フラれるということ・・・

こんにちわ。秋田美人です。

本日は、久々の恋愛論。「フラれる」ということについて考えてみたいと思います。

・・・・・・・・・・

恋愛がご無沙汰になってしまう人に多いのは、

「フラれたときのショックが大きすぎて、もう告白できない。だから、相手から告白されない限り自分からお付き合いできない!」

・・・ということです。

それぐらい、フラれるということはたいへんなことなのですね。

・・・確かにフラれるということは嫌なことですよね。

秋田美人も過去に大きな失恋をして、ホント家からも出なくなって、3ヶ月間ぐらい何もできなかったときがあります。

ただ、そのときは大学生で若かったことと、まわりに友達がいたので、助かったんですが・・・。

(もう12年も前の話になります。当時の関係者の方、忘れていると思いますがありがとうございます。)

だから、お気持ちはわかります。

さて、今回は、物語を使いながら、どういうふうに考えを切り替えていけばいいのかについて考えることにします。

・・・・・・・・・・

ここにメレちゃんという女性がいたとしましょう。

で、リオくんという男性を好きだとしましょう。

大学で同じテニス・サークルに入ったときから3年間ずーっと好きで、この夏の合宿で何とか告白しました。

しかし、リオくんは、萌ちゃんという1年後輩の女の子が好きで、メレちゃんは結局断られてしまったのです。

・・・・・・・・・・

メレちゃんはすごく心が痛みました。毎日夜は泣きながら眠ること3ヶ月です。

活発な性格のメレちゃんも、もはや病人同然。衰弱していつもぼーっと暮らしているのです。

どうしたらよいのでしょうか?

・・・・・・・・・・

メレちゃんが、いつものようにぼーっと大学へ向かうときに、ボロボロの服を着ている老人に出会いました。今はゲートボールばかりしているのですが、昔は恋愛コンサルタントをしていたという老人です。

その老人は、秋田と名乗りました。

メレちゃんは一人暮らしということもあって、誰かに話したい気持ちにかられて、秋田老人にリオくんとのことを話しました。

メレ「わたし、3ヶ月前に、リオくんという男の子に告白したんです。大学に入学したときからずーっと好きで、サークルの合宿で一緒のチームになって、カレーを作ったりしたときに、すごく優しくて・・・」

秋田「ふーむ。そうか。告白してよかったねえ。・・・でもなんかスッキリしない顔をしているね」

メレ「・・・」

秋田「わかるよ、うまくいかなかったんじゃろ。わしも30年、恋愛アドバイザーをしておったからね。表情でわかるんじゃよ」

メレ「・・・(ワーっと泣き出す)」

秋田「・・・」

メレ「彼は、わたしの後輩の萌のことが好きらしくて、わたしを振ってから、付き合いだしたみたいで・・・。萌は性格がきつくて、みんなにも嫌われていて、よくリオのことも影で悪く言っているのに・・・」

秋田「なるほどのう。なかなかひどい女というわけじゃな」

メレ「あんな女の子と付き合って、リオくんがかわいそう・・・(涙がこぼれる)」

秋田「うーむ。リオくんにほれてるのう・・・」

メレ「・・・(こっくりうなずく)」

・・・・・・・・・・

ここで秋田老人は、こんなことを言い出します。

秋田「リオくんにほれているのはわかるし、萌ちゃんをひどいと思う気持ちもわかる・・・。しかし、萌ちゃんは、それはそれで仕方がないんだよ」

メレ「えっ・・・? (怒った様子で)だってリオくんのことを影で悪く言っているんですよ。しかも付き合っていながら!」

秋田「うーむ。確かに萌ちゃんがリオくんを悪く言っているのは悪いが、おそらく魂のレベルが低い子なんじゃ。彼女もこれから試練が待っている身なんだよ」

メレ「・・・」

秋田「そして、リオくんはかわいそうじゃないんじゃ。だってそういう子とお付き合いして影で悪口をいわれているんだから、結局は同じレベルなんじゃよ」

メレ「彼と彼女はお似合いだっていうことなんですか(怒)!」

秋田「いやいや、そう怒らないでくれんか・・・。結局、わしが言いたいのは魂のレベルが同じものどうしが結局はくっつくのが恋愛だといいたいんじゃ。ただそれだけのことなんじゃ」

メレ「でも、こんなにリオくんのことを好きなのに・・・」

秋田「メレちゃんがたとえ海よりも深くリオくんを愛していても、魂のレベルが合っていないんじゃから、実はどうしようもないんじゃよ」

メレ「じゃあ、振られたわたしの気持ちはどうなるんですか!」

・・・・・・・・・・

秋田「もしメレちゃんがリオくんよりももっと立派な人間であるならば、必ずリオくん以上の男性と巡り会う。これはこの年寄りが何十年も見てきた真実なのじゃよ」

メレ「・・・」

秋田「逆に、メレちゃんがリオくんより何か魂のレベルが低いならば、リオくんよりいい男は見つからない・・・」

メレ「・・・」

秋田「つまり、リオくんが悪い男ならメレちゃんは悪い男と付き合わなかったんだから、フラれてラッキーだったし、リオくんがイイ男だったら、メレちゃんのレベルを超えていたのだから、自分で手に負えなかったから仕方がないんじゃ」

メレ「じゃあ、わたしのレベルが低かったってことですか?」

秋田「いいや、この場合は違うのう。もしリオくんがいま誰から見ても幸せになっているんじゃったら、残念ながらそうかもしれない。しかし、付き合っている彼女に陰口を言われているんだから、それほど魂のレベルは高くないのかもしれん」

メレ「・・・」

秋田「だって、メレちゃんなら、そんなことしないんじゃろ?」

メレ「ええ、そんなひどいことしないです! 好きな人を悪くいうなんて・・・」

秋田「じゃあ、あんたは今回は何も悪くなかった。まあ、魂のレベルが高すぎたと思って、リオくんに同情してあげなさい。いずれ彼らも問題が起きるじゃろ。で、自分より魂のレベルが低い人のことは忘れて、いい人を探したらどうかな?」

メレ「そんな・・・、そんな話ってあるんですか!」

・・・・・・・・・・

この話を聞いてから、メレちゃんは心の傷が癒えてきました。ほどなくして、恋愛ができるところまできました。

秋田老人のいうとおり、お付き合いする人が喜べるような、魂のレベルを上げるような、そんな生き方を心がけてみました。

・・・すると、本当にいい男と知り合ったのです。リオくんをはるかに超えるようないい男です。

(リオくんと萌ちゃんは、やはり口が災いして、お互いひどく揉めて別れてしまったとのことです)

・・・・・・・・・・・

(まとめ)

・フラれるということは、いいも悪いもない。

・自分よりいい男にフラれたのであれば、自分の魂のレベルが足りなかっただけなので、今後努力すればいい。自分が未熟だとわかってラッキーだった。いずれいい男に出会う。

・自分より悪い男にフラれたのであれば、自分の魂のレベルが高すぎたのだから、悪い男には自分はもったいなかった。だから付き合わなくてラッキーだった。もっとレベルの高い男はどこかにいる。

・たった一度の失恋で、すべてが終わることも、すべてが成功することもない。

・確かに気持ちは落ち込むが、できるだけ早めに気持ちを切り替えて、新しい恋愛にチャレンジしてみましょう。

(追記)

・ちょっと無理がある物語でしたが、考え方が使えると思った方は使ってみて下さいね。
[PR]
by akitabijin1 | 2007-07-25 16:19 | 恋愛


つぐみ恋愛相談所の恋愛コンサルタントが日々の中で気づいたことを綴った日記です。


by akitabijin1

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
恋愛
人生
こころの健康
出産・育児
できごと
Twitterつぶやき集
告知
自己紹介

以前の記事

2012年 12月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 02月
2005年 06月
2005年 05月

フォロー中のブログ

野性の勘で恋せよ乙女!

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧