<   2007年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧

「魂のバランス」理論

おはようございます、秋田美人です。

前回の「フラれるということ・・・」ででてきた、魂がバランスする話を、名付けて「魂のバランス理論」(←そのままやんけ!)と言いたいと思います。

・・・・・・・・・・

秋田美人がこのことに気づいたのは、どっかの本を読んだというのではなくて、自分の経験からでした。

秋田美人は、けっこう多くの修行(?)をして気がつきました。

修行といってもブッダの時代とは違って、いばらの道を裸足で歩くとか、砂に埋められるとかそういったのではないですが(笑)、

多くの経験をすることから、わかってきました。

・・・・・・・・・・

前回は、恋愛のお話でしたが、秋田美人も何人かの女性とのお付き合いの経験から・・・

「確かに、いまの自分のレベルにあった人とうまくいくよね~」

という実感が得られました。

秋田美人は、いわゆる美人に属する人ともお付き合いしたことがありますし、逆に男友達からは「え、こんな顔の人?」という女性ともお付き合いしたこともあります(←言ったやつはたいへん失礼なやつですが!)。

また、アジア系の外国人女性ともお付き合いしたこともありますが、容姿や国籍を問わず、やはりそのときの自分の魂のレベルにあった人が来てくれるのです。

・・・・・・・・・・

仕事もそうです。20代で転職5回の、起業2回という経験があります。

「ビジネス・モデル」とか「戦略」「マーケティング」とか、MBAではまことしやかに言われますが、秋田美人の経験では、やはり自分のレベルにあった仕事・・・

これが独立するにも、サラリーマンをやるにもいちばんいい結果を産むような気がしています。

秋田美人は「たいへん優秀な人」と言われた職場もあれば、「早く辞めて欲しい~」と促された職場もあります(ちなみに、秋田美人はそう言われると、すぐに辞めてしまいます。合わないところでがんばってもお互い不幸だからです)。

・・・・・・・・・・

住む場所もそうです。↑の転職と結婚のため、20代で8回引越ししました・・・

とてもワクワクした休日が過ごせる家・土地と、なんか落ち着かない家・土地など、自分の魂にあった状態が出てきます。

社宅で3LDKに一人暮らしをしたこともありますが、そこはあまりよくなかったですね。でも、築25年の1DKでハッピーに暮らしたこともあります。たいへん居心地がいいのです。

・・・・・・・・・・

学校もそうです。いい学校と言われているところでバツの悪い思いをしたところもありますし、レベルは高くありませんがとても楽しい学校も経験しました(もちろん、いい学校でいい思いをしたこともあります)。

友達もそうですね。残念ながら友達も人生において変わるのです。とてもいい友達に囲まれて暮らした時期もあれば、嫌味な方々と付き合うことで自分のエリート意識を高め、すごく性格の悪い人間でいたこともあります。

・・・・・・・・・・

・・・ちょっとしつこかったかもしれませんが、結論をいえば、現在、あなたに与えられているものは、すべてがあなたに合ったものをチョイスされているのです。

それは、あなたの潜在意識(真実のあなた)があなたの知らない部分で「いい」と思って自分から選んだものだからです。

・・・・・・・・・・

ですから、まずはすべての与えられたものは、自分で選んだと思って、感謝して生きることが大切なのです。

これは、あなたの嫌な上司や嫌な友達も「魂レベル(潜在意識、真実のあなた)」では自分で選んで、好きで苦労する道を選んだと考えることも意味します。

よって、すべてを受け入れて暮らせば、一瞬で幸せになることができます。

多くの宗教や、一部の自己啓発書が強調しているのはこのことです。

・・・・・・・・・・

ただ、秋田美人がいいたいのは、その「魂レベル(潜在意識、真実のあなた)」は、なにも本当にあなた自身が100パーセント選んだわけではなく、ときとして親とか、まわりの友達のせいで、

無理やり選ばされてしまった場合もあるということです。

(ちょっと↑と矛盾するかもしれませんが、その矛盾は秋田美人の限界です。批判するのではなく、あなたがいい理論に変えてみてください。いまは大事な話をしています)

・・・・・・・・・・

そこで、もし「どうしても」現在の状況に満足できない人のために、「真実のあなた」を変える方法をお教えしているという話につながるのです。

・・・・・・・・・・

・・・ということで、本日は、朝から熱のこもった話になってしまいましたが、

現代はもはや精神の時代で、お金やモノよりももっと大切な話にもかかわらず、こういった議論がされていませんから、書きました。

朝からお読みくださって、ありがとうございました。

顔は見えませんが、あなたの幸せをお祈りいたします・・・

あなたに幸せがなだれのごとくおきますように・・・
[PR]
by akitabijin1 | 2007-07-28 09:48 | 人生

フラれるということ・・・

こんにちわ。秋田美人です。

本日は、久々の恋愛論。「フラれる」ということについて考えてみたいと思います。

・・・・・・・・・・

恋愛がご無沙汰になってしまう人に多いのは、

「フラれたときのショックが大きすぎて、もう告白できない。だから、相手から告白されない限り自分からお付き合いできない!」

・・・ということです。

それぐらい、フラれるということはたいへんなことなのですね。

・・・確かにフラれるということは嫌なことですよね。

秋田美人も過去に大きな失恋をして、ホント家からも出なくなって、3ヶ月間ぐらい何もできなかったときがあります。

ただ、そのときは大学生で若かったことと、まわりに友達がいたので、助かったんですが・・・。

(もう12年も前の話になります。当時の関係者の方、忘れていると思いますがありがとうございます。)

だから、お気持ちはわかります。

さて、今回は、物語を使いながら、どういうふうに考えを切り替えていけばいいのかについて考えることにします。

・・・・・・・・・・

ここにメレちゃんという女性がいたとしましょう。

で、リオくんという男性を好きだとしましょう。

大学で同じテニス・サークルに入ったときから3年間ずーっと好きで、この夏の合宿で何とか告白しました。

しかし、リオくんは、萌ちゃんという1年後輩の女の子が好きで、メレちゃんは結局断られてしまったのです。

・・・・・・・・・・

メレちゃんはすごく心が痛みました。毎日夜は泣きながら眠ること3ヶ月です。

活発な性格のメレちゃんも、もはや病人同然。衰弱していつもぼーっと暮らしているのです。

どうしたらよいのでしょうか?

・・・・・・・・・・

メレちゃんが、いつものようにぼーっと大学へ向かうときに、ボロボロの服を着ている老人に出会いました。今はゲートボールばかりしているのですが、昔は恋愛コンサルタントをしていたという老人です。

その老人は、秋田と名乗りました。

メレちゃんは一人暮らしということもあって、誰かに話したい気持ちにかられて、秋田老人にリオくんとのことを話しました。

メレ「わたし、3ヶ月前に、リオくんという男の子に告白したんです。大学に入学したときからずーっと好きで、サークルの合宿で一緒のチームになって、カレーを作ったりしたときに、すごく優しくて・・・」

秋田「ふーむ。そうか。告白してよかったねえ。・・・でもなんかスッキリしない顔をしているね」

メレ「・・・」

秋田「わかるよ、うまくいかなかったんじゃろ。わしも30年、恋愛アドバイザーをしておったからね。表情でわかるんじゃよ」

メレ「・・・(ワーっと泣き出す)」

秋田「・・・」

メレ「彼は、わたしの後輩の萌のことが好きらしくて、わたしを振ってから、付き合いだしたみたいで・・・。萌は性格がきつくて、みんなにも嫌われていて、よくリオのことも影で悪く言っているのに・・・」

秋田「なるほどのう。なかなかひどい女というわけじゃな」

メレ「あんな女の子と付き合って、リオくんがかわいそう・・・(涙がこぼれる)」

秋田「うーむ。リオくんにほれてるのう・・・」

メレ「・・・(こっくりうなずく)」

・・・・・・・・・・

ここで秋田老人は、こんなことを言い出します。

秋田「リオくんにほれているのはわかるし、萌ちゃんをひどいと思う気持ちもわかる・・・。しかし、萌ちゃんは、それはそれで仕方がないんだよ」

メレ「えっ・・・? (怒った様子で)だってリオくんのことを影で悪く言っているんですよ。しかも付き合っていながら!」

秋田「うーむ。確かに萌ちゃんがリオくんを悪く言っているのは悪いが、おそらく魂のレベルが低い子なんじゃ。彼女もこれから試練が待っている身なんだよ」

メレ「・・・」

秋田「そして、リオくんはかわいそうじゃないんじゃ。だってそういう子とお付き合いして影で悪口をいわれているんだから、結局は同じレベルなんじゃよ」

メレ「彼と彼女はお似合いだっていうことなんですか(怒)!」

秋田「いやいや、そう怒らないでくれんか・・・。結局、わしが言いたいのは魂のレベルが同じものどうしが結局はくっつくのが恋愛だといいたいんじゃ。ただそれだけのことなんじゃ」

メレ「でも、こんなにリオくんのことを好きなのに・・・」

秋田「メレちゃんがたとえ海よりも深くリオくんを愛していても、魂のレベルが合っていないんじゃから、実はどうしようもないんじゃよ」

メレ「じゃあ、振られたわたしの気持ちはどうなるんですか!」

・・・・・・・・・・

秋田「もしメレちゃんがリオくんよりももっと立派な人間であるならば、必ずリオくん以上の男性と巡り会う。これはこの年寄りが何十年も見てきた真実なのじゃよ」

メレ「・・・」

秋田「逆に、メレちゃんがリオくんより何か魂のレベルが低いならば、リオくんよりいい男は見つからない・・・」

メレ「・・・」

秋田「つまり、リオくんが悪い男ならメレちゃんは悪い男と付き合わなかったんだから、フラれてラッキーだったし、リオくんがイイ男だったら、メレちゃんのレベルを超えていたのだから、自分で手に負えなかったから仕方がないんじゃ」

メレ「じゃあ、わたしのレベルが低かったってことですか?」

秋田「いいや、この場合は違うのう。もしリオくんがいま誰から見ても幸せになっているんじゃったら、残念ながらそうかもしれない。しかし、付き合っている彼女に陰口を言われているんだから、それほど魂のレベルは高くないのかもしれん」

メレ「・・・」

秋田「だって、メレちゃんなら、そんなことしないんじゃろ?」

メレ「ええ、そんなひどいことしないです! 好きな人を悪くいうなんて・・・」

秋田「じゃあ、あんたは今回は何も悪くなかった。まあ、魂のレベルが高すぎたと思って、リオくんに同情してあげなさい。いずれ彼らも問題が起きるじゃろ。で、自分より魂のレベルが低い人のことは忘れて、いい人を探したらどうかな?」

メレ「そんな・・・、そんな話ってあるんですか!」

・・・・・・・・・・

この話を聞いてから、メレちゃんは心の傷が癒えてきました。ほどなくして、恋愛ができるところまできました。

秋田老人のいうとおり、お付き合いする人が喜べるような、魂のレベルを上げるような、そんな生き方を心がけてみました。

・・・すると、本当にいい男と知り合ったのです。リオくんをはるかに超えるようないい男です。

(リオくんと萌ちゃんは、やはり口が災いして、お互いひどく揉めて別れてしまったとのことです)

・・・・・・・・・・・

(まとめ)

・フラれるということは、いいも悪いもない。

・自分よりいい男にフラれたのであれば、自分の魂のレベルが足りなかっただけなので、今後努力すればいい。自分が未熟だとわかってラッキーだった。いずれいい男に出会う。

・自分より悪い男にフラれたのであれば、自分の魂のレベルが高すぎたのだから、悪い男には自分はもったいなかった。だから付き合わなくてラッキーだった。もっとレベルの高い男はどこかにいる。

・たった一度の失恋で、すべてが終わることも、すべてが成功することもない。

・確かに気持ちは落ち込むが、できるだけ早めに気持ちを切り替えて、新しい恋愛にチャレンジしてみましょう。

(追記)

・ちょっと無理がある物語でしたが、考え方が使えると思った方は使ってみて下さいね。
[PR]
by akitabijin1 | 2007-07-25 16:19 | 恋愛

「真実のあなた」を変える4

こんにちわ。秋田美人です。本日は「真実のあなた」を変える4回目です。

今回も難しい人には難しい話ですが、簡単な人には簡単なお話です。

・・・・・・・・・・

レベル4)複数の組織に属する

あなたの「真実のあなた」(潜在意識)を形作っているもので、もっとも大きい部分は「人」から学んでいることです。

幼いときには両親(この部分がほぼ7割ぐらいを占めるといわれる)、幼稚園、小学校、中学校、高校、大学、部活・サークル、バイト先、会社(いまは1社から3社ぐらい経験するでしょうか)で出会う「人」が大きな部分を占めるんですね。

ですから、昔からよく言われますが、有名人が似た学校から出たり、兄弟全員がスポーツで活躍したり、第一線の学者になったというようなことがあるわけです。

・・・・・・・・・・

つまり、あなたは所属する組織から強い影響を受けており、その組織のなかで決まっている制度・文化などによって「真実のあなた」も形作られているといえます。

考え方に共通の枠組みができてしまうのですね。

それで、これは歳を取るほど顕著になり、「歳をとった犬には新しい芸を教えられない」とか、「ノーベル賞を取る学者は20代の業績で決まる」などといわれるわけです。

・・・・・・・・・・

身近な例でも・・・、

あまりにも従業員を大切にしない会社に勤めている人は、

「仕事はつまらないが我慢してやるものだ」

というメンタリティを持っていますし、仕事に希望を持っていない人が目立ちます。

逆に・・・

「仕事は楽しい。創造的であり、とてもやりがいのあるものだ!」

という雰囲気の会社に勤める方々は、夜眠らなくてもバンバン仕事をしたりします。

マッキンゼー社とか、リクルート社などから起業する人が多いのも、その会社の文化がそうなっていると考えられています。

・・・ということで、あなたが現在の自分に閉塞感を感じ、何か変えたいと思う場合、複数の組織に所属することをオススメします。

・・・・・・・・・・

秋田美人の場合は、できるだけ仕事と学生を両立するように心がけています。

たとえば、(最近はほとんどありませんが)仕事で不快な思いをしたとしても、勉強を一生懸命集中してやれば忘れてしまいますし、

勉強で学んだことが、時として仕事に直接役に立つ場合もあります。

仮にまったく役に立たないとしても、潜在意識(真実のあなた)には何らかの枠組みを与えたと考えられ、自分のなかでは変化が見られるようになりました。

・・・・・・・・・・

秋田美人は、新しいビジネスの創業を目指して職人系の学校に通っていますが、職人系の方々とはいままで一度もお付き合いしたことがありませんでした。

大学・資格系の学生は、仕事も大手企業とか、資格事務所、(国家)公務員のようないわゆる事務系の人が多いため、その組織でいかにキャリアアップしていくかという視点が多いですよね。

給料、昇進、雇用の安定・・・そういった考えが強い人が多いように思います。

しかし、職人系の方々は、そもそも自分でモノを作ること自体が好きなんですね。

寡黙で、決して口がうまい人は少ないですが、お金や昇進よりも、自分の作ったモノを多くの人に使ってもらいたいという考えをしており、非常に共感がもてます。

そういった方々とのお付き合いから、学歴、企業、競争、昇進といった世界でない、別のすばらしい世界が見えるようになったのです。

・・・・・・・・・・

他にサッカー(フットサル)でも、マラソンでも、お茶でも、書道でも、なんでもいいのです。

できたら自分のいまの仕事に直結するような技術・能力が得られるといいですが(そのほうが結果としてお金も入ってくるから)、

ともかく複数の組織に属するようにして、自分のなかの「真実のあなた」を変えていって下さい。

また、特典として、別の組織に入れば今まで知らないタイプの男女もいるわけで、いい出会いがあるかもしれません(笑)。

秋田美人がいま通っている職人系の学校でも、(いまや恋愛は必要ありませんが)若い女性が多いですよ(笑)~

「真実のあなた」を変えるための組織ですから、そういったことを目的にするのはなんなんですが(笑)、カタいことを考えず、とにかく何かやってみましょう。

道が開けると思います!

参考にされる方は、参考にして下さいね。
[PR]
by akitabijin1 | 2007-07-24 15:33 | 人生

「真実のあなた」を変える3

こんにちわ。秋田美人です。本日は「真実のあなた」を変える、の3回目です。

あなたが「何か目標を達成したい」とか、「何かを実現したい」「変わりたい」と思ったときに、あなたの表面の意識だけを変えても、なかなか効果が少ない例を挙げてきました。

それで、自分で楽にできる方法として読書(レベル1)とCD(レベル2)を挙げてきました。

次はレベル3ということで、少し行動しなければならないことが入ってきます。

しかし、本日の内容はこのブログをお読みいただいている方には、簡単な内容です(やっていない人には難しいですが・・・)。

・・・・・・・・・・

レベル3)日記を書く

レベル3は「日記を書く」ことをオススメします。

まあ、現代でいえばブログを書くということです。確か、経沢さん(トレンダーズの社長さん)なんかが勧めていらっしゃったような気がします。

しかし、「真実のあなた」(潜在意識)を変えるための日記は普通の日記ではないので、いくつかの注意点があります。以下でご説明いたしますね。

・・・・・・・・・・

注意1)愚痴は書かない

以前、秋田美人は「悩みはあるが、ストレスはない」と書いたことがありますよね。

つまり、そうとうポジティブに生きても確かに悩みは存在します。これはどうすることもできないと思います。

人は変えられませんし、自分の能力や肉体にも限界がありますからね。

ですが、だからといって、自分の愚痴を毎日つらつら書いたのでは、あなたの表面上の悪い感情を文章にして、かつ自分で念を押して確認する行為をしてしまいますから、

「真実のあなた」(潜在意識)は変わりません。

それどころか、モヤモヤした感情を明確な文章にして、再び自分で「真実のあなた」に植えつけますので、かえって悪い効果が出てしまう場合もあります(斎藤一人さんもおっしゃっておりますが、悩みは形に出さないのがベストなのです)。

個人的な趣味の日記ならもちろんけっこうですが、「幸せになりたい」「成功したい」と思うのなら、やめたほうがいいかもしれません。

・・・・・・・・・・

注意2)できたら、多くの人に読んでもらうようにする

これもけっこう大切だと思います。

秋田美人の場合は、もはや日記で「真実のあなた」を変える必要性を感じておりませんので、あまりブログの読者数などは気にしておりません。

気持ちよく読んでいただいている方が数人でもいらっしゃれば、それでじゅうぶん幸せです。

しかし、「真実のあなた」を変えたい場合は、少し人数なども気にかけてみて、人に好かれる文章と話題を研究する必要はあると思います。

多くの方の意見を聞くことで、自分の向上に役立つからですね。

日記でウケた話を、恋人にデートでする。そうして、自分が楽しい人だと思ってもらう。

ラーメン屋さんとか、デパート、飲み屋さんに日記の話題づくりに行く。そうすれば、デートのときに場所選びに困らない。

「日記(文章)で人の役に立つ」

これができれば、あなたは思想家、作家、起業家と言ったっていいんです。人の役に立ってる人は、いずれ「真実のあなた」も幸せな性格になって、あなた自身必ず幸せになれるんです。

・・・・・・・・・・

注意3)できたら、相手を乗せる文章を練習する

文章で相手を動かす。文章で相手の心をポジティブにする。

そういう文章を研究することによって、相手を乗せることができるようになりますが、

実は、いちばん乗ってしまうのは自分なんですね。

相手を乗せるために一生懸命書いた文章は、実は「真実の自分」をいちばん乗せる文章になっているんです。

ですから、究極のところ、自分がいちばん幸せに変われるんです。

ここ、けっこう盲点だと思いますがね(同様なことは確か神田さんがCDで言っていたような・・・)。

(・・・ということで、仮に読者の方が数人だとしても、このブログを書いていちばん幸せになっているのは、秋田美人なのかもしれないんですよ)

・・・・・・・・・・

以上、「真実のあなた」を変える方法3回目をお送りしました。

皆さんはほとんどすでに日記を書いていますから、工夫される方は工夫して書いてみてくださいね。
[PR]
by akitabijin1 | 2007-07-20 13:03 | 人生

人類みな親戚?

こんばんわ。秋田美人です。

本日は、ちょっと思いついた話をさせていただきます。

今日は短いです。すみません。

・・・・・・・・・・

突然ですが、日本の平安時代の人口は、ネットで見ると11万人~13万人ぐらいだったそうです。

まずは「平安時代の人口は約12万人」と覚えておいて下さいね。

・・・・・・・・・・

あなたが彼と結婚したとします。あなたがたカップルは2人ですね。

あなたがたの両親は合計4人ということになりますよね。

その両親の両親は合計8人ということになりますよね。

以降、繰り返しますと・・・

なんと・・・

たった17代前の人口が13万1072人です(2の17乗)。

で、今までの全日本人の寿命を60歳で換算すると、60×17=1020年。

今が2007年ですから、2007-1020=西暦987年(平安時代中期)です。

・・・・・・・・・・

このモデルは兄弟姉妹の存在とか、寿命を平均60歳としているとか、親戚どうしは重複して婚姻関係を持たないなどを取捨してあり、非常に大まかではありますが・・・、

秋田美人が申し上げたいことは、17代前には我々はみんな親戚だった可能性があるということですね。

・・・ということで、一緒に働いている嫌な上司も、憧れの○○ちゃんも、実はもとをたどればみんな親戚なんですよ。

そう考えると、なんか親しみが湧いてきません?

嫌な人もいるかもしれませんし、好みじゃない人もいるかもしれませんが、そこらへんは親戚ということで、うまくやりましょう。

秋田美人はそう思って生きています。

使える考えと思った方は、そう考えて見てくださいね。
[PR]
by akitabijin1 | 2007-07-19 18:32 | 人生

「真実のあなた」を変える2

こんにちわ。秋田美人です。本日は「真実のあなた」を変える2回目です。

前回と今回の2回が、自分ひとりで受身で(自分から何かめんどうなことをせずに)やる方法です。今回あたりから即効性は出てきますが、難易度は高くなってきますよ。

このブログを常々お読みいただいている方は、「またかあ。ひょっとして、ネタ切れ?」と思われるかもしれませんが、何度書いてもいいお話ですし、「真実のあなたを変える」というテーマでの再録ですので、お許しを。

・・・・・・・・・・

レベル2)CDを聞く

さて、これは、日本人でやっている人は1パーセントとか多くても3パーセントぐらいしかいない話だと思います。

秋田美人の知っている人では4人しかおらず、いずれも起業家の人だけしかやっていません。

・・・それは講演や自己啓発のCDを聞くということです!

・・・・・・・・・・

選ぶ基準は本と同じで、自分が必要としている知識とか、自分が目標としている人のお話を聞くんですね。

で、1回ではなく100回ぐらいは聞き、内容や話し方まですべて覚えてしまうというやり方です。理想の人になりきってしまうのです!

CDが読書よりすぐれているのは、やはり成功者の生の波動を受け取ることができるからですね。その声や間(ま)に含まれた「雰囲気」が無意識のうちに自分の「真実のあなた」に働きかけるのです。

ですから、あなたが知らない部分で、あなたの行動や生き方、思考が変わってくるのですね。

・・・・・・・・・・

ただ、難点はちょっとお値段が高いことでしょうか。

書いて攻撃を受けた人も多いのでやんわり書きますが、100万円以上する会社のセットもあります。でも、そこまではやらなくてもいいかもしれません(もちろんお金がある人はどうぞ)。

アメリカなどではそのセットを購入して勉強して、大企業の社長になった人がかなり多いです。効果は認められていると思います。

日本でも、多くの起業家(本田健さん、神田昌典さん、道幸武久さんなど・・・)がCD(昔は講演テープ)を聞いて、成功されています。

・・・・・・・・・・

秋田美人がオススメするのは、日本一のお金持ちである斎藤一人さんの書籍についているCDを聞くことですね。

1冊1500円ぐらいですから、たいしてお金はかかりません。

他にフォレスト出版などのCD付きの本(1500円くらい)や、きこ書房のナイチンゲール・コナント・サクセス・ライブラリー(2500円くらい)、神田昌典さんサイトで販売されているCD(5000円くらい)、竹田陽一さんのランチェスターもの(5000円くらい)などは購入して聞いています。「金持ち父さん」のCDは日本語で出ていないので、英語版を買って(amazonで買えます)聞いていました。

秋田美人が在籍している「斎藤一人塾」もいわゆるCD講和ですが、1枚525円で卒業までに合計18枚。たいした額ではありませんが、これでずいぶん気持ちが良くなったのです。

なかには英語の恐れを取り除くCDなんかも持っていて、新婚旅行の際にはグアムの方々と楽しくお話しするのに役立ちました。

それまでは、正しい英語を話そうとやっきになって、ぜんぜんお話できなかったのですが、CDのおかげで気にしなくなったのです。

・・・・・・・・・・

聞き方は簡単で、通勤・通学の際にCDプレイヤーを持って出かけるだけ。ぼーっと歩いている時間も、あっという間にメンタルトレーニングの場に早変わりです。

クルマで通勤している方は、聞きながら運転します。いずれは、会社に行くたびに精神が強くなるというありがたい習慣になるのです!

車の中で、ブライアン・トレーシーの営業スキルCDを毎朝聞くようになってから、営業に強くなった経験もあります。

・・・・・・・・・・

秋田美人もけっこうな人に紹介しておりますが、やっている人はほとんどいませんね。

それで、その方々は「いろいろな悩みを抱えて苦しい」とよくこぼしています。方法はお教えしていますから、それはそれで仕方がないことなのかなと思ったりします。

また、その方々はその方々の与えられた修行を行っているわけですから、秋田美人がなんともすることはできないのかもしれません。

秋田美人は、ひそかにその方々を「苦しみたくて苦しんでいるのではないか?」「楽になりたくないのではないか?」と思うときもありますが、

逆に言えば、「秋田美人がたいした成功もしていないから影響力がない」と厳しく考え、つねづね反省しているところです。

しかし、秋田美人・橘つぐみ・にわかちゃんは、この方法でさらに幸せな日々を過ごしていくことでしょう。そう実感しています・・・

・・・・・・・・・・

・・・ということで、本日はCDの効用について書かせていただきました。

次回からは、多少の努力が入ってきますので、もっとたいへんですが、変わる可能性は高くなると思います。

使えると思った方は使って下さいね。
[PR]
by akitabijin1 | 2007-07-18 13:23 | 人生

「真実のあなた」を変える1(補足)

こんにちわ。秋田美人です。本日は、前回の補足です。

・・・・・・・・・・

補足1)同じ本を何度読んでもOK

「真実のあなた」を変えるための読書ですから、年間30冊読まない場合は、同じ本を何度も読んで、本の内容を自分に染み込ませるのもありです。

秋田美人も『金持ち父さん 貧乏父さん』や『新・資本論』などは何回も読んでいます。

ちなみに「宗教」の英語はreligionですが、これは「(教典を)繰り返し読む」という意味らしいです。繰り返し読んで、教典を自分に染み込ませ、「真実のあなた」を変えてきたと考えられます。

・・・・・・・・・・

補足2)本を読むことが目的ではない、「真実のあなた」を変えるのが目的

最近、起業家になるために「速読」が必要ということで、速読を何十万かでやらせる講座が流行っています。

もちろん起業家になるのに知識も大切な武器ですが、本を(多く)読むことがゴールではありません。

そこの部分を誤解しないように、お願いしますよ。

(実際、速読の講座を修了しても、起業はおろか、何も変わらない人をけっこう見てきました) 

・・・・・・・・・・

補足3)時間はかかるかも・・・

日本人は自己啓発書をそこそこ多く読んではいますが、成功しないし、お金持ちになる人も少ない、と過去に書きました。

読書をしないよりははるかにいいですが、読書で自分を変えるのは、けっこう時間がかかると思います(1年ぐらい)。

長い時間をかけて、自分を磨いていくのに適しているのが、読書ですね。

即効性を期待するなら、次のお話からお楽しみにね。
[PR]
by akitabijin1 | 2007-07-13 10:38 | 人生

「真実のあなた」を変える1

こんにちわ。秋田美人です。

前回の「真実のあなた理論」に基づけば、

表面上のあなたではなく、潜在意識(あなたのコントロールできない心の奥底)にいる「真実のあなた」こそが人生の成功と失敗の鍵を握っている、というお話でした。

それでいろいろな例を挙げて、ある程度、一般的なお話であることを示しました。

今回は、その「真実のあなた」を変える方法をお話したいと思います。

・・・・・・・・・・

レベル1)本(文字)を読む

最もレベルが低く、効果も弱いとは思いますが、まずは本を読むことをおススメします。

(何もしていない人に比べると、それでもそうとうなレベルだと思います)

明確な目標ということであれば、年に最低30冊は読んで欲しいところでしょうか。

ちなみに秋田美人が知る限り、年に30冊本を読む人は大人の10パーセントぐらいだと思います(京王線の朝夕の通勤電車で本を読んでいるのは、秋田美人が乗った車両では僕一人。多くても2~3人で、しかも自己啓発の本とか経済関係の本を読んでいる人はまずいません)。

学校の勉強は、ほぼ役に立ちませんが、読書はたいへん役に立つものです。

学歴がない事業家でも、本を多読する方はとても多いですね。幸せな商人、斎藤一人さんも中学校卒ですが、本は毎日1冊ぐらい読んだといいます。

つまり学校よりも読書のほうが人生にとってはとても大切なのです。

人間関係に苦しむ人はその内容が書かれている本を。起業なら起業の本。恋愛なら恋愛本。

自分が知りたいと思った分野を5冊~10冊読む。

それだけでそうとう変わるでしょうね。

秋田美人は、その人の本棚を見れば、だいたいどんな人間かわかります・・・

それほど読書はその人の「真実のあなた」を現すのです。

・・・・・・・・・・

とくにおススメは、自分がなりたい人の本を全部読むことです。

秋田美人は、過去に栗本慎一郎さん、村上春樹さん、小室直樹さん、大前研一さん、斎藤一人さん、小林正観さん、ロバート・キヨサキさん、本田健さん、神田昌典さん、後藤芳徳さんなどの本はほとんど読んでいますが、困ったときに・・・

「大前さんなら、こう考えるかな?」

と思って行動できるぐらいになれば、その分野では、あなたはもはや○○さんと同じ思考を獲得したことになります。

そのさまざまな分野で第一級の考え方ができる複数のあなた(過去の日記「複数の自分をつくる」参照)。その複数のあなたの集合体が「真実のあなた」ということになります。

・・・・・・・・・・

新本で買っても2000円×5冊~10冊=10000円~20000円。

秋田美人のように古本を買うのであれば、10冊でも1000円~1500円。

これだけの投資で自分が変わります。

道幸さんというミリオネア・コンサルタントの方は、冊数ではなく年収の3パーセント(だったけな?)分は、自分で買えと言っています。

彼の成功したときの自己投資額は1900万円で、現在は1億円以上稼いでいると言います。

秋田美人が「つぐみ恋愛相談所」を始められたのも、多くは本のおかげなんですよ。

・・・・・・・・・・

続きは次回。どんどん難易度が高くなってきますよ~
[PR]
by akitabijin1 | 2007-07-12 10:12 | 人生

真実のあなた理論

こんにちわ。秋田美人です。

前回書かせていただいた、潜在意識の話は「真実のあなた理論」と呼ばせていただきます。

表面上、何やかやとやっても、潜在意識を変えないとあなたはなかなか変われないし、最悪の場合「真実のあなた」があなたの知らない部分で出てしまう、という話でした。

・・・・・・・・・・

この「真実のあなた理論」を用いると、さまざまなことが簡単に説明できます。

その1)スポーツ

野球選手やサッカー選手などですごいパフォーマンスを残す方が増えてきました。

以前は、メジャーリーグなどでも、簡単に補欠になってしまっていた(あの江夏とかもそうですよ!)日本選手ですが、野茂選手やイチロー選手の活躍により、日本人もメジャーで活躍できることがわかりました。

・・・で「そうか、俺もメジャーで成功できるかも知れんな。新庄だって、そこそこプレーできたのだし」

と思えた人(潜在意識の中で自分もメジャーで成功できると思えた人)が、いま続々とプレーしているのです。

こういっちゃあ何ですが、あるチームの○○選手は、日本では補欠に近い位置にいましたからね。でも、メジャーで勝てると思えば、勝ててしまうのです。

彼は、表面上の意識ではなく、おそらく体の芯からそう思っていることでしょう。

・・・・・・・・・・

その2)起業家

これもそうです。昔は何となく仕事につけない人とか、親が商人とか、そういった人が商売を始めるケースが多かったと読んだことがあります。

しかし、いまは大学院出とか大学生とか、きわめてよく計算された事業計画を持って、起業家になる人も増えています。

おそらく起業の精神的環境(起業家がクローズアップされるようになった、起業の本が増えたなど)がよくなったためと考えられます。

つまり「この大学生の僕でも、あの本に書いてあるとおりにやれば成功できるかも・・・」と心から信じきった人が、ぽつぽつ成功しているのです。

これは、株式投資なども同様の現象です。

・・・・・・・・・・

その3)宗教

これもそうです。いい悪いは別として、宗教をやって心静かに幸せに暮らしている人がいますが(ちなみに秋田美人は無宗教です!)、

これは「潜在意識の部分を神さまが見ている」と考えることによって、「その神さまに恥じない生き方をしよう」と考えるところから来る幸せ感ですね。

恥じない生き方=宗教の教えを守ること、ですから、その宗教にしたがっている限りは、静かで幸せな生活になります。嫌なことがあっても、宗教が対処の仕方も教えてくれますしね。

我が心の師匠である小室直樹さんの本を読むと、

そういった神さまに対しての考え方が、資本主義の精神となって、資本主義の発展に果たしたという話が書かれています。

いい宗教に入ると、幸せになる人がいる・・・。宗教が廃れない理由です。

・・・・・・・・・・

その4)心理学

このあたりは専門ではないので、専門家が「秋田美人の記述は間違い」といわれると困るのですが、最近の心理学のなかには、

「嫌いな人と話すときでも、自分のオーラが相手を包んでいるように(実際には見えないオーラですが)見て(想像して)、話しましょう。そうすると、相手も親切に応対してくれます」

と書いてある本があります。

「ラポールを築く」とか書かれていたりしますが、秋田美人の解釈では「真実のあなた」が相手を苦手であることについて、一時的に隠す(自分をコントロールする)方法だと思っています。

・・・・・・・・・・

その5)自己啓発書のベストセラー

これは前回書きましたが、大前研一さんや堀紘一さんの本、斎藤孝さんとか、斎藤一人さん、落合信彦さんなど、自己啓発のベストセラーはいざ知らず。

しかし、それを読んで成功した人は数少ない。

「真実のあなた」が変わっていないからなんですね。

映画でジャック・スパロウ船長を見て、ちょっと汚い言葉を使って粋がるが、1日もすると元に戻る。

これもおんなじ現象です。

また、日本はブームがおきやすいといいますが、この理由も簡単。

日本人は表面上の変化しかしない。真実の部分はあまり変化しない人種だからなんです。

・・・・・・・・・・

上記は、批判ではないことに注意して下さいね。要は、人間なかなか本質的なレベルまで変わることができない、ということなのです。

ですから、まずは常日頃、あんまり恥ずかしくない、やばくない生き方をしましょうと言っているのです。

・・・ところが、その「真実のあなた」を変えることができる場合があります。

簡単ではありませんが、次回、ご紹介しましょう。
[PR]
by akitabijin1 | 2007-07-09 17:53 | 人生

恋愛でも正直は最良の策!

こんばんわ。秋田美人です。

本日は、恋愛でもやはり正直が最良の武器であるというお話です。

ちょっと難しい表現が多いかも。すみません。

・・・・・・・・・・

人間には「潜在意識」というものがあることは、みなさんご存知でしょう。

例えば、まったく無意識で学校まで来てしまった。途中でバスに乗ったし、料金も170円きちんと財布から出したはずなのに、記憶にない・・・。

こういった現象はありませんか?

こういう場合に、潜在意識が活躍してくれているわけです。

・・・・・・・・・・

しかし、潜在意識にも悪い面があります。

それは、あなた自身でさえも自分の潜在意識をコントロールできないこと、です。

正確に言いますと、何ヶ月とか何年間か修行すれば変わりますが、瞬時に操ることができないのです。

・・・・・・・・・・

「ダイエットしたい」
「今日から英語を勉強するぞ!」
「将来、絶対起業するっすよ」

・・・とか、いろいろな宣言を秋田美人も数多く聞きましたし、実際、日本では自己啓発書、成功本もバンバン売れています。

しかし、変わらない・・・

変えられない・・・

そういう人が多い。

秋田美人は医者ではないし、心理学の学者ではありませんので、学術的に正しいかどうかはわかりませんが、

「経験上」判断させていただくと、その原因は潜在意識の力が大きいと思います。

潜在意識は急に変わらないので、気持ちだけ変わってもダメなんですね。

・・・・・・・・・・

実は、これは恋愛にも当てはまっており、例えば、男を金づるとしか見ない女性が、デートでどんなにおしとやかにしても、

潜在意識が勝手にそう語ってしまいますから、お相手の男性は・・・

「何となくお金に汚そうな女性だな」

と感じることになります。なかなかお付き合いに行かなかったりします。

付き合っても長くは続かないとか。

・・・・・・・・・・

また「女はセックスできれば、あとは興味なし・・・」と思っている男性は、デートのお相手の女性に・・・

「何となく軽そう。イヤらしい感じ・・・」

と思われてしまうのですね。告白しても振られることが多い、というわけです。

・・・・・・・・・・

「いやいや、そうは言いますが秋田さん、けっこうそうやって引っかかってくる女はいますよ!」

という声も聞こえてきそうですね。

秋田美人もそう思います。それで、けっこう引っかかってくる女性もいるとは思います。

理由の1つは、女性の判断ミスがあるでしょう。何となく「?」と思っても、恋愛経験が足りなくて行動を失敗してしまうのです。

もう1つは、「そういうことが好き」という場合もあります。

いろいろな考えがあると思いますが、そういったことを楽しみたい女性は、それはそれでいいと思います。人間、好みがありますからね。いいんですよ~

最後は、相手も別の観点で男性を騙そうとしている、というのがあります。いわゆる「類は友を呼ぶ」というやつです。

お互いに水面下で醜い争いをしているというわけです。ふう~

・・・・・・・・・・

「人間好みがあるから、好きにしていい」という前提を持ちつつ、あえて言わせていただきますと、

そうして仮にうまく相手を騙せたとしても、長い目で見ると、おそらく騙した人は幸せになれないでしょう。

・・・・・・・・・・

2人が形はどうであれ愛し合うようになれば、いずれ結婚という形に結びつくことが多いですが、

結婚は何十年もしますから、ウソをついて結婚しても早晩破綻すると思いますし、

仮にウソをつき続けていれば、潜在意識と顕在意識(あなたがいま考えていること)がいつも異なっているわけですから、

精神的に何か異常がでるとか、心穏やかに暮らせなくなる可能性が高まります。

まあ、いわゆる精神分裂症というやつですかね(正確な医学用語とは違う意味で使っておりますが・・・)。

・・・・・・・・・・

また、仮にその人の精神がすごく強くて、分裂症に耐えられる優秀な(?)神経の持ち主だったとしても、

貴重な人生の中で結婚した相手に対して、

相手のすべてを受け入れるのではなく(いわゆる愛ですね)、単なるお金とかセックスだけだったという、いわゆる心のセコさを見るにつけ、とても悲しい感じがするのは、私だけでしょうか?

(だったら、さっぱり別れて、自分の心から愛する人を探したほうがよほど有意義です)

・・・・・・・・・・

・・・まあ、しかし、人間は生まれ変わるといいますから、今仮にセコい人生を送ったとしても、次の人生では少しは進歩すると言われていますから、

まあ、いいとは思いますが、

やはり今世で、幸せとか魂の成長とか、安らかな生活を送りたいというのであれば、やはり正攻法がいちばんだと思います。

・・・・・・・・・・

知っている人で、夫婦で裏切りあって不幸になっていく人を最近見かけましたので、書かせていただきました。

潜在意識はウソをつけませんから、恋愛のみならず、仕事や人間関係でもいろいろとトラブルになると思いますので、

気をつけたい方は気をつけて下さいね。

追記

この間、久しぶりに見た特番のドラマ『ライアーゲーム』の、主人公のかわいい女の子ではないですが(あの女優さんは、有名なんでしょうか? 今後、ぜひがんばってもらいたい)、やはり正直は最良の策だと思います。

ちなみに彼女の役柄は、正直というのとはちょっと違いますけどね(笑)。
[PR]
by akitabijin1 | 2007-07-05 18:31 | 恋愛


つぐみ恋愛相談所の恋愛コンサルタントが日々の中で気づいたことを綴った日記です。


by akitabijin1

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
恋愛
人生
こころの健康
出産・育児
できごと
Twitterつぶやき集
告知
自己紹介

以前の記事

2012年 12月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 02月
2005年 06月
2005年 05月

フォロー中のブログ

野性の勘で恋せよ乙女!

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧