クルマ恋愛(男性編)

こんにちわ。秋田美人です。

クリスマスはいかがでしたか?

いろいろ楽しいことがあった方。別に何もしなかった方。いろいろいらっしゃると思いますが、もうすぐお正月ですね。

気分を一新して、新しい年を始めたいですよね。

人生は冒険と挑戦の連続。何か自分がワクワクすることを来年もしたいものです。

・・・・・・・・・・

本日は、クルマ恋愛(男性編)をお送りいたします。

クルマ恋愛とは、「自動車を使って、女の子を誘って、お付き合いできるきっかけにすること」を指します。

「クルマを使えば、女は落ちる」

・・・というようなことは、マニュアル本に書かれていることも多く、またそう信じている男性もけっこういるようです。

しかし、本当にそうなんでしょうか?

・・・・・・・・・・

本音をいいますと、秋田美人の経験ですが、確かにクルマは恋愛において効力を発揮すると思います。

地方では、電車でどこかに行くなんてことはなかなか難しいですし(そもそも最寄の駅までクルマを使わねば行けない場合もある!)、自分でデートの場所までクルマで行くくらいであれば、ついでにお相手の女性も乗せて行ったほうが、手っ取り早くていいです。

心理学的にも、クルマはある種の密室であり、女性と二人きりでいるというチャンスが得られますし、女性はクルマでの移動距離が長くなるとデートの充実感が得られますから(そういうデータがある)、そういった意味でも非常にいいのです。

・・・・・・・・・・

しかし、最近、女性から聞く、クルマ恋愛のトラブルがいくつかあるので、男性諸氏は、下記の点だけは注意してください。

(1)最初(あるいはお互いが慣れるまで)のデートではクルマに乗せない

これは、けっこうあるらしいです。マニュアル本などでクルマの良さが書かれているせいか、まだ会ったこともないのに、

「初めてのデートですが・・・、僕のクルマで横浜でも行きませんか?」

・・・と誘ってしまうらしいのです。

そう言われたときの女の子の気持ちは・・・といいますと、

「初めてなので、会話が続くかどうか心配・・・」
「いきなりホテルとか連れ込まれそう・・・」
「いい人かどうかわからない・・・」

・・・という不安な気持ちを持つことが多いようです。

しかも、「クルマでのデートは嫌だ」とお断りすると嫌われてしまうのではないかと心配になる女性もいます。

すごくかわいそうですし、あなた自身も女性に変に思われることによって損しますから、慣れるまでクルマに乗せるのは止めましょう。

・・・・・・・・・・

(2)遅い時間にデートしない

クルマには終電(?)がありませんから、とうぜん、夜は何時でもOKなわけですね。

ですから、「夜9時にクルマで迎えに行きます。ご飯でも食べましょう!」

・・・とやってしまう男性がいるのです。

夜9時にご飯を食べて、女の子とお話すれば、深夜12時は回ります。

女性はとうぜん、「今日は帰らせてくれるのかな~?」と心配になってきます。

こんな心配をさせるのも女の子がかわいそう。

そこそこの関係になるまでは、きちんと7時か8時くらいには家に帰してあげましょう(女性本人がいいと言っているならOKですが・・・)。

・・・・・・・・・・

(3)クルマの中では、退屈させない

最後が、これ。

「女の子をクルマに乗せれば必ず恋愛がうまくいく」ということではありません。

長距離を移動するならば、とうぜん、助手席の女の子は退屈します。あなたは運転しているから楽しいかもしれませんけど、ただ乗っている人は暇なんです。

ですから、いくつかのネタ・小道具は用意しておきましょう。

・飲み物を買っておき、いちいち止まらなくてもいいようにする
・逆に、適度な休憩を入れる(ドライブインなどで、止まる)
・自分は見なくても、女の子が楽しめる景色のいいルートを通る
・移動が遠い場所の場合、高速道路を必ず利用
・ナビまたは地図を完備して、知らない道路で迷わない
・女の子に好きな音楽CDを持参してもらい、それをかける(自分の変な趣味の音楽を誇らしげに聞かせない)

・他にもおやつを用意してもいいし、ともかく退屈させない努力はしたほうがいいでしょう。

「長時間、黙ってクルマに乗っていたから、今回のデートは疲れちゃった・・・」

なんて、言われないようにしましょう。

あと、ちょっと追加。

あなたがあまりにクルマ好きのために、お相手の女の子にクルマの説明をし過ぎないようにして下さい。

何馬力とか、カラーがどうとか、ホイールがアルミとか、変則ギアが・・・とか言っても、女の子はほとんど興味がないでしょう。

加えて、もう一つ(ちょっとしつこいですが・・・)。

安全運転第一です。漫画じゃないんですから、スピード出してカッコつけても、女の子は感動しません。むしろ、「自分を危険にさらす男」として評価を下げることが多いです。抜かれても気にしない。

あなたが抜き返さなくても、きっとそいつはどっかで事故ってますから・・・。

・・・・・・・・・・

女性は、基本的には白馬の王子様幻想を持っている傾向があります。

で、王子様は馬に乗っているし、優しくていろいろと世話を焼いてくれます。

馬=クルマと考えれば、あとはあなたがいろいろと世話を焼くだけ。

それがもっとも大切なポイントです。

以上をいろいろ参考にしてみて下さい。そして、楽しいドライブにしてくださいね。
[PR]
by akitabijin1 | 2006-12-26 14:28 | 恋愛


つぐみ恋愛相談所の恋愛コンサルタントが日々の中で気づいたことを綴った日記です。


by akitabijin1

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
恋愛
人生
こころの健康
出産・育児
できごと
Twitterつぶやき集
告知
自己紹介

以前の記事

2012年 12月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 02月
2005年 06月
2005年 05月

フォロー中のブログ

野性の勘で恋せよ乙女!

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧