実戦!こうやって彼氏を探す2

こんにちわ。秋田美人こと、秋田俊介です。

本日は、前回の続きです。秋田美人がどうやって、お付き合いする女性を探してきたかの第2回を事例で解説します。

終わらなかったら、さらに次回も続きを書く予定です(ちょっとしつこい?)。

・・・・・・・・・・

準備編で、秋田美人は、だいたいの目安をつけました。

秋田美人の好みは、

・かしこい子である(最高の頭脳でいることに対応)。
・育ちがいい子である(家庭が楽しく、問題のないことに対応)。

が大前提で、さらに、

・美人(かわいい)
・気立てがいい
・優しい
・起業に理解がある
・学校に行くことに理解がある
・おしゃれ
・料理・洗濯・お掃除ができる

でしたね。

で、見つかった! ・・・ところで、前回は終わりました。

・・・・・・・・・・

さて、こんな感じの子は世の中にどのぐらいいるでしょうか?

おそらく10人に3人~4人くらいはいると思います。そうです! ストライク・ゾーンは広いほうがいいのですね。

だって、そんな空想(妄想)どおりの女性なんているかどうかわかりませんからね。

逆に、あんまりストライク・ゾーンの狭い人(好みの激しい人)は、人の悪いところを探すクセがあるかもしれません。気をつけたほうがいいかもしれませんね。

・・・・・・・・・・

さて、今回は、コンビニのバイトで見つけた女の子です(ほぼ実話です。約10年前の彼女・A子ちゃんとします)。

その子は、背が低く(145cm)、地方出身、短大1年生という地味な子でした。

秋田美人は、地味な子が大好きです。理由は、伸びる部分が多いから。

顔がかわいいのに地味な子。男性と話すと、緊張してがちがちになる子でした。髪型もけっこうひどい。服装も地味。化粧もほとんどしていない。

うーん、いいなあ。

・・・・・・・・・・

お次は、情報収集。同じバイトをしていたので、本人やまわりの人にいろいろ聞き出す。

・何で、田舎の(日野市)短大に進学したのか?
・兄弟は?
・お父さんのお仕事は?
・趣味は?
・何で、ここで働いているのか?
・どこに住んでいるのか?

などなど。

そこで、重要なのは「彼氏がいるかどうか」と「彼氏が欲しいかどうか」です。

その子は、彼氏はいないし、欲しいともなんとも思えない、とのこと。

かなりのオクテですね。自分に合ってるねえ。

進学の理由も、両親に負担をかけたくないので、受かったところに進学したとのこと。まじめだねえ。

・・・・・・・・・・

で。秋田美人の方は、東京生活3年目です。大学生だし、歳もその子より3歳上です。

ここらへんのスペックの差(?)がある場合は、かなり有利に恋愛が展開できる。

ともかく、バイト内で噂にならないように、方便をつけて、彼女を誘うことにします。

方便(理由)はすごく大切です。万が一、

「秋田美人さんがA子ちゃんを狙っている」

などと噂になったら、たいへんです。なんせ秋田美人は、当時、バイトの長でしたからね。威厳がなくなっちゃう。

・・・・・・・・・・

秋田美人が考えたのは、当時、就職難で、短大生のA子ちゃんには、就職ハガキ(昔は就職はハガキで会社に資料を請求して、手書きで書類を書いて送らねばならなかった・・・古いねえ)が来なかったので、

「秋田美人のハガキをあげるから、僕の部屋に来ませんか?」

・・・と言ったのです。

・・・・・・・・・・

A子ちゃんは、

「何て親切なんですか? ありがとうございますう」

といって、ちゃんと翌日、秋田美人の部屋に来ました。もちろん、部屋に来るだろうことは、わかっていました。情報収集の段階で、A子ちゃんの性格がわかっていたからです。

で、その日、彼女は、ハガキを4時間くらい、選んで帰りました(ハガキは会社ごとにあるので、彼女は行きたい会社のハガキを悩みながら選んだというわけです)。

その日は、ハガキをあげるだけで、別段、世間話しかしませんでした。

もちろん、何もせずに帰しました。

なぜそうしたかというと、彼女と一緒にハガキを選んでいるだけで、じゅうぶん彼女と「就職」という目標に向かって、一緒にポジティブになれたので、口説く必要がなかったからです。つまりは、好印象を与えたので、これでじゅうぶんと思ったからです。

まずは、いい人、いい先輩として、A子ちゃんの心の中に侵入すれば、その日は合格なのです。

また、彼女の友達も就職で困っていることは、知っていました。ですから、彼女の友達の分のハガキもあげました。そうすれば、彼女は、おそらく友達にハガキをあげて、親切な秋田美人のことをお話してくれるでしょう。

途中、お昼を作ってあげて、さらに3時には用意していたお茶とケーキを出します。

「ハガキ来ないなんて、日本の企業もどうかしてるね(怒)。僕のハガキでよかったら、好きなだけ持って行っていいよ。キミの選んだ会社以外に、僕は行くからさ(笑)」

・・・という感じ。

何ていい先輩なのでしょう!

・・・・・・・・・・

このあと、どうなるのでしょうか?

続きは次回。もうちょっと続きます。
[PR]
by akitabijin1 | 2006-09-14 10:31 | 恋愛


つぐみ恋愛相談所の恋愛コンサルタントが日々の中で気づいたことを綴った日記です。


by akitabijin1

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
恋愛
人生
こころの健康
出産・育児
できごと
Twitterつぶやき集
告知
自己紹介

以前の記事

2012年 12月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 02月
2005年 06月
2005年 05月

フォロー中のブログ

野性の勘で恋せよ乙女!

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧