あなたは与えられた材料でおいしい料理ができるか!

こんばんは、秋田です。

本日は、力(リキ)入っています。私が気づいた人生の法則についてお教えします。

人によっては、気がラクになると信じます(というかラクになってもらいたい)。

そんなお話です。

(正しいかどうかはわかりませんが、ともかく私の解釈です)

・・・・・

ちょっとしたストーリーなのですが、設定ということで、まず、あなたは料理の大会に出ねばならないとします。

なぜ出なければならないかというと、あなたの両親が勝手にエントリーしたからです。

あなたは本当は出たくなかったのかもしれませんし、料理が比較的得意だからまあいいか、という場合もあるでしょうし、

理由は人さまざまですが、とにかく親が勝手にエントリーしたと・・・

・・・・・

それで、親はいい食材を持ってきてくれるかもしれませんし、腐ったモノを選んでくるかもしれません。

あるいは、人によっては、親が勝手にエントリーだけして、どこかに逃げていってしまう場合もあります。その場合は、食材も自分で探してこないといけません。

制限時間も(ゆるやかではありますが)ありますので、そういった点では不利になってしまうかも・・・

・・・・・

親は、直接料理を手伝ってくれることはありません。

しかし、料理の作り方をレクチャーしてくれることはありますし、親によっては目の前で実演してくれる場合があります(実際に、大根を切ったり、卵焼きを作ったり、とにかく見せてはくれる場合があります)。

親の中には単に見ているだけの人もいるし、そもそももはや消えてしまっていて、まったく頼れない場合もあります。

・・・・・

それで、さっきから親、親といっていますが、親は「両親の場合」「父親の場合」「母親の場合」があります。いなくなってしまっている場合もあります。

・・・こんな料理大会です。

とにかく、あなたはエントリーさせられており、何かは作らねばならないのです。

どうでしょう?

イメージできましたか?

・・・・・

ある男性は、両親からフカヒレを与えられ、調理はあまり上手ではありませんでしたが、食材の味を活かして、おいしいスープができ、判定では高い評価が得られました。

別の男性は、父親からマツタケを与えられましたが(母親はいないようです)、焦がしてしまい、炭のような味の焼き物になってしまいました。ぜんぜん評価が与えられないばかりか、「せっかくの食材だったのに・・・」と非難される始末です。

・・・・・

ある女性は、母親から100円の豆腐をもらいました(父親はいないようです)。質のよい豆腐ではありませんでしたが、とても美味しい麻婆豆腐を作り、「あの安い材料から、すごい美味しい料理を作った」とみんなに賞賛されました。

別の女性は、両親からネギしかもらえず、しかも焼いただけでしたので、あまり失敗とも成功ともいえませんし、とくに判定でもいい評価は得られませんでした。

・・・・・

さて、これらの参加者のなかで、主催者(という人がいます)や親(場合によっては父親・母親がそろっていなかったり、そもそも親自体どこかに行ってしまった場合があります)に

「こんな料理大会は、不公平だ!」
「食材がいい人に有利な勝負だろう!」
「両親がいるほうがいいだろう! いやいや両親がいても見ているだけじゃ何だから、ちゃんと教えてくれる両親がいるほうが有利だ!」

という人たちがいました。それで、ついには意見がエスカレートして、

「そもそもこんな不公平な料理大会は、止めさせろ!」
「なぜこんな不公平な料理大会があるのだ!」

となりました。

(当然ですが、いい食材をもらってそれなりに努力できた人、あるいは、悪い食材でも評価が得られた人は黙っています。騒いでいるのは、理由は何であれ、主に評価が悪かった人たちです)

・・・・・

さて、ここで物静かにしていた料理大会の主催者がこう言いました。

「皆さん、静かにしなさい」

「誰が何と言おうと、このルールは絶対に変えません」

「そして、この料理大会が開かれた理由は、この主催者の私でもわかりません」

「ただ、あなたがたは、原則としてさまざまな手段を使って、おいしい料理を作らねばなりません(しかし、他人の食材を奪うことはできません)」

「この料理大会の参加を止めることはもうできません」

「これがこの料理大会のルールなのです」

「さあ、作りなさい」

・・・・・

どうでしょうか?

何とも理不尽な料理大会ですね。

(もう、皆さんは気づきましたね?)

・・・・・

実は、この料理大会は、私たちの人生そのものなのです。

与えられた食材が、高級でおいしいものであろうがなかろうが、

いいお手本(親)がいようがいまいが、

とにかく受け入れて、美味しい料理を作る大会。

なぜこんな大会に参加しなければなからいのか?

理由もわからないけど(まあ親がエントリーしたからですが)、とにかくやらねばならない。

これが人生なのですね。

・・・・・

以上のようなルールで動く料理大会が、私たちの人生だとすると、

・食材(財産、名声、家柄など)を悔やんでも仕方ない
 →理由:それがルールだから

・お手本(親)をうらんでも仕方ない
 →理由:それがルールだから

・料理大会に参加したくなくても仕方ない
 →理由:それがルールだから

という、何とも不条理な世界で、私たちは生きているのです。

(正確にいえば、親はうらめますので、うらむこと自体はアリですが、料理自体を親が手伝えないルールなので、やはり最終的な責任は、なぜか私たち自身になってしまうのです)

・・・・・

私も、昔は、食材や、お手本、そして料理大会自体をうらんだことがありました。

しかし、どうがんばってもこの不条理はくつがえらないので、しまいには料理の腕を上げて、

・どんな食材でも美味しいものを作る
・お手本がなくても美味しいものを作る
・大会の悪口をいっても仕方ないので、とにかく大会自体をやってみる

というつもりで、ある意味では、あきらめの境地で、一度すべてを見渡しました。

・・・・・

すると、せっかくの食材を活かせない人もいるし、

お手本がしっかりしているのに運動神経が悪くて上手に料理ができない人もいるし、

あまり味のよくないはずの材料を上手に加工して、高級料理以上の味をつける人もいるし、

食材も悪く、腕も悪く、味も悪いという人もいることに気がつきました。

・・・・・

私も34歳になってちょっと疲れたりして「この大会、そもそもしんどいなあ」と思うときもありますが、

しょうがない・・・

このようなルールの料理大会にエントリーしているのだから・・・

どうせならいい料理人、料理家になろう・・・

と、日々がんばっています。

・・・・・

とにかくどんなにうらんでも、なぜかこのルールは変わらないので、やっぱり少しずつでも腕を上げていきたいですね。

他人をうらやんでいる間に、時間だけが過ぎていき、料理ができなくなってしまいます。

せっせ、せっせとやっていくしかないです。

参考にできる方は、参考になさって下さい。

(追記:秋田のネライ)

ここは、単純に、

「そうかあ、なるほど、秋田さんがいうとおり、私の人生はなぜか不条理な料理大会なんだあ。しかも、自分次第で、何とか挽回できる余地は残っている大会なんだあ。まあいろいろ嫌なことがあっても、変えられないルールの部分は、うらまず上手にやっていくしかないんだあ。まあ、しょうがないね」

と思っていただけるとありがたい。

ホント人生はシンプルっすね。
[PR]
by akitabijin1 | 2009-10-24 10:49 | 恋愛


つぐみ恋愛相談所の恋愛コンサルタントが日々の中で気づいたことを綴った日記です。


by akitabijin1

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
恋愛
人生
こころの健康
出産・育児
できごと
Twitterつぶやき集
告知
自己紹介

以前の記事

2012年 12月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 02月
2005年 06月
2005年 05月

フォロー中のブログ

野性の勘で恋せよ乙女!

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧