メンドー恋愛を止める(体験版)

こんにちわ、秋田美人です。仕事が重なったため、続きがなかなか書けませんでした。すみません。

本日は、秋田美人が体験した「メンドー恋愛」について述べてみたいと思います。

いい事例はいろいろあるのですが、あまりにいろんな女性に該当するので、「私のことを書かれた~」なんて取られてしまうとたいへんですからね。一応、私のお話を例とします。

余談ですが、最近、↑のようなメールもあるんですよ~ 私が言っていることが当たるのは恋愛相談のプロとしてたいへん嬉しいのですが、けっこうそういったお話へのフォローもたいへんです(泣)。

(ちなみに秋田美人が書く事例は、いろいろな人のお話を混ぜて書いているので、どんなにリアリティがあっても特定の誰かについて述べることはありません。念のため)

・・・・・

さて、前置きが長くなりました。

「メンドー恋愛」(体験版)、進めさせていただきます。

(あらすじ)

これは私が25歳~30歳ぐらいまでの間のなかの、たった半年間のお話です(と時期を濁しておきます)。当時、私がお付き合いしていた女性は、私以外の妻子ある男性と不倫の関係にありました。

・・・といいますか、もともとその女性と男性が不倫関係にあったのを私が知った上で、私が間に入ったと言ってもいいかもしれません。

なんかメンドーな匂いがしますね(笑)。

彼女はたいへんに魅力のある女性でしたし、そんな報われない関係を何とかしたいというのが、当時の私の考えであったわけです。自分なら幸せにしてあげることができるという自信もあったんですね。

それで何とか間に入って、無事に別れさせることに成功しました。

たいへん良かった、これで二人でやっていける、と思った矢先に、まだ彼女がお相手の男性と細々ながら続いていたことがわかり、いろいろと二人で話し合ったすえ(それはたいへんな出来事でした)、

お互いに大人なのであるから、お互いの生きる道にしたがって生きていこうということで、別れてしまいました。

単純にいえば、私が彼女を変える実力がなかったという、虚しいお話なんですけれども・・・

(これは「メンドー恋愛」?)

ええ、これはもちろんメンドー恋愛です(笑)。

さて、別に私の半生を振り返るというお話ではありませんから、ここから法則や教訓を導き出したいと思います。

(その1:彼女の問題)

まずは、この場合、彼女自身の問題が大きかったと思います。

やはり不倫という恋を選ばざるを得なかったことも大きいですが、会社や学歴などに対しての極端なブランド志向、家族の問題(これはちょっと書けないですが)。

とても生きていくのが、やっかいな性格であったことは間違いありません。ある筋(?)によりますと、彼女は今も男性とはお付き合いしていないということです。

こういった難しい性格を抱えているお相手との恋愛をうまくなるには、こちらが相当大きい器を持っているか、精神的に優位でないと、すぐにメンドー恋愛に突入します。

(その2:私の問題)

当時は仕事に恵まれず、金銭的にはとても不遇な時期でありました。また、将来に対しての展望がなく、不幸そうな人を見て傷を舐めあう関係を気づきやすかったわけです。

現在から見ると、魂のレベルがとても低い。

ですから、メンドー恋愛をしてしまったわけです。

(その3:不倫男性の問題)

実は、私もその男性と当時お付き合いしていた女性と3人で話をしたことがあるのですが(って、これも、かな~りメンドー恋愛??)、その男性はとても優しい人で、そこの部分では確かに魅力を感じる女性もいるのかな?と思ったりしました。

・・・が、ときどきキレることがあるらしく、これがもとで、その後、彼女との縁も切れることになります。

・・・・・

(教訓・法則?)

メンドー恋愛は、まずは、カップル二人の性格によって引き起こされます。

つまり、自分がメンドーか、相手がメンドーか、両方メンドーか・・・

■自分

ここで皆さんに申し上げておきたいことは、少なくとも「自分がメンドーであることを止める」ということですね。

なるべく複雑な人間関係・複雑な性格を改善して、単純にしておくことです。

単純は強いです。“Simple is best”とはよくいったものです。

ちょっとぐらい複雑なタイプのお相手と会っても、上手に自分を合わせて乗り切ることができます。

仕事、人間関係、家族、金銭、学校などが人生を複雑にする要因ですが、これらを順になるべく早く解決しておくと、恋愛も楽になります。

■相手

次に、お相手の問題。

自分がシンプルで、あまりトラブルの多くない生活をしているのであれば、多少、性格が変わっているお相手の世話も焼けると思います。

それで自分でやれそうな努力であるならば、お相手のために一生懸命やってあげるというのも手でしょう。これは、ある意味では、健全な修行(?)といえます。

ただ、自分に余裕がない状態であるならば、複雑なお相手とはかかわらない方が身のためであることも少なくありません。

「好き=相手のすべてを受け入れること」

これには私も異存はありませんが、自分をはるかに越えたレベルの複雑さを抱えるお相手を受け入れることには「?」です。自分も倒れてしまいます。

ポイントは、「苦労のし甲斐」があるかどうかですね。

それなりの苦労も楽しい、あるいは楽しくなくてもそれなりに希望が持てる、またはそれなりの将来図が見えるならば、メンドー恋愛でもがんばってやってみてもいいかもしれません。

しかし、不安や辛さが伴い、それがけっこうな時間続くならば、その恋愛は厳しいかと思います。

■その他

家族の問題、病気などいろいろありますが、とにかく自分の努力と能力の限界をはるかに超えた問題・性格を抱えるお相手には、それなりの覚悟を持って恋愛するといいでしょう。

できたら、単純なお相手がいちばんいいんですが、そこは人それぞれという部分もありますので、ここでは指摘しておくに留めます。

(余談ですが、きわめて普通に、きわめて平凡に恋愛・結婚した人たち。トラブルがそれほど多くなく、まるで神のシナリオに導かれたような人たちは、結婚しても幸せになっているようなお話が多いです。普通・平凡というのは、意外に神様のご加護なのかもしれませんね)

・・・・・

参考になさる方は、参考になさって下さい。
[PR]
by akitabijin1 | 2008-09-08 17:50 | 恋愛


つぐみ恋愛相談所の恋愛コンサルタントが日々の中で気づいたことを綴った日記です。


by akitabijin1

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
恋愛
人生
こころの健康
出産・育児
できごと
Twitterつぶやき集
告知
自己紹介

以前の記事

2012年 12月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 02月
2005年 06月
2005年 05月

フォロー中のブログ

野性の勘で恋せよ乙女!

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧