鈍感&器の大きい恋愛のススメ

こんにちは、秋田美人です。

本日は、「鈍感&器の大きい恋愛」についてお送りします。

・・・・・

私は、最近、渡辺淳一さんの『鈍感力(どんかんりょく)』(集英社)という本を読みました。

その本は、いかに鈍感な人が優れているか、ということが語られており、一部、こじつけに近いような感じも受けるのですが(笑)、おおむね、その内容は理解できました。

「鈍感力」という言葉自体は、小泉純一郎元首相が当時流行らせたようです。それで、「鈍感」という響きは、あまりよくないように思われますが、

私なりに解釈すると、「人間の器が大きい」ということだと思います。

・・・・・

恋愛でも、最近の女性は鈍感どころか、たいへん敏感ですので、

・食べ方が汚い
・すぐに体を求めてきた
・デートのプランが悪い
・服装のセンスがない
・話がヘタ

などといって、すぐにデートのお相手の男性を切ってしまう人も多いようですが、

鈍感力のある女性ですと、

「まあ、少し変な男性だけど、少しお付き合いしてみると、いいところもあるかもしれない」

といった感じで、デートの回数を増やしてみて、

結果として、「まあいい人じゃないか」「意外にいい奴じゃん」みたいな形で、結婚に至ることがあります(このパターンは意外にけっこうあります!)。

もちろん、敏感な女性を、器が狭いなどと非難しているわけではなくて、「もう少し男性に対して寛容に接すると、あなたほどの魅力的な女性ならば、恋愛なんかチョロイのにもったいないな」という意味で言っています。

参考にされる方は、参考になさって下さいね。

追記

この鈍感力、器の大きい恋愛ですが、これは結婚後も生きます。私のお友達で、結婚生活がうまくいっている夫婦は、お互いがお互いに対して寛容な場合が多く見られます。

もちろん、浮気にまで寛容になる必要はないですが、あんまり細かくチェックしあうのも息が詰まるというわけです。

もしあなたが本当に自分に自信と愛があるならば、相手はきっとわかってくれますので、そこらへんでも無理に変えようと敏感すぎない方がいいのかもしれませんね。
[PR]
by akitabijin1 | 2009-04-16 16:21 | 恋愛


つぐみ恋愛相談所の恋愛コンサルタントが日々の中で気づいたことを綴った日記です。


by akitabijin1

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
恋愛
人生
こころの健康
出産・育児
できごと
Twitterつぶやき集
告知
自己紹介

以前の記事

2012年 12月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 02月
2005年 06月
2005年 05月

フォロー中のブログ

野性の勘で恋せよ乙女!

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧