2006年 10月 01日 ( 1 )

恋愛のステップ(実践編)7

こんばんわ。秋田美人です。

前回の続きを書きます。

・・・・・・・・・・

さて、相手に彼氏(彼女)がいるかどうかをたずねるときが、一番むずかしいです。

なぜなら、たいていの人が「彼氏(彼女)いるの?」と聞かれると、なぜかピーンと来るからです。

つまり、あなたが好きな人にその言葉をたずねただけで、相手に自分の気持ちがわかってしまうのです。

相手が一人身ならばいいのですが、そうでなければ、あなたはちょっとバツの悪い思いをする場合があります。ですから、以下のような方法をとるのが無難です。

・友達に聞いてもらう
・何とか噂で手に入れる

など。

今回は、秋田美人は友達のV君(社内旅行の担当者)に聞いてもらおうと思いましたが、嫌がられてしまいました。

仕方がないので、旅行中、ずーっと田口さんの様子を伺っていましたが、特に携帯メールや電話をしているようでもなく、おそらくは一人身ではないかと推測しました。

偶然、旅行先のお昼の食事のとき、田口さんを気に入っている小児科の先生(既婚者だが何かと女性の噂が耐えない男性の先生)が、

「田口は、美人なんだから、彼氏ができれば、もっと幸せになるのになあ・・・」

と田口さんにちょっかいを出してきました。体とか触ってる・・・。

田口さん「先生、ほっといてください(笑)」(と体をよける)

とい会話を耳にしました。

・・・・・・・・・・

たいへん重要な情報です。今回もっとも聞きたかった情報です。

田口さんはかわいそうだったけど、ありがとうスケベな先生!

さらに、旅行の途中で、田口さんから

・読書が好きなこと
・クルマはあんまり気にしないこと
・「病院事務はたいへんですねえ」と心から言っているようだったので、あんまり事務という身分が低いと思っていないこと

が判明しました。

はい、情報収集完了。

田口さんは狙えるということがわかりました。

・・・・・・・・・・

夜の宴会のときに、秋田美人は、宴会を抜け出し、知っている人が誰も来ないようなところの喫茶店にいました。

そして、田口さんの携帯に電話をしました(電話番号は、V君から教わっておいたのです。V君は旅行の担当者ですから。ちょっとずるいですね)。

・・・・・・・・・・

秋田美人「もしもし・・・」

(秋田美人の内心:周りに誰かいるかもしれないので名乗りません)

田口さん「もしもし・・・。どなたですか?」

秋田美人「周りに誰かいますか?」

田口さん「いえ、今はいません」

秋田美人「では、うるさくて聞こえないので、ちょっと静かな場所に移動していただけませんか?」

田口さん「あなたは誰ですか?」

秋田美人「事務の秋田ですよ。こんばんわ」

田口さん「秋田・・・さん? そういえば、さっきから姿が見えないと思っていました。どうして私の携帯電話の番号を知っているんですか?」

秋田美人「まあまあ。それはともかく、もう終わりだと思いますので、ちょっと出れませんか?」

(秋田美人:今までの情報から、おそらく田口さんが来てくれる可能性が高いと踏んで、呼び出しました)

田口さん「・・・。別にだいじょうぶですけど、どちらに行けばよろしいんですか?」

秋田美人「そうですねえ。旅館を右に出たところに〇〇というホテルがあるんですが、そこの喫茶店にいるんです。社内の人たちと飲んでいると、落ち着いて飲めませんでしょ? 軽くソフトドリンクでもどうです?」

(秋田美人の内心:マジメな様子でここまで話してきたので、おそらく信用はしてもらえるはずだ)

秋田美人「若い者どうしで、院内のつのる話でもしませんか? いろいろおもしろい話があるんです」

田口さん「・・・」

秋田美人「お酒を覚ますぐらいなので、30分くらいですから。しかもここのケーキがけっこうおいしいんですよ」

田口さん「そういうことなら・・・」

秋田美人「では、お待ちしてます。ホント同じぐらいの歳の人と軽く話すだけなんで。よろしくです」

田口さん「じゃあ、行きます」

・・・・・・・・・・

・・・という感じです。

ここまで誘って、彼女が断った場合、こんな会話をして、終わりにすれば、次につなげる場合があります。

(例)

田口さん「ごめんなさい。ちょっと・・・」と言った場合。

秋田美人「そうですよね。ちょっと夜ですし。ごめんなさい。酔って変な電話をしてしまって。ほんのちょっと誰かと話したいなあ、くらいに思ってしまって。すみませんでしたね・・・」

・・・というような感じで、あくまで思いつきで言ったかのようにしてしまいましょう。

後日、田口さんが気にしているようであれば、撤退。

気にしていないようであれば、また誘いなおせばいいのです。

・・・・・・・・・・

(例)

田口さん「〇〇さんと行ってもいいですか?」と言った場合。

秋田美人「〇〇さんですね。いいですよ。人数が多いほうがいいですからね」

・・・と言って、3人でケーキを食べればよろしい。

ここで、また関係を深めて、次につなげればいいのです。

・・・・・・・・・・

今回のポイントは、

・情報収集によって、ある程度、自分がお付き合いできる可能性が高いと判断したら、あとは、誘ってみるだけということです。
・誘う際には、「あなたに興味がある」という以外のもっともらしい理由をつけて、誘う。断られても、その理由であったからであって、あなたが拒絶されたのではない、という状態にしておく。
・「フット・イン・ザ・ドア・テクニック」や「ついで戦略」(両方とも以前、解説済み)を使い、相手のハードルを下げて、来やすくする。

・・・ということですね。

・・・・・・・・・・

10分後、田口さんはやってきました。

(では次回)
[PR]
by akitabijin1 | 2006-10-01 22:42 | 恋愛


つぐみ恋愛相談所の恋愛コンサルタントが日々の中で気づいたことを綴った日記です。


by akitabijin1

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
恋愛
人生
こころの健康
出産・育児
できごと
Twitterつぶやき集
告知
自己紹介

以前の記事

2012年 12月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 02月
2005年 06月
2005年 05月

フォロー中のブログ

野性の勘で恋せよ乙女!

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧