<   2007年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

人の心の中まで踏み込まない・・・

こんにちわ。秋田美人です。

本日は「人の心の中まで踏み込まない」というテーマでお送りします。

・・・・・・・・・・

ある日、居酒屋に行ったときのことです。

秋田美人と知り合いの男性Sさんで飲もうということになって、比較的値段の安い、大衆居酒屋チェーン店に入ったんです。

お店に入ると、女性の店員さんがおしぼりを渡してくれましたが、そのときSさんが・・・、

「ちょっと、渡し方乱暴じゃない? 俺らが若いと思っていい加減にやってんじゃないの?」

・・・と女性店員に言ったことがあります。

たいへんビックリしました!

確かに女性店員は、あまり丁寧な渡し方をしませんでしたが、大衆チェーン店であることや、彼女の忙しい様子を加味すれば、決して怒るような話ではないと思いました。

しかし、彼は続けます・・・

「やっぱ接客は心でしょ? 心を込めてきちんとやってくれないと困るんだよね!」

秋田美人は「Sさん、まあまあ。メニューでも見たらいかがですか?」

・・・と、さりげなく話題をそらしましたが、とても考えさせられる出来事でした。

・・・・・・・・・・

ちなみにSさんは、我々にはとてもいい人なのですが、店員さんとかにはなぜか横柄になる方で、

たぶん、自分が仕事をしているときに一生懸命(まるで奴隷のように)あらゆる人に下手に出るタイプなので、そういうことを要求してしまったのだと思われます。

しかも、Sさんのほうこそ、秋田美人から見れば、仕事は丁寧ではあるものの、決して心から尽くしていないように見えるのですね(実際、上司やお客さんがいなくなると、すぐに文句を言います)。

・・・・・・・・・・

さて、この出来事から秋田美人が言いたいことはなんでしょうか?

秋田美人がいい人である? Sさんは心の狭い人?

いえいえ、そんなことではないんです。

要は、私たちが他人に自分の心の中へ踏み込んで欲しくないように、私たちも他人の心の中の価値観にまで踏み込まない方がいい、

・・・というお話なんです。

・・・・・・・・・・

その女性店員が私たちのお酒に何かを入れたとか、私たちの服に何かをこぼしたとかいうならば、お客さんとしてそのサービスに意見をいう権利はあるかもしれません。

お金を払っているのだし、不必要なサービスを受けているのですから。

しかし、百歩譲ってSさんがその女性店員から不利益を受けたとしても、その女性店員の心の中の気持ちにまで云々言わないほうがいいと思ったわけです。

・・・・・・・・・・

似たような話で恋愛においてよく聞くのは、

「彼(女)のああいう価値観がよくない」

とか、

「彼(女)の考え方をこういうふうに変えねばならない」

などと言っている女(男)性の話です。

お付き合いして、まだ関係が固まっていない段階で、上記のようにお相手の考え方まで変えようとすると、多くは別れる方向にいくことになります。多くのケースを見てきました。

・・・・・・・・・・

「自分がこういう価値観がすばらしいと強く思う!」というのであれば、自分がその価値観で生きればいいのであって、

相手のことを考える暇があったら、さらに自分で自分の好きな価値観をブラッシュ・アップさせていけばいいんです。

それで、相手が「キミの価値観とか生き方・考え方はすばらしい。いろいろ教えて」と言って来たら、懇切丁寧に教えてあげるほうがいいし、

それぐらい魅力があれば、あえて相手に嫌われながら自分の小さな価値観を押し付けなくても済むことは間違いありません。

・・・・・・・・・・

なんか説教臭くなって、たいへん申し訳ありませんが、最近、知り合いで、こういう話題で別れた人が続いたので、書いてみました(いいところまで行っていたので、たいへん残念に思っています)。

「この考えは得になる」と思われた方は、取り入れてみて下さいね。

追記

Sさんのように人の心の中に踏み込んで意見し、無理やり自説を聞かせることで気分がよくなる方がおりますが、

それは闘争の際に出るホルモンが出ているからだと思います(アドレナリン)。

でも、こういった気分の良さを続けていると、けっこう老けます。一時的な気分の良さに惑わされずに、幸せな気持ちで気分の良さを味わったほうが若返るし(ドーパミン)、絶対得だと思いますよ。
[PR]
by akitabijin1 | 2007-06-21 12:45 | 人生

「にわかちゃん語学学校」のススメ

こんにちわ。秋田美人です。本日は、「にわかちゃん語学学校」についてお話させていただきます。

0歳のお子さんがいる人、これから出産したい人などにお教えしたいお話です。

・・・・・・・・・・

秋田美人は、毎日「にわかちゃん語学学校」にて、朝6時30分から7時ぐらいまで授業を受けています。

教室はウチの家、先生はにわかちゃん(秋田美人の子供、4ヶ月、男の子)です。

誕生4ヶ月にもなると、ベイビーは幼児語を話すようになります。

「あー」とか「うー」とか、

「あーうう、あえらあ」

といったような言葉です。

・・・実はそれを秋田美人はほぼ毎日習っているんです。

・・・・・・・・・・

授業は簡単で、にわか先生が話し始めたら、英語学校と同じように、先生の後に復唱します。

先生の目を見て、にっこりしながら、復唱するんです。

何度かやっていると、ある言葉のパターンがあり、にわか先生はどうもそれを一生懸命伝えたいらしいのです。

で、もともとベイビーが話すときは、ご機嫌なときが多いので、おそらく話している言葉は、にわか先生的にはプラス思考の言葉なのですね。

・・・・・・・・・・

秋田美人は、いまでは10語ぐらい話せるようになりました。

にわかちゃんが機嫌が悪いときに、秋田美人が・・・

「んくう」

「あーれや、れや」

「うー」

(発音がお伝えできなくて残念ですが・笑)、と話すと、急ににわかちゃんは・・・

「おお、あなたは僕の言葉が話せるんですね?」

といわんばかりの嬉しい顔をして、機嫌が良くなるのです!

ときどきは、逆に、にわかちゃんが同じ言葉を秋田美人のあとから言います。

(お腹が減っているときにはどうにもなりませんが・・・)

・・・・・・・・・・

0歳のお子さんがいらっしゃる方、幼児語を馬鹿にするなかれ。

神の使いといわれる赤ちゃんが話すのは、天国で神さまが話している言葉かもしれないのですぞ!

覚えておけば、天国に行ったときに、他の人よりも早く神さまに気に入られるかもしれませんので、

ちょっとアジア系の国の人たちの気合入った会話みたいな感じで、朝からなんなんですが(笑)、

良かったらお宅のベイビーの○○ちゃんに習ってみて下さい。なかなかいいですよ。

追記

早起きの訓練にもなります(笑)。
[PR]
by akitabijin1 | 2007-06-20 12:45 | 人生

デーコンのススメ (実践編)

こんにちわ。秋田美人です。本日はデーコンのススメ実践編!

前回までにデーコンの全貌は明らかになりました(?)が、いつものように秋田美人の説明ベタのために、何がなんだかわからない状況となっております。

本日は、そのデーコンを解明すべく、ケースにて紹介します(大げさだなあ・・・)。

・・・・・・・・・・

まず、登場人物紹介。秋田美人、Kにいさん、友子ちゃん、真里菜ちゃんがいるとしましょう。

こんな感じで・・・

秋田「やあ、友子さん、こんにちわ。最近、恋愛うまくいってますか?」

友子「なんかいい人いなくってさあ。秋田ちゃんはどうよ」

秋田「うーむ、さっぱりだね。誰かいい人いないの?」

友子「えっと、あ! いたよ、最近別れた真里菜が・・・」

秋田「え、そうなの? でもまだあきらめきれていないんじゃない?」

友子「でも、けっこう寒い時間が長かったから、じゅうぶん気持ちは切り替えてるよ」

秋田「悪いんだけどさ、紹介してよ。僕のほうも、Kにいさんというユーモアあふれる熱血教師を紹介するからさ」

友子「へー、その人、まじめなの?」

秋田「そうだね。少なくとも女遊びとかする感じじゃないね。昔からの親友だし、フットサルとかやってるしね」

友子「いいじゃん、いいじゃん。じゃあ、来月の土曜日に、海にでも行こう!」

秋田「来月ね、OK、Kにいさんにも電話しとくわ」

・・・・・・・・・・

という感じで、秋田と友子は知り合い、秋田とKにいさんは友達、友子と真里菜が友達。

この4人で海、ないし飲み会などに行く。

これをデーコンといいます。秋田と友子はとくに恋愛感情はありません(あってももちろんOKです・・・)。

・・・・・・・・・・

デーコンのメリット)

さて、デーコンのメリットはデートと合コンよりも大きいです。秋田美人からの視点で見た場合・・・、

「会うお相手が、変な(性格などが合わない)女性だったとしても、Kにいさんと友子とは一応遊べる」
「Kにいさんと友子が友達・知り合いなので、お互いの話が弾まないリスクはない」
「2対2なので(気分その他が)重くない」

「人数が少ないので、真里菜が好みの人であればじゅうぶん話ができる」
「まわりも理解があるので、電話番号も聞きやすい」
「真剣に付き合いたいと思っている人が来るような設定になっている」
「出会いも軽いわけではないので、付き合う雰囲気がある」
「Kにいさんと相談しておけば、好みの人が被ってしまう恐れがない」

いかがでしょうか? デーコン、けっこういいでしょ?

しつこいですが、これで秋田美人がいわゆるキューピット役になって、結婚した友達も意外にいるのです。

・・・ということで、使える方は使ってみて下さいネ。
[PR]
by akitabijin1 | 2007-06-19 10:03 | 恋愛

このブログの効用(広告?)

こんにちわ。秋田美人です。

本日は、臨時で、このブログの効用について書かせていただきます。

この間、秋葉原にある、ある研究所(自己啓発セミナー?)に行ってきました。秋田美人はよく
そういったところに顔を出し、いろいろ勧誘とかでトラブルに巻き込まれたりもするんですが(笑)、

けっこう無料でいろいろ教えてくれるし、勉強になるので、気に入ったものがあると1回は顔を出すことにしています。

(ウチは自己啓発の会社のダイレクトメールがいっぱい・・・、嫁さんにたまに怒られますね・笑)

・・・・・・・・・・

さて、そこでは、どうも秋田美人のストレスを測ってくれるらしいのですが(心理テストとタコの吸盤がついた配線の機械を使う:心電図みたいなものですかね)、

担当者がクビをひねっているのです。

なぜかというと、秋田美人にはストレスがないかららしいのです。

・・・・・・・・・・

担当者「うーむ。ひょっとして秋田さんはストレスってありませんか?」

秋田美人「(1秒も間をおかずに)アリマセン!」

担当者「ひょっとして実は、無職か学生さんではないのですか?」

秋田美人「いえいえ、それなりにちゃんと仕事をしていますよ」

担当者「失礼ですが、どのようなお仕事なんでしょうか?」

秋田美人「えーっと、まあ、心理カウンセラーみたいな仕事でして(・・・と説明する)」

担当者「うーむ・・・けっこう神経を使われるお仕事でいらっしゃいますよね・・・。秋田さんのストレス度は、小学生か悟りを得たお坊さんぐらいですね。うーむ・・・」

秋田美人「ホント、(ストレス)ないんですよね~」

担当者「(ちょっと苦しげに・・・)ま、まあ、ストレスがないということは、さらに自分を向上させるのにいい状態ということですから・・・。つ、つぎは講座の説明を・・・」

・・・という感じでした(笑)。

・・・・・・・・・・

思えば、嫁さんの出産のときに、なぜか秋田美人も助産院で「体質チェック講座」を受けたときにも、助産院の先生が・・・

「ダンナ(秋田)さんは本当にストレスがないんですね~」

・・・と言っていました。

自分なりに修行した成果が出始めているのかもしれません。

・・・ということで、このブログに書かれていることは、ほとんど秋田美人の実践例ですから、みなさまもぜひとも使えるところは使っていただき、楽な気分で暮らして下さいね。

それがいちばんですからね!
[PR]
by akitabijin1 | 2007-06-18 10:23 | 人生

恋愛コンサルタントが送る、デーコンのススメ

こんにちわ~ 秋田美人です。

本日は、久々の恋愛技術(?)。デーコンについてお送り致します。

・・・・・・・・・・

デーコンとは何ぞや?

難しい数式で表現すると、

デーコン≧デート+合コン

となります。

難しいでしょ(笑)。

つまりはデートと合コンを足して、その二つよりいいもの。

それを「デーコン」と名づけました♪

この名前が嫌な人は「ゴート(合ト)」でもいいです(笑)。

・・・・・・・・・・

このデーコンは、秋田美人の過去の経験から生まれました。デートと合コンのよさを活かした戦術ですから、

まずはデートと合コンの悪い部分を書かねばなりません。

ちょっとお読みくださいね。

・・・・・・・・・・

デート)

初めて(会う人と)のデートは1対1で行いますから、それはうまくいけば最も強力です。これはいまさら言うまでもないと思います。

しかし・・・

「会うお相手が、変な(性格などが合わない)男性(女性)だった場合、1日損をする」
「お互いの話が弾まないリスクがある」
「(男性に)すぐに体の関係を求められて嫌な思いをすることがある」
「1対1なので(気分その他が)重い」

という欠点が挙げられています(相談者、友達、秋田美人の経験による)。

次に、合コンについてですが、

合コン)

メリットは、多くの異性と知り合えるとか、出会いや別れがさっぱりしているとか、軽い気分でOKとか、基本的には2時間~3時間で済むというメリットがあります。

しかし・・・

「人数が多いので、(好みの人と)話ができない」
「他人の目があるので、電話番号が聞きにくい」
「真剣に付き合いたいと思っていない人が来る」
「なんか出会いが軽いので、付き合う気分になれない」
「お友達と好みの人が被ってしまう場合がある」

などという意見があります(根拠は同上)。

そこで、「デーコン」が登場してくるのです!

(「デーコン」は一応、このブログの著作権にて守られています。使用する際は、秋田美人という人が最初に提案した方法だ! と言って使って下さい・・・ってそんな人はいないか・笑)。

・・・・・・・・・・

デーコンとは)

・人数は4人(男2:女2)。
・男女各1名どうしは知り合いであるが、恋愛感情はない二人である。
・男どうし、女どうしは親友。
・デートのように昼間どこかに行ってもいいし、合コンのように夜飲み会してもいい。

・・・というものなんです。

ちなみに、秋田美人の(あまり多くない)親友で、過去3人が、秋田美人主催のデーコンにて結婚相手を見つけており、現在はお子さんもいたりします(あなたのことですよ。今度、何かおごってね)。

他にも何人かやりましたが、みんな1回くらいはその後にデートに行って、カップルまでは行って別れた人たちも多いです(ごめんね、今度、何かおごるよ)。

・・・というように、やりようによってはすごくいい結果が出るんです。

・・・・・・・・・・

ちょっと長くなりましたので、デーコンのメリットと注意点につきましては、次回お送りいたします。お楽しみにね。
[PR]
by akitabijin1 | 2007-06-16 10:30 | 恋愛

恋愛コンサルタントが送る、複数の自分をつくる(付けたし)

こんにちわ。秋田美人です。本日は、昨日の書き残しを少々書かせていただきます。

・・・・・・・・・・

「秋田美人とは何か?」

と聞かれれば、

「秋田美人は前回書いたようないろいろな顔の集合体である」

と答えたいと思います。

つまり、本当の自分というのは、さまざまな自分の集合体であるという考え方なんです。

おそらく自分探しをされる方というのは、

「たったひとつの自分」

がなかなか見つからない人なんですから、秋田美人的な方法(複数の自分をつくること)も「あり」だと思ったのです。

・・・・・・・・・・

もちろん今の秋田美人ができあがるまでには、紆余曲折がありました。

病院職員であったころは、みなさんの中にもいらっしゃるかもしれませんが、

「医者にヘーコラするために、俺は生まれたんじゃない。病院職員でもできる政治活動をやる」

と思い、大前研一の政策学校「一新塾」に通ったりしました(いまは大前さんからは独立して中味は違う学校になった)。

でも、選挙運動もたいへんそうだし、そもそも人前であがる性格ではどうしようもないので、あきらめたこともあります。

・・・・・・・・・・

また、映画で評論みたいなことをしようと思って、年50本をノルマとし、3年間続けたこともありますが、どうやって評論家になるのかわからず、止めたこともあります。

資格といえば、宅建、行政書士をめざして勉強したが、いずれも2ヶ月で挫折しました。

・・・で、今も残っているのが、前回説明したような「秋田美人」なのです。

現在したい夢は、英語ができる秋田美人、それから手に職がある秋田美人(要するに職人さんですね)。これを手に入れれば、あとはそれを維持・発展させて生きて、ラッキーな人生を送れるのだなあと思っています。

・・・・・・・・・・

複数の自分をつくるステップ)

まずは、日本一の自分をつくるといいと思いますね。

このブログでも前に書いたように、

「日本一子供にキスをするお父ちゃん」

というのもいいですし、過去には、

「日本一ピノ(というアイスクリーム)を食べる男(1日3箱)」
「日本一“まるごとバナナ”を食べる男(1日3本)」

なんていうのに挑戦したこともありました。

自分は日本一の男なのだ、と思い込むことによって、自信がわいてきますし、実際、女性との飲み会でも・・・、

「僕は日本一○○な男です。理由はうんたらかんたら~」

なんてやっていましたが、中には心の優しい女性もいて、

「今度、まるごとバナナ食べてみようかな~」

なんてことを言ってくれた人もいます。一緒に食べてみて、

「ビニールの剥きかたはこうで・・・、何といっても日本一食べてますから(笑)」

とか言ったりして、楽しかったなあ。

・・・・・・・・・・

「日本一恋愛が詳しい男」と称して、いまの嫁さんと知り合い、恋愛コンサルタントになったんです。バカにはできない話なんです。

・・・ということで、「日本一○○」から始まって、英語でも、資格でも、カップラーメン評論家でも何でもいいので、

もうひとりの自分をつくってみる。

さらには3つぐらいつくって、いちばん気に入ったものを残す。

日本一すごいなら、そこからお金が稼げる道も開けてきます。

今日から、日本一の女性、日本一の男性になって下さいね!
[PR]
by akitabijin1 | 2007-06-15 09:28 | 恋愛

複数の自分をつくる・・・

こんにちわ。秋田美人です。本日は、複数の自分をつくるというお話をしたいと思います。

例によって、何の話かわかりませんね(笑)。

「本当の自分」とか「自分探し」をしている方には、役に立つお話かもしれません。

以下で、ご説明いたします。

・・・・・・・・・

「本当の自分とか何か」ということで、いわゆる自分探しをされる方はけっこういますよね。

おそらくは今の自分に不満があって、別の自分、本当の自分がどこかにいるとかあるとか思うわけです。

お気持ちはわかります。

誰だって、今の自分以上の自分でいたいものです。

で、お若い方は自分探しをされるのもいいかと思います。(今の時代は就職だ、何だで、できるかどうかわかりませんが)大学時代は大いにいろんなことをやって、自分を探せばいいと思いますし、

20代くらいは栃木県の益子焼の窯元にいって修行してみるとか、南米あたりをプラプラするのもいいかもしれません。

・・・・・・・・・

しかし、自分が探せない人も多いし、そもそも忙しくて探しにすらいけない人も多いことも確か。

そういった方は、秋田美人の方法を試してみることもいいのではないかと思います。

ある程度、自分を確立しないと、自信が持てずに恋愛でも後手後手に回ることが多いので、この方法はお役に立つと信じます。

・・・・・・・・・・

そもそも自分探しとは何かというと、結局はいまの自分が嫌いで、何か別の自分を探したいわけです。

・・・ということは、今の自分を好きになることが、まずは一番手っ取り早いです。

今の瞬間からできますからね。

このブログのバックナンバーには安らかに、平和に、楽しく生きるコツが書かれていますから、ぜひともお読みいただきたいと思います。

キーワードは「感謝」「不足を追わない(足るを知る)」ですね。

・・・・・・・・・・

次に別の自分を探すという点ですが、多くの人は、たった1つの自分を探そうとすると思います。

たとえば、サラリーマン(OL)の男性(女性)が、

「自分は部長にへーこらするためにいるんじゃない。実はデザイナーになれるはずだ!」

・・・と思い、イタリアへ留学する。

意外に語学の問題とか、才能がなくて、帰ってきてみると、ますます自分がわからない。

そういう場面があるわけです。

・・・そこで、秋田美人の提案する方法は、1つではなく複数の自分をつくってみてはいかがだろうか?

という戦略なのです。

・・・複数の顔を持つということですね。

・・・・・・・・・・

秋田美人の場合)

秋田美人の最も有名(?)な顔は、今は恋愛コンサルタントです。ですから、取材を受けたり、多少は専門家みたいな顔をして講演したりしているわけです。

しかし、秋田美人も別の場面では、(詳しくは書きませんが)営業マンみたいなことをして、お客さんとうまくやれるように、他人から見れば下の立場から、打ち合わせをしたりしていますし、

学校へ行けば、生徒として先生にいろいろなことを習ったりしているし、

家庭では父親として、夫として、けっこういばっている(?)場合もあります。

1日30分は(自称)投資家として、株式とか債券とかを売買しています。

・・・・・・・・・・

つまり「恋愛コンサルタント」「(正確には違いますが)営業マン」「生徒」「父親」「夫」「(自称)投資家」という自分をつくりました。

それぞれがいい面もあり、悪い面もあります。

でも、複数の自分をもつと、嫌な自分は捨ててしまえばいいし、最後は好きな自分が残ればいい、そういう選択ができるのです。

まるで服装を換えるかのように、自分を換えるんですね。まあ、これは飽きっぽい性格によるのかもしれませんが・・・。

あと、秋田美人は、1つだけの人間に思われるのが嫌なんですね。もちろん1つを極めた人には敵わないかもしれませんが、たとえ中途半端でもいろいろな面を持った人間として生きたい。

そういう思いがあります。ここらへんは好き好きですが、少しずつでも多くの顔を持って実行している以上、自分が見つかる可能性が高い方法だと思っています。

・・・・・・・・・・・

まとめますと、自分探しをしたい人は、

(1)若い、またはお金と暇がある→旅でも何でも好きなことをやってよろしい
(2)現状は何も変えたくはないが、気分は早く変えたい→感謝、不足を追わない
(3)ゆっくりと好きな自分に絞って生きたい、飽きっぽい→複数の自分をつくる

いかがでしょうか?

参考にできる方は試して見て下さいね。
[PR]
by akitabijin1 | 2007-06-13 10:43 | 恋愛

また会う日まで・・・

こんばんわ。秋田美人です。この1週間は珍しく忙しい日になりました。

先々週が大阪・神戸、先週が京都にて仕事があり、珍しく2週連続で週末に家を空けることになってしまいました。

家族と離れてひとりホテルにいると、なんか暇ですよね(笑)。独身に戻ったといって気楽になれる人はけっこういるみたいですが、秋田美人は向いていないかもしれません。

・・・・・・・・・・

その忙しい合間に、お葬式にも参加しました。父方のおばあちゃんが急に亡くなってしまったんです。

急とは言いましても、4月末に入院して、GWには食べものが飲み込めなくなってしまっていたので(喉の弁がおかしくなってしまっていたそうです)、それほど長くはないであろう、というのがドクターのお話でした。

・・・・・・・・・・

お葬式に参加して、いままでいろいろとお世話になったこと、思い出しました。

高校生のころ、会うたびに「参考書でも買いなさい」ってお小遣いをもらってしまって、言われたとおりに参考書は買ったけど、あんまりいい成果が残せなかったこと。

社会人になって、数回しかお小遣いをあげられなかったこと(あげようと思っていたが、社会人学生になってしまい、そういう状態でなくなってしまった)。

数年前に結婚式に呼ぶように言われていたが、とうとう果たせなかったこと(おばあちゃんは「認知症」にかかってしまい、もはや数人の家族以外はわからないようでした)。

後悔は尽きませんよね。

・・・・・・・・・・

でも、おばあちゃんと会えなくなることは悲しかったですが、「死」そのことに関しては、とくに悲しいとは思いませんでした。

これは秋田美人の「死」に対する考え方のためで、皆さんにも披露させていただこうと思います。

・・・・・・・・・・

おばあちゃんは亡くなると、おそらく魂になって上の世界に上がって行きます。

で、体もないし、見えないが意思だけがある状態になります。

で、何年経ってもその状態が続きますから、もっと前に亡くなったおじいちゃんと一緒に楽しく暮らすことができます。

何年後かはわかりませんが、僕も亡くなって、同じところに行きますし、嫁さんもそうですし、ウチの両親も「にわか」もそうなります。

そこで・・・

おばあちゃん「人間の世界にいたときは、私はお前にお小遣いをたくさんあげたよね?」

秋田美人「ごめん、役に立たない参考書を買っちゃって」

おばあちゃん「まあ、人間のやることだから、そういった失敗もするよ」「ここでは何も必要じゃないし、誰も目的も持たず、ゆっくりと過ごせるから、早く忘れていいんだよ」

・・・という感じで、ウチの母方のじいさん・ばあさんとか(今はかなり元気ですが)、嫁さんのじいちゃん・ばあちゃんとかも会って、

「はじめまして」「いやー孫たちが結婚しまして・・・」

・・・というふうにやっていると思います。

・・・・・・・・・・

これが秋田美人の「死」に対する考え方です。

ブッタも似たようなことをおっしゃられており、ご自身が亡くなることも、決して後悔はされなかったようです。

まあ、ステージが変わるだけですから。

「また会う日まで・・・」

まだお会いしていない皆さんとも、その世界でお会いするかもしれませんね(生きているときにお会いしたいですが)。

あなた「あなたが秋田美人さんですか? 意外にショボイ人ですね」

秋田美人「人間だったときの話は勘弁してくださいよ~」

とか。

また会う日まで、一生懸命、人生を生き抜きましょうか、ねえ、皆さん。
[PR]
by akitabijin1 | 2007-06-04 18:04 | 人生


つぐみ恋愛相談所の恋愛コンサルタントが日々の中で気づいたことを綴った日記です。


by akitabijin1

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
恋愛
人生
こころの健康
出産・育児
できごと
Twitterつぶやき集
告知
自己紹介

以前の記事

2012年 12月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 02月
2005年 06月
2005年 05月

フォロー中のブログ

野性の勘で恋せよ乙女!

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧