<   2007年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

妊娠の前に気をつけること・・・

こんにちわ。秋田美人です。本日は、「妊娠の前に気をつけること」をお送り致します。

男性が書くネタではないかもしれませんが(笑)。

恋愛相談所にお越し下さって、ご結婚が決まった方も増えてきました。

結婚の次に大切なのはやはり出産ですから、少しそのへんのところを書かせていただこうと思っております。

・・・・・・・・・・

秋田美人が橘つぐみとの間に子供を授かって3ヶ月。妊娠が発覚したのは1年ほど前の6月末でございました。

その3ヶ月前ぐらいから、いずれ「最高の子供」をつくるべく、さまざまな勉強をしてきました。

そんな成果をまとめたものです(でも医学的な根拠とかは完璧ではありません。精神論のようなものと考えて下さいね)。

ちなみに、結果から考えますと、橘つぐみが妊娠したのは我々がベイビーをつくろうと決意したその日でした。要するに、つくろうと試みた初日にできてしまったわけなんです。効果あり?

・・・ということで、妊娠ということにお悩みの方に、少しでもお役に立てたら幸いです。

・・・・・・・・・・

その1)健康な生活をする

まず、我々が気をつけたのは、健康な生活をしようというものでした。

健康な肉体から、健康な卵子・精子ができて、健康な子供ができる。

思えば、当たり前の話です。

健康を分解すると、

健康=栄養×睡眠×ノン・ストレス×運動

・・・と考えた我々は、栄養のバランスを考えた食事をし、夜12時前には必ず眠り(本当は10時にすべきであった)、ストレスのない生活をし(精神を鍛え、ストレスをなくす精神力も身に付けた)、週末に適度に散歩したりしたのです。

・・・・・・・・・・

その2)愛?

「子供は受精したときから意志を持つ」というようなことがたくさん読んだ本の中に書かれていました(生まれたての子供に、お母さんのお腹の中の様子をたずねると、覚えている事例が多く載っているのです)。

「自分が両親(つまり我々)の幸せのために役立ちたい」
「自分が生まれることで、両親が仲良くなって欲しい」

・・・というのが、子供の最初の願いであるということを学んだ我々は、

「生まれてもいないベイビーに心配をかけないように、楽しく、お互いを信頼して、愛ある生活を送る」

ということを心がけました。

途中、喧嘩をすることももちろんありましたが、お互い納得いくまで反省し、すぐに問題を解決して来ました。3日と悩んだ日はないと記憶しています。

・・・・・・・・・・

その3)子供が欲しい、もしできたら立派に育てるという強い意志をもつ

世の中には俗にいう「できちゃった婚」というのがありまして、それはそれでいいと思います。

自然界を見わたせば、ワンちゃんでもにゃん子でも「できちゃった婚」ですから、何も問題はありません。

しかし、ワンちゃん、にゃん子はベイビーができたら(ほぼ)必ず生みますが、なぜか人間はできた後でうろたえる場合があります(これは、人間が持つ洞察力のたまもの(?)と言われています)。

「子供できたけど、(産むか産まないか)どうする?」

なんて暗い顔をして、カップルで相談していると、

せっかく授かった、まだ形もないベイビーが、

「うーむ。僕、生まれていいんだろうか? 体はないが、悩むなあ・・・」

なんて考えたらかわいそう。

ベイビーが、

「こいつら、本気で僕を望んでいるようだ。僕も本気で、産道を通り抜けるようにしよう。お母さんに痛くしないようにしよう・・・」

と思ってもらったほうが、ありがたいのです(実際に、愛ある夫婦のほうがお産は順調にいきやすいという事例がお産関係の本にも載っています)。

・・・・・・・・・・

・・・というように、健康な体と、子供が欲しいという気持ちと、子供が生まれても苦労しないような心構えが精子と卵子に宿って、妊娠しやすくなるのではないか、という仮説を述べてきました。

で、(本当かどうかは証明できないですが、)そういった視点で実践例を書いてきました。

何度もこのブログで書いているように、これが正解とか、これ以外はダメというつもりで書いてはおりません。

いろいろな妊娠の仕方があっていいし、その多様性こそがヒトの素晴らしさだと思います。

使ってみたい方は参考にして下さいね。
[PR]
by akitabijin1 | 2007-05-28 17:08 | 恋愛

恋愛コンサルタントが送る、ペンタゴン・チェック5

こんにちわ。秋田美人です。本日はペンタゴン・チェックの最終回です。

いやー、長かったですね。

途中、時間が空いてしまいましたからね。

ペンタゴン・チェックとは、あなたがお付き合いし、結婚する男性の、(1)性格、(2)女、(3)金、(4)仕事、(5)両親についてチェックするというものでした。

本日は、(5)両親についてお送りしたいと思います。

・・・・・・・・・・

(5)彼の両親

「両親」というのは、あなたの両親ではなくて、彼の両親のことですよ。

「彼とお付き合いするのだから、彼と合えばそれでいいじゃない?」
「またそうやって、新しい概念をつくって、人を惑わせる!」

とお叱りを受けそうですが、この部分もけっこう大切な話なんです。

なぜなら、知っている人は知っている有名な話ですが、

「彼の8割ぐらいは両親の思考のコピーである」

という心理学的な研究成果があるんです。

・・・・・・・・・・

「彼のお父さんは中卒だけど、彼は博士号持ってるわよ!」
「彼のお父さんはまじめだけど、彼は悪なの~」

という話もあるかと思いますが、そういった目に見える部分ではなく、習慣とか潜在的な嗜好などがけっこう似ているものなのですね。

ですから、いま見えていなくても、長い目で見ると彼は両親に似てくるものなんです。

・・・・・・・・・・

あなたが彼の両親を見て、「ここはどうしても耐えられない」という部分が多いのであれば、お付き合いを止めるか、あるいはお付き合い後、結婚後にあまり多く会わないとか、多少の計画は立てておいたほうがいいかもしれません。

あるいは、自分の意地にかけて両親を矯正する、というのもいいかもしれません。

実際に、次のような例があります。

(A子さんの場合)

A子さんは、彼の両親がどうも好きではありませんでした。代々政治家の家柄で「妻は夫に尽くすもの」という考えのある両親だったからです。

両親とは逆に、彼はA子さんの「いいなり」でしたので、安心して結婚しました。

しかし、数年経って、政治家の地盤を継ぐことになると、彼は次第に両親に似てきます。

「政治家が家のゴミを出すことはできない」
「早く跡取り(男の子)を生んで欲しい」
「少なくとも、家の外では僕より3歩下がった感じでいて欲しい」

などなど。両親も、A子さんが息子にいばっている(でもお付き合いしているときはこれでうまくいっていました)のを快く思っていないようで、次第しだいに夫婦生活も冷たいものになっていったのです。

・・・・・・・・・・

(B子さんの場合)

B子さんは、おとなしい子で、30歳になりますが、いままでお付き合いをしたこともありませんでした。

お友達の紹介でお見合いをし、その最初の男性と結婚しました。

結婚した初めのころは、B子さんも迷いがあったらしく悩んでいました。それはそうですよね? 初めてお付き合いした人と(初めて)結婚したんですから。

でも、結婚するときに、彼女は1つの信念があったそうです。

「この温かい両親に育てられた彼が、悪い人であるはずがない。私は、この温かい両親の娘になりたい」

という信念です。

半年ぐらい経って、徐々に彼に慣れてきましたが、彼は想像以上に優しくいい夫でした。B子さんのことを一番に思ってくれますし、B子さんが家計を握ることができましたし、B子さんは仕事を辞め、主婦として(忙しいですが)ストレスの少ない生活をしています。

・・・・・・・・・・

(まとめ)

今まで5つのポイントを言ってきましたが、これはあくまでチェック・ポイントであって、

「こうでなくては幸せになれない」

と言っているのではありません(実際、秋田美人もすべてクリアして結婚したわけではありません)。

しかし、重大な部分ではありますので、あまりにもうまくいきそうにない場合は、考える材料にしていただきたいと思い、書きました(恋愛のご相談にいらっしゃる方の多くはこれらの問題が多いのです)。

しかし、人間の素晴らしい能力の1つに、「先を予測して、それに対して対策を打つ」ということがあります。

クリアしにくいところがあっても、きっと知恵を出せばクリアできるはず。

ペンタゴン・チェック、使える人は使ってみて下さいね。
[PR]
by akitabijin1 | 2007-05-23 16:23 | 恋愛

出版のお話・・・

あっと、それから、本日のブログに追加ですが、どうやら嫁さんのつぐみの出版が決まったようです。

年内には出るらしいので、ここでも告知させていただきます。

僕は執筆者ではないんですが、間接的に影響を与えているはず(と自分で信じたい・笑)ので、自分でも嬉しく思っています。

これも皆さんからもらった元気と、ご意見のおかげだと確信しています。

いつもお読みくださって、本当にありがとうございます!
[PR]
by akitabijin1 | 2007-05-21 16:21 | 告知

ちょっとお久しぶりです・・・

こんにちわ。秋田美人です。

お久しぶりです。ほぼ3週間ほどブログを書きませんでした。

・GW前後に風邪をひいてちょっと体調を崩してから、ブログを書く習慣が途絶えたことと。

・新しい学校に入ったこと(今回は科学技術コミュニケーターを目指す学校)。

・変な批判投稿があり、気分的に萎えたこと。

・家族・親戚に「にわか」を見せに行く機会が多く、忙しかったこと。

・投資の状況がよくまわっていたので、おもしろくて少し集中してしまった。

・「にわか」の子育て・観察に集中したこと。

・高校の同窓会の幹事になったので、その勧誘の文章作りなどを行ったこと。

・新書にはまってしまい、集中して読んでしまった。

・恋愛のネタが切れた(これがいちばん大きい?)。

・・・などなどが重なって、更新できませんでした。でも自分にとっては、短い3週間でした。

興味を持っていただいている方には、すみません。

また、適度な感覚で文章を書いていきたいと思います。どうぞよろしくお願いします!

・・・・・・・・・・

(今後の予定)

・ペンタゴンチェック最終回を書く。
・なぜ成功するための本を読んでも成功する人が少ないのか。
・上手な子供のつくり方(もちろん精神的なお話です)。
・3ヶ月までの上手な子供の育て方。

などを書いていきます。どうぞよろしくお願いします
[PR]
by akitabijin1 | 2007-05-21 10:09 | 人生


つぐみ恋愛相談所の恋愛コンサルタントが日々の中で気づいたことを綴った日記です。


by akitabijin1

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
恋愛
人生
こころの健康
出産・育児
できごと
Twitterつぶやき集
告知
自己紹介

以前の記事

2012年 12月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 02月
2005年 06月
2005年 05月

フォロー中のブログ

野性の勘で恋せよ乙女!

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧