、ゴールデン・ウィークはいかがお過ごしでしたか?

私は、栃木の実家に帰って親戚めぐりをしたり、千本松牧場にてソフトクリームを食べたりと、かな~りのんびりした時間を過ごしました。

いや~、のんびりっていいですね。

いまの時期は田植えの季節でして、水を張った田んぼがいたるところにあり、夜は星の明かりがそれらを照らし、かなりきれいです。

田んぼの水の流れる音、蛙の鳴き声も落ち着きます(橘つぐみは蛙が大嫌いらしいですが・笑)。

息子も、そこそこ大きくなったら、オタマジャクシを飼って蛙にするまで育てさせたり、那珂川で魚を獲ったりさせたいと思っております。

・・・・・

このあいだ、お友達の結婚式(正確には披露宴ですが)に出てまいりました。本日は、そのお話です。

もう何度結婚式に出たでしょうか・・・、自分だけでも3回結婚式を挙げたりして、のべ20回ぐらいは出ていますかね。

思うのは、どの結婚式でもだいたいパターンが同じこと。

これは、一回経験するとわかりますが、式場の関係であんまり独創的な結婚式を挙げることがたいへん難しいといいますか(追加料金もすごく高くなる)、

あと一応、結婚式はセレモニーなので、決められたことをやらねばならないといいますか、

ともかくそれほど変わることはないわけです(私の結婚式もいろいろ工夫したつもりではありますが、それほど変化があったとは思えません)。

・・・というわけで、慣れてしまえば、出席して何か新しいことがあるわけではありません。

・・・・・

しかし、他人の結婚式に出ることは、出席する私たちにとって、いろいろな意味があると思われます。結婚式の効用というやつです。

その1)心の底からお祝いできるかどうか?

これは、いわゆる幸せテストですね。人によっては、あまりいい気分で参加できないというお話も聞いたことがありますが、とにかく幸せな新しい夫婦を見て、自分も幸せな気分になれるかどうか。

このときの感情が、今後、自分の幸せを占います。

私も、自分が一人ぼっちのときに参加して、なんか淋しいような、虚しいような感じで帰ってきたことがあります。その夜、その気持ちを反省し、前向きに行こうと気を引き締めたことがあります。

その2)幸せのオーラを浴びる

1)で、幸せな気分になれる人はいいと思いますが、以前の私のように、仮にしっくり来ない場合でも、あの人生でもっとも幸せな状態である二人のオーラ・・・

あのオーラを浴びることによって、自分のなかのイメージが良いほうに変化するかもしれません。

その3)おいしいものを食べて気分転換

いつもはあまり食べないようなものが出ますから、それをしっかり味わって食べるだけでも、得した気分です。

(余談ですが、この間の料理では、コンソメのスープの底に脂っこいムースが入っており、「なんだか味の合わないムースだなあ」と思って残しましたが、あとでメニューを見たら「フォアグラのムース」だったことが判明!? 秋田美人は料理の味がわかっておらん・笑!)

その4)着飾ることで、運気を変える

いくら参加者といえども、それなりには着飾りますから、自分としてはかなり「イケてる」カッコウで参加するわけです。

「イケてる」自分。いいじゃないっすか。

たまにはそういうカッコウもしないとね。ダイヤモンドだって、たまには磨かないと。

・・・・・

ということで、基本的には結婚式はどれもおんなじですが、参加者にとってもいろいろな効用があります。

お呼ばれしたら、こんなことを考えつつ、参加してみてはいかがでしょうか?
[PR]
by akitabijin1 | 2008-05-09 10:12 | 恋愛


つぐみ恋愛相談所の恋愛コンサルタントが日々の中で気づいたことを綴った日記です。


by akitabijin1

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
恋愛
人生
こころの健康
出産・育児
できごと
Twitterつぶやき集
告知
自己紹介

以前の記事

2012年 12月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 02月
2005年 06月
2005年 05月

フォロー中のブログ

野性の勘で恋せよ乙女!

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧